悪魔

サケってスーパーフードって言われているんでしょう?今朝も食べたけど、何がいいの?

天使

良質なたんぱく質や油脂を含んでいることも大きいけれど、鮭の栄養で一番注目されているのはアスタキサンチンね

悪魔

アスタキサンチン入りの化粧品使ってるよ!赤い色が効きそうな感じするんだよねー

天使

アスタキサンチンは抗酸化力に優れているから、化粧品やサプリメントもよく見かけるようになったわね 知れば知るほど取り入れたくなるオススメ成分だから、詳しく解説するね!

最近、赤い化粧品をよく見かけませんか?一瞬ドキッとするような赤い色の元になっているのは、アスタキサンチンという天然色素。鮭やイクラ、甲殻類に多く含まれるカロテノイドです。

ビタミンEの約1,000倍とも言われる高い抗酸化作用があり、アンチエイジングに有効とされるアスタキサンチン。眼精疲労改善や生活習慣病予防などの観点からサプリメントとして用いられているのはもちろん、化粧品にも多く配合されています。

ここでは「最強の抗酸化成分」といわれるアスタキサンチンの性質や、サプリや化粧品の選び方などについて解説していきます。

活性酸素を強力除去!アスタキサンチンとは

「海のカロテノイド」と言われるアスタキサンチン。カロテノイドは天然色素のことで、自然界では約600種類が確認されています。動けない植物は、濃い色素であるカロテノイドを作ることで紫外線の害から自らを守っています。リコピンやルテイン、β-カロテンなどおなじみの栄養素もカロテノイドの一種。ヒトで言えばメラニンのような働きですね。こうしたカロテノイドはヒトの体においても老化の原因である活性酸素を除去する抗酸化力を発揮してくれます。

数あるカロテノイドの中でも、アスタキサンチンの抗酸化力は圧倒的。特徴的なのは網膜や脳などの細部にまで働きかけられる点です。疲れ目や疲労感などの回復にも役立つと言われ、化粧品として肌に塗布した場合も紫外線や有害物質によって発生する活性酸素を取り除く働きをしてくれます。

アスタキサンチンはオキアミや藻の一種「ヘトマコックス藻」などに含まれる赤い色素で、それらを餌とするエビやカニ、サケなどにも蓄積されています。特に鮭は本来色素を持たない白身魚ですが、産卵時に川へ戻った際、浴びてしまう紫外線から身体を守るためにアスタキサンチンを蓄えています。母鮭は卵であるイクラにアスタキサンチンをあげてしまうので、産卵後は身が白くなってしまうのだとか。イクラの鮮やかな赤色は、母鮭から受け継いだアスタキサンチンだったんですね。

強力な抗酸化力で体を酸化から守ってくれるアスタキサンチン。ヒトの体内で作ることはできないので、食品から摂る必要があります。摂取目安量の6㎎は1日にサケの切り身2切程度ですが、毎日食べるとなると大変ですね。今はサプリメントや化粧品がありますから、うまく利用して天然の抗酸化成分をしっかり摂取していきましょう。

悪魔

鮭やイクラは赤いけど、エビやカニは生だと赤くないのもいるよね

天使

赤くないエビやカニは、たんぱく質とアスタキサンチンが結合しているの 加熱するとその2つが分離して、アスタキサンチンの赤がはっきりするんだよ

悪魔

鮭、イクラ、エビ、カニっ……アスタキサンチンが入っているのって美味しいものばっかだけど、毎日食べるには高いものが多いよ~!!

天使

そうなのよね……加えてアスタキサンチンは身体に蓄えておけるものじゃないから、サプリや化粧品で毎日補うことが目標ね

サプリでアスタキサンチンを摂るなら

さくらの森きなり

アスタキサンチンをサプリメントで摂るなら、さくらの森が作る「きなり」がおススメ。サラサラ成分として有名なDHA・EPAと、抜群の抗酸化力を持ったアスタキサンチンを組み合わせたサプリです。

アスタキサンチン単一でのサプリメントも多い中、「きなり」をご紹介するのは、DHA・EPAとアスタキサンチンの相乗効果がすごいから。DHA・EPAをアスタキサンチンが劣化から守ると同時に、DHA・EPAのめぐり効果でアスタキサンチンの抗酸化力を身体の隅々まで行き渡らせることができます。

「きなり」に使われているのは、オキアミから抽出されたクリルオイルという真っ赤なオイル。リン脂質結合型であるクリルオイルのDHA・EPAとアスタキサンチンは脂溶性成分でありながら水に溶けやすく、摂取後は小腸から速やかに吸収されます。

サラサラ効果と聞くと、生活習慣病予防ばかりがクローズアップされますが、実は美肌作りにも欠かせない効果なんです。めぐりのいい状態だと肌のターンオーバーも活発になり、肌も美しくなります。口コミを見ると「肌がツヤツヤになった」「疲れにくくなった」「朝の目覚めが良くなった」などの効果を実感する人が多く、リピート率が92.3%という人気商品です。

海の恵みを最大限に活かした「きなり」は、体の中からしっかりエイジングケアをしたい人にピッタリのサプリメントと言えるでしょう。

公式サイトはこちら

アスタキサンチン化粧品と言えば、アスタリフト!

FUJIFILMアスタリフト ホワイト

アスタキサンチンの強い抗酸化力は、化粧品でも効果を発揮します。アスタキサンチン化粧品の草分け存在と言えば、やはり富士フィルムのアスタリフトシリーズでしょう。

アスタリフトの特徴の一つは、前身であるフィルムメーカーとしてのノウハウを生かした高い技術力。フィルムは肌と同じコラーゲンからできているため、化粧品に応用できる技術が多いのだそうです。中でもナノ化技術は突出しており、アスタキサンチンのナノ化にも成功しています。

アスタキサンチンは脂溶性であり水に溶けにくく化粧品に配合するのは難しい成分ですが、ナノ化することにより高濃度配合が可能になりました。さらにナノアスタキサンチンは、通常サイズのアスタキサンチンに比べ9倍もの抗酸化力を発揮することがわかっており、アスタキサンチンの効果を最大限に感じたいならばアスタリフトを選ぶのがベストと言えそうです。

アスタリフトの美白ラインであるアスタリフトホワイトは、抗酸化成分アスタキサンチンと美白成分ビタミンC誘導体、アルブチンを組み合わせ、アンチエイジングと美白を両立させています。

レビューはこちら
公式サイトはこちら

抗酸化力が強いアスタキサンチンは、アンチエイジングにぴったりの成分。化粧品で取り入れる場合、ナノ化され浸透力がアップしているものを選ぶといいでしょう。

アスタキサンチンって副作用はあるの?

ビタミンEの約1,000倍もの抗酸化力を持つというアスタキサンチン。「そんなに効果的だと、副作用もあるのでは?と不安に思う人もいるかもしれませんね。

現在、アスタキサンチン食品(サプリメントなど)による健康被害は報告されておらず、副作用はないと考えられています。化粧品に配合された場合も刺激が少なく、肌に優しい成分であることが分かっています。

基本的には副作用などの心配がないアスタキサンチンですが、エビやカニなどから抽出されている場合、甲殻類アレルギーがある人は注意が必要です。甲殻類アレルギーがある場合、製品のアスタキサンチンが何から抽出されているかを確認してから使うようにしましょう。

オキアミ由来の場合、甲殻類アレルギーならば避けた方が安心です。「ヘトマコックス藻エキス」となっていれば植物である藻由来であり心配はありません。単に「アスタキサンチン」と記述されている場合は、メーカーなどに問い合わせてみるといいですね。

アスタキサンチンまとめ

  • アスタキサンチンはアンチエイジングに最適な抗酸化成分
  • サプリメントで摂るなら、相乗効果が期待できるDHA・EPAとの組み合わせがおススメ!
  • 化粧品のアスタキサンチンはナノ化されたものを選んで
  • 甲殻類アレルギーがある人は、植物由来のアスタキサンチンを使おう

強い抗酸化力と安全性を兼ね備えたアスタキサンチン。過剰摂取や副作用の心配もほとんどないので、意識して摂るようにするといいですね。化粧品で取り入れるなら、赤の色が濃いのが高配合の証拠。鮮やかな赤をうまく利用して、アンチエイジングに努めましょう!

悪魔

アスタキサンチンを食べすぎて身体が赤くなったりしないのかな?

天使

人間はしっかり消化吸収するから、赤くならないの 逆に言うと身体に蓄えることが出来ないんだけどね……

悪魔

やっぱり毎日摂る必要があるんだね~

天使

健康のためにも美白・美容のためにも、毎日外と内から摂るのがおススメよ!