悪魔

40代、50代でも肌にシミがないひとっているけど、何が違うんだろ~!?

天使

20代のうちからちゃんとお手入れしていたかで、大きく差がつくこともあるわ

悪魔

でも肌トラブルがない20代から、一生懸命お手入れする必要あるの~?

天使

肌トラブルは起きてからじゃ遅いの!美容は予防が勝負なのよ!

「面倒だからメイクを落とさずに寝ちゃった」

「ちょっとの外出だから、日焼け止めを塗らなかった」

「シミもないし、美白美容液はいらないでしょ?」

肌の回復が早い20代だからといって、こんな手抜きケアをしていませんか?20代から正しいスキンケアをすることは、肌の老化を遅らせることにつながります。30代になって後悔しないためにも、20代のための正しいスキンケアの方法をマスターしておきましょう。

20代の肌のためのスキンケア

20代の皆さんのなかには「学生のころはトラブルがなかったのに社会人になったら肌荒れしやすくなった」という人もいるのではないでしょうか。

20代の皆さんは洗顔、保湿といった基本的なお手入れはすでにマスターしているはず。でも、20代になったら肌のコンディションに合わせてお手入れを変えたり、一歩進んだスキンケアを取り入れる必要があります。20代で着目したいポイントは2つあります。

  • 皮脂と水分のコントロール
  • 早めの美白ケアと紫外線対策

注意すべき点について詳しく見て行きましょう。

20代の肌のためのスキンケア・皮脂と水分のコントロール

10代のころと同じ洗顔料を使うと、肌がつっぱるようになった…。こんな風に感じることはありませんか?皮脂分泌が過剰になりがちな10代のころと比べ、20代になると皮脂分泌量が低下することがあります。加えて、日常的なメイク、空調のきいたオフィスで過ごす時間、ストレスなど、肌を乾燥させる要素が増えてきます。

鼻やおでこはベタつくけれど、頬や目元は乾燥する…こんな混合肌の人が増えるのも20代の肌の特徴。10代のころと同じように皮脂を洗い流す洗顔料や毛穴パック、油取り紙などを多用していると「乾燥するのにベタつく」という人は特に注意がひつようです。

洗顔料や保湿化粧品のタイプを変えてみる

肌の乾燥はターンオーバー機能を低下させ、将来的なしわやたるみを招くことになります。20代になったら10代のころよりもていねいな保湿、ちょっと上質のスキンケアを心がけて肌を潤してあげましょう。肌の水分と皮脂の量が適切に保たれれば、ターンオーバー機能が正常化されるだけではなく、バリア機能が高まり健やかで美しい肌をキープできます。

そのためにはまず、洗顔料からチェック。泡立てるタイプの洗顔料は乾燥しがち。オイリー肌用やピーリング効果の高い洗顔料は避けるようにしましょう。

また、肌のコンディションによってはW洗顔も避けるべきです。肌がカサついているなと感じたら、ミルクタイプのクレンジングを使うなどして乾燥を予防するようにしましょう。

化粧水もさっぱりタイプからしっとりタイプへ

乾燥を感じたら化粧水も見直してみてください。さっぱりタイプの化粧水を使っていた人は、普通肌用、あるいはしっとりタイプの化粧水を使うことで、肌のコンディションが上向きになります。オススメはセラミドや天然保湿因子であるアミノ酸を配合した化粧水。肌の土台をしっかりと作って丈夫でトラブルの起こりにくい肌に導いてくれます。

大人ニキビは専用の化粧品でお手入れ

また、20代後半になったらニキビができていても、10代のころと同じようなニキビ肌用化粧品を使うのは避けること。大人ニキビと思春期のニキビが原因もできる場所も異なるので、皮脂をとりすぎずにニキビを穏やかに予防する化粧品に切り替えましょう。症状が長引く場合、必ず皮膚科で診てもらうようにしましょう。

20代になったら、10代のころとまったく同じお手入れをするのはNGです。

肌のコンディションも変わりやすくなるので、状態に合わせてお手入れ方法を変えるのもポイント。

20代はストレスや生理など、ホルモンバランスによって肌が変化することも。

自分の肌や体ときちんと向き合う習慣をつけましょう。

悪魔

シミがなくても美白はしなきゃダメ?

天使

もちろん!
シミそばかすは予防が肝心だし、紫外線の影響はしわやたるみも招くから気をつけないとね

20代の肌のためのスキンケア・早めの美白ケアと紫外線対策

20代になったら、シミそばかすの予防に着目したデイリーケアを取り入れましょう。「まだ、シミがないのに美白美容液を使うのはもったいない」と思っていませんか?でも、シミそばかすはできてしまってから消そうとするより、毎日コツコツ予防ケアをする方がはるかに簡単です。

20代になったら、それほど高価なものでなくてもいいので、ビタミンC誘導体やアルブチン、コウジ酸、エラグ酸といった美白効果のある成分を配合した美容液や化粧水をお手入れにプラスしてみてください。シミやそばかすがないうちからお手入れを始めるのがポイントです。10年後、20年後にきっと「あのころからお手入れしていてよかった」と思うはずですよ。

紫外線対策も万全に!

美白のための最善の道はとにかく予防!です。日焼け止めの使用は365日を心がけ、日傘や手袋、サングラスといった紫外線を遮るアイテムの併用も始めましょう。

日焼け止めは通勤用、レジャー用と分けて用意します。通勤用は生活紫外線を防止するSPF30、PA++程度、レジャー用はSPF50,PA+++くらいのものを選びます。紫外線を浴びたあとはトラブルの兆候がなくても、肌を休ませること。ちょっと贅沢な美白美容液や美白化粧水、パックなどをスペシャルケアとして取り入れてもいいでしょう。

体のなかから美白ケアを取り入れてもOK

より効果的にシミやそばかすを予防するために、美白成分であるビタミンCや抗酸化成分の配合されたサプリメントを摂るのもオススメです。

美白の定番であるビタミンCをベースに抗酸化成分として、コエンザイムQ10やビタミンE、リコピン、アスタキサンチン、レスベラトロールなどを摂るのもオススメ。シミやそばかすだけではなく、シワやたるみの予防にも役立ってくれます。

20代後半になったら考えたいアンチエイジング美容液

20代後半になったら、そろそろ本格的なアンチエイジングケアを始めましょう。日ごろのお手入れに、アンチエイジング美容液をプラスするだけでOKです。アンチエイジング成分にはレチノールやQ10、アスタキサンチン、プラセンタなどがあります。

このころになると、時によって乾燥によるしわや表情ジワなどが現れることがあります。そんなピンチのときのためにも、贅沢なアンチエイジング美容液を用意しておくといいでしょう。

20代のスキンケア基礎知識!シミ・そばかすは早めに予防? まとめ

  • 20代になったら10代と同じスキンケアアイテムは避ける
  • 皮脂の摂りすぎはNG!
  • 保湿はていねいに、上質のものを
  • 紫外線対策と本格的な美白ケアを始めよう

20代のうちに美白ケアや紫外線対策を強化することで、将来現れるあらゆるエイジングサインを予防することができます。美容は予防!であることを意識し、トラブルがないうちからお手入れを徹底する習慣をつけてください!10年後、20年後きっと「やっておいてよかった」と思うはずですよ。

悪魔

美容は予防、かぁ…40代、50代になって違いが出てくる理由はここにありそうだね

天使

そうなの、トラブルがないのにお手入れするのって面倒に感じるけど、トラブルが起きてから慌てるより断然ラクなのよ

悪魔

なるほどね!
20代のうちに美白やアンチエイジングケアを始めていれば、周りよりも若さをキープできるってことね

天使

その通りよ、悪魔ちゃん!美は一日にしてならずってことね