悪魔

ヒアルロン酸っていろんな化粧品に入っているけど、どんなものなの?

天使

肌に元々ある成分で、すごい保水機能があるのよ

悪魔

何となくネバネバ、トロトロ~なイメージ

天使

ゲル状になることで水分を保つ物質だからね 乾燥しがちな人は、意識して取り入れるといい成分なの

ヒアルロン酸は高い保水機能を持った成分。肌の構成要素であり、刺激が少ない保湿成分として多くの化粧品に利用されています。

化粧品だけでなく、サプリメントや美容整形の注射、関節痛治療、ヤケド治療などにも使われる程、実用性に富んだヒアルロン酸。目薬や食品としても使われており、とても安全性が高いことが証明されています。

ここではヒアルロン酸を美白や美容に役立てる方法についてご紹介していきましょう。

1.ヒアルロン酸ってどんなもの?

ヒアルロン酸とは人体を構成する物質で、ゲル状に水分をたくわえ細胞や組織の間を繋ぐムコ多糖類の一種。水の分子を結び付ける作用があり、1gでなんと6リットルもの水分を保持することができる成分です。粘性が高くネバネバしており、元は眼球の中の成分として発見されました。

肌の奥の真皮層は、繊維状のコラーゲンとエラスチンが網目状に張り巡らされ、その間をヒアルロン酸が満たしています。赤ちゃんや子どもの肌が弾力に富んでみずみずしいのは、真皮層のコラーゲンやヒアルロン酸がたっぷりだから。特に赤ちゃんは大人の約20倍ものヒアルロン酸を真皮に蓄えていると言われています。

肌をみずみずしく保ち、関節の動きを良くし、血管をしなやかにするなど、身体のいたるところで役立っているヒアルロン酸。加齢などの要因で減少すると肌の乾燥やしわ、関節痛などを引き起こしてしまいます。

ふかひれや鶏の手羽先などの食品にはヒアルロン酸が多く含まれますが、経口摂取で必要な個所のヒアルロン酸がピンポイント生成されることは考えにくいとされています。これはヒアルロン酸が非常に大きな分子の成分であり、体内に取り入れても分解されてしまうから。そのため、サプリメントなどでは効率よく吸収できる低分子化されたヒアルロン酸が使用されます。

なお、ヒアルロン酸には鶏の鶏冠(とさか)などから抽出された天然のものと、乳酸菌や微生物を利用したバイオ製法による人工のものがあります。どちらも化粧品や健康食品で利用されていますが、効果や安全性には特に差異はありません

肌に関して言えば、真皮のヒアルロン酸不足を化粧品で補うことはできませんが、乾燥や弾力不足をケアするのにヒアルロン酸化粧品は非常に有用です。次章で詳しくご紹介しましょう。

2.保湿に抜群の効果!ヒアルロン酸化粧品について

化粧品に含まれるヒアルロン酸は、分子が大きいため真皮層まで浸透することはできません。ヒアルロン酸化粧品の役割は、その保水機能を利用した保湿。元々肌にある成分でもあるので肌馴染みが良く、角質層に留まって水分の蒸散を防ぐ役割をしてくれます。乾燥による小じわや肌荒れなどが気になる時には、ぜひ取り入れたいですね。

ヒアルロン酸は1gで6リットルもの水を蓄えられる成分ですから、配合濃度にはこだわらなくても十分な効果を期待できます。多くの美容成分と同様、「配合が多ければ多いほど効く」というものではありません。

油ではないのに潤いを守れるため、オイリー肌でも問題なく使えるでしょう。また、乾燥肌の人が美白をしたい場合、ヒアルロン酸入りを一つの目安に美白化粧品を選んでみてください。

ヒアルロン酸は糖の一種なので、たんぱく質と異なりアレルギーのリスクが極めて低いのも魅力です。

このように、ヒアルロン酸はどんな肌とも相性のいいオールマイティーな美肌成分。比較的安価な成分でもあり、多くの化粧品に配合されているのも納得ですね。

悪魔

赤ちゃんのプルプル肌は、ヒアルロン酸のおかげだったんだね!

天使

バリア機能が未発達の赤ちゃんは、水分をたくさん蓄えることで外部の刺激から肌を守っているのね

悪魔

加齢肌だって守って欲しいよ~!紫外線浴びたらすぐシミになっちゃうんだし

天使

じ、自分に合ったタイプのヒアルロン酸を選べば、肌を健康に保って美白にも役立つわ…! じゃあヒアルロン酸の種類について説明するね

悪魔

えっヒアルロン酸にも種類があるの!?

3.しっとりvsサラサラ!ヒアルロン酸の種類について

化粧品に配合されるヒアルロン酸には、いくつかの種類があります。代表的なものをご紹介しましょう。

高分子ヒアルロン酸(成分名=ヒアルロン酸ナトリウム)

特徴
肌にあるのと同じ大きさの分子構造で、最も多く使用される。浸透はせず、肌の表面に膜を作るようにして長時間にわたり水分を保つ
使用感
とろみが強く、しっとりする
おススメの肌質
乾燥肌、年齢肌

低分子ヒアルロン酸(成分名=加水分解ヒアルロン酸)

特徴
ヒアルロン酸を加水分解して低分子化。角質層に浸透して保湿する
使用感
サラサラ
おススメの肌質
脂性肌

スーパーヒアルロン酸(アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム)

特徴
本来水溶性であるヒアルロン酸に油性成分をプラスし、角質層に馴染みやすくしている。分子量が小さく、角質層まで浸透して保水力を発揮する
使用感
サラサラ
おススメの肌質
混合肌、脂性肌

これらのヒアルロン酸は保湿の仕方に違いはありますが、優劣ではありません。ただし低分子化されたヒアルロン酸ならば、より汎用性が高いスーパーヒアルロン酸の方が使用感が良く、使いやすいでしょう。

保湿を重視する場合、セラミドやコラーゲンが一緒に配合されているものを選ぶのがお勧めです。乾燥が気になる場所には重ね付けして、しっかりと保湿成分を行き渡らせるといいですね。

しっとり感重視なら高分子ヒアルロン酸、サラサラ好きならスーパーヒアルロン酸がおススメ。

どちらも優れた保湿成分ですから、好みや肌質で選ぶといいでしょう。

4.しっとり保湿!高分子ヒアルロン酸配合化粧品はコレ

肌を潤いのベールで包んでくれるのが高分子ヒアルロン酸。しっとり感重視でとろみのあるテクスチャになることが多いようです。一般的に「ヒアルロン酸配合」と書かれている化粧品は高分子ヒアルロン酸を使用していますから、選ぶ際の参考にしてください。

FUJIFILMアスタリフト ホワイト

年齢肌の美白化粧品として絶大な人気を誇るアスタリフトホワイト。化粧水とクリームにヒアルロン酸が配合されています。全体的に、非常にしっとりとした使用感が特徴の同シリーズ。加齢による乾燥に悩まされている人には最適な化粧品です。

先行美容液のジェリーアクアリスタには、効果の高いヒト型セラミドを3種類も配合。化粧水、美容液、クリームすべてにコラーゲンが使われており、ライン使いで最高の保湿力を発揮してくれます。

レビューはこちら
公式サイトはこちら

5.サラサラなのに潤う!スーパーヒアルロン酸配合化粧品はコチラ

角質層へ浸透できる分子量になっている上、水と油の両方に溶ける優れた特性を持つことからスーパーヒアルロン酸と言われているアセチル化ヒアルロン酸ナトリウム。高分子ヒアルロン酸のしっとり感が苦手、という人でも安心して使えるでしょう。

POLA ORBIS groupディセンシア サエル

敏感肌でも使える美白化粧品として知られるサエル。全体にサラッとした使用感でありながら、保湿力に優れた化粧品です。

スーパーヒアルロン酸ことアセチル化ヒアルロン酸ナトリウムが使われているのは美容液。ともに配合されているヒト型セラミドのセラミド2は、肌に最も多く存在するセラミドで角質層に浸透して内側から保湿してくれます。

全アイテムでアルコール、香料、紫外線吸収剤フリーという徹底ぶり。肌への優しさにこだわったシリーズで、「付けた感」がないのにしっかり潤う美白化粧品です。

レビューはこちら
公式サイトはこちら

6.シワをダイレクトに埋める?ヒアルロン酸注射について

美容皮膚科などの医療機関では、シワを取るプチ整形としてヒアルロン注入が使われます。これはヒアルロン酸を注射器で真皮層へ注入、シワ部分の皮膚を持ち上げて改善するという治療法。ほうれい線などの深いシワに使われることが多いようです。

シワの改善としては非常に効果のある方法のようですが、これはあくまで「皮膚を下から物理的に持ち上げる」ことによってシワを目立たなくする施術。注入されたヒアルロン酸は次第に吸収されて3ヶ月程度でなくなってしまいます。真皮層全体のヒアルロン酸を増やすわけではなく、注射によって乾燥肌が改善することはない局所治療なのです。

注射によるヒアルロン酸注入では他に、唇の厚みを増したり鼻を高くしたりする施術があります。いずれも物理的に大きくする作用を利用したものです。注射に際しては、強い痛みや内出血などのリスクも覚悟しなくてはなりません。

シワ治療のヒアルロン酸注射と、ヒアルロン酸を取り入れたスキンケアは全くの別物。日常的な保湿としてヒアルロン酸を利用することで、シワ対策にもなります。できれば注射に頼らず、自分に合ったヒアルロン酸化粧品でみずみずしい肌を保っていきたいですね。

ヒアルロン酸まとめ

  • ヒアルロン酸は肌の奥「真皮層」を構成する水分保持成分
  • ヒアルロン酸化粧品は潤いのベールで肌を健やかにしてくれる
  • しっとり感重視の年齢肌・乾燥肌なら高分子ヒアルロン酸化粧品
  • サラサラ好きの混合肌・脂性肌はスーパーヒアルロン酸で保湿対策
  • ヒアルロン酸注射は局所療法。肌質改善には化粧品でのケアがベスト!

とても身近な保湿成分であるヒアルロン酸。その特性を良く理解して、自分に最適なアイテムを見つけてください。

悪魔

ヒアルロン酸にも種類があるなんて、意識したことなかったよ~!

天使

種類によって使用感が全然違うから、覚えておくといいわよね

悪魔

夏はスーパーヒアルロン酸、冬は高分子ヒアルロン酸、と使い分けてみようかな

天使

それはいい考えね!特性を知れば、自分にベストな使い方ができるね