悪魔

プラセンタって、不老不死の妙薬みたいなイメージがない?

天使

…悪魔ちゃん、いい笑顔だけどさすがに不老不死はちょっと無理があるわね… でもイメージ通り、アンチエイジングや美白に役立つすごい成分なのよ!

悪魔

やっぱり!プラセンタって、胎盤なんだよね?何かすごいパワーがありそうな感じ

天使

プラセンタは医療の分野でも使用されているし、今だとサプリや化粧品でも取り入れられてるわね いろんな効果があるから、要チェックな成分なのは間違いないわ!

プラセンタとは、英語で胎盤のこと。ヒトを含む哺乳動物が妊娠した際、母体と胎児を繋いでいる器官です。胎内で赤ちゃんが育つのに欠かせない様々な栄養素が含まれており、古くから健康増進や美容に役立てられてきました。野生動物の多くは、出産とともに排出された胎盤を食べることで産後の栄養補給を行うと言われています。

細胞分裂を促進・活性化させる成長因子(細胞増殖因子)が含まれることにより、多くの健康効果を持つプラセンタ。美白にも高い効果があることが分かっており、化粧品に配合されるプラセンタエキスは厚生労働省が定める美白成分に認定されているほど。ただ肌を白くするだけではなく、ターンオーバーを正常化し、肌に若々しさを与えてくれる成分でもあります。

様々な形で美と健康に貢献しているプラセンタについて解説していきます。

1.プラセンタって、どんな成分?副作用は?

胎盤から抽出されるプラセンタは、「ビタミン〇」のような単一の成分ではありません。もともと赤ちゃんを育むための器官ですから、五大栄養素である「たんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラル」をすべて網羅している上、細胞分裂や新陳代謝を正常に保つ核酸、さまざまな代謝に必要不可欠な酵素なども含んでいます。

プラセンタに特徴的なのが、細胞を活性化させる成長因子(細胞増殖因子=グロースファクター、GF)。細胞に直接働きかけてくれるため、疲労回復や免疫力向上にも役立ちます。成長因子の中には表皮を整える上皮細胞増殖因子(EGF)、肌の奥真皮の細胞を活性化させる繊維芽細胞増殖因子(FGF)が含まれ、ターンオーバーを活性化させて、美肌・美白効果が認められています。育毛や白髪の改善など、髪の毛への効果を感じる人も多いようです。

更年期障害や乳汁分泌不全の治療に使われるために女性ホルモン関連成分だと思われがちですが、プラセンタは女性ホルモン剤ではありません。身体の調子を整え、ホルモン分泌を正常にするのがプラセンタの働きであり、人工的な性ホルモン剤のような強い作用とは異なります。様々な効果があるにもかかわらず、副作用がほとんどないのもプラセンタの魅力。たんぱく質を含むためアレルギーリスクがゼロというわけではありませんが、飲んでも塗っても副作用がなく、安全な成分としてよく知られています。

悪魔

細胞を活性化させてくれるって、頼もしいね!

天使

そのおかげでターンオーバーも促進して、美白や美肌に役立つのよ

悪魔

プラセンタっていろんな種類があるんだよね?

天使

豚や馬などの哺乳類の他に、胎盤を持たないはずの植物や魚から抽出されたプラセンタもあるよ

2.ヒト、動物、植物??プラセンタの種類について

現在、国内で処方箋医薬品として使われているのはヒト胎盤由来の注射薬のみ。サプリメントや化粧品で利用されているのは動植物から抽出されたプラセンタです。市販のサプリメントや化粧品に配合されるプラセンタの種類についてご紹介しましょう。

プラセンタの種類

豚プラセンタ
市販品で最も多く利用されているプラセンタ。量産体制ができているために、比較的安価なのが特徴です。安全性を重視するならば、国産SPF豚、デンマーク産豚のプラセンタを選ぶといいでしょう。
馬プラセンタ
哺乳類の中でも妊娠期間が1年近くと長期に渡り、胎盤も成熟して栄養価に優れています。必須アミノ酸を含むアミノ酸含有量が豚プラセンタの250倍以上とされています。
植物プラセンタ
植物に胎盤はありませんが、子房の中で胚珠がつく「胎座」という部分があり、そこから抽出した栄養成分です。動物由来プラセンタと違い成長因子は含まれませんが、ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。原料となるのはライ麦、大豆、メロン、バラなど。安全性が高く、身体に優しいと人気を集めています。
海洋性プラセンタ(マリンプラセンタ)
魚由来のプラセンタです。卵生である魚には胎盤はありませんが、卵を守る卵巣膜という部位があり、そこから抽出されています。成長因子は含まれませんが、必須アミノ酸すべてが含まれるという利点があります。

このほか、牛プラセンタや羊プラセンタもありますが、いずれもBSE問題以降、国内での生産は認められていません。羊プラセンタは一部国外からの輸入品があり、スイスやニュージーランド産のものは安全性と品質の高さが認められています。

3.プラセンタサプリの選び方とおススメ3選

成長因子(細胞増殖因子)は、本来体内で作られるもの。しかし成長と共に減少し、それと共に身体も少しずつ老化していきます。プラセンタ摂取で成長因子を補うことにより、アンチエイジングをはじめとする様々な効果が期待できるのです。

現在、様々なプラセンタサプリが販売されていますが、粗悪品では効果が期待できないどころか健康被害の懸念もあります。選ぶ際のポイントとおススメサプリをご紹介しましょう。

プラセンタサプリメントの選び方

  • 値段重視なら豚由来。国産SPF豚かデンマーク産が安心&安全!
  • 栄養価重視なら馬由来。最高級はサラブレッドのプラセンタ
  • アレルギーが心配なら植物由来
  • 飲みやすさや続けやすさなら錠剤タイプ、即効性を期待するならドリンクタイプ

MEJエイジングリペア

希少価値の高いキルギス産サラブレッド馬プラセンタを使用。プラセンタのほか吸収を良くした低分子コラーゲン、ヒアルロン酸などを配合した、名前の通りエイジングケアに特化したプラセンタサプリです。1ヶ月分は単品購入で11,880円(税込)とかなり高価ですが、@コスメでも1位を獲得するなど「高くても続けたい」と思わせるサプリです。

公式サイトはこちら

健康コーポレーションわたしのプラセンタ

飲みやすいフレッシュピーチ味のプラセンタドリンクです。国産SPF豚由来の安全な豚プラセンタを使用し、品質とコスパを実現しています。コラーゲンペプチドや酒粕エキスなどの美容成分を配合し、吸収力にこだわっているところもうれしい。

公式サイトはこちら

I.B.C.プルクルプラセンタ

最高級の国産サラブレッド由来プラセンタを贅沢に使用しています。通常、サプリメントは数粒飲まなくてはなりませんが、プルクルプラセンタは1日一粒で十分量のプラセンタを摂取することができます。最高品質の馬プラセンタを使用しているのに、リーズナブルなところも人気の理由です。

公式サイトはこちら

プラセンタサプリは他のサプリメントと比べ、全体的に高価になります。材料の希少性や加工の手間を考えると仕方ないですね。その分他にはない効果が期待できます。プランタサプリは必ず原料と産地を確認し、安全性の高いものを選びましょう。

4.安心の美白成分、プラセンタはオールインワンゲルで取り入れるのがおススメ!

プラセンタは化粧品にも利用されています。特に美白効果が高くメラニン抑制力に優れており、厚生労働省の定める美白成分として認可されています。

通常、単一の成分に複数の美容効果を期待することは難しいもの。けれどもプラセンタは成長因子が肌に働きかけてターンオーバーを促進するため、美白と共にハリのある若々しい肌へと導いてくれるのです。

シミ・そばかす予防はもちろんのこと、たるみやくすみなどのエイジングの悩みにも応えてくれるプラセンタ。劇的な変化をもたらすわけではありませんが、毎日使い続けることで肌の力強さが変わってきます。刺激が少ないことでも知られていますから、他の美白成分でピリピリ感を感じてしまったような敏感肌の人にもお勧めです。

よく「プラセンタ原液」という商品がありますが、プラセンタは素材としては粉状となり、原液というのはありえないので注意が必要です。

プラセンタの複合的な効果を得るためにオススメなのは、オールインワンゲル。こちらの一つで複合的なケアができてしまうアイテムですね。効果を重視するならば美容液もいいですが、朝晩毎日使える気軽さではオールインワンゲルが上。特に使いやすく効果的な2品をご紹介します。

メビウス製薬シミウス ホワイトニングリフトケアジェル

プラセンタを高濃度で配合し、シミを予防できる医薬部外品ジェル。化粧水、美容液、パック…と全10役を一つで叶えてくれます。特にジェルを使ってのマッサージは、美白成分を浸透させながら血行を促進すると大人気のようです。

ヒアルロン酸やカモミラエキス、シコンエキスなど天然由来エキスもたっぷりと入り、美白と共に保湿にも役立ちます。

公式サイトはこちら

メディプラスメディプラス メディプラスゲル

「オールインワンゲルと言えばコレ!」と言ってもいいくらい人気のメディプラス。温泉水をベースに、無添加にこだわった優しい使い心地で発売以来600万本を売り上げています。モンドセレクション金賞を3年連続受賞。プラセンタをはじめセラミドやヒアルロン酸、ビタミンCなど66種もの美容成分を配合しています。

公式サイトはこちら

5.プラセンタ注射って?

プラセンタは医療現場でも活躍している成分。日本では1956年に注射薬「メルスモン」が更年期障害・乳汁分泌不全の治療薬として、1959年には肝機能障害の治療薬として「ラエンネック」が発表されました。いずれも適応疾患では保険適用で接種することができます。

プラセンタ注射は上記の適用疾患治療ではなく、美容目的で受ける人も多く、その場合は保険適用外となります。プラセンタ注射は、疾患治療のために接種している人の肌がきれいになったことから美容目的に利用されるようになりました。「肌が若々しくなる」、「くすみが取れて色が白くなる」などの効果を感じる人が多いようです。

モルスモン、ラエンネックのどちらもヒト由来で、厳しい安全基準をクリアしています。美容に関して言えば効果に大きな違いはありません。自由診療での価格は医療機関によって異なりますが、おおむね1000~3000円程度が相場となります。

皮下や筋肉への注射を週1回以上継続して受け続けることが推奨され、摂取を辞めると効果もなくなります。重篤な副作用は報告されていませんが、理論上ヤコブ病伝播リスクを否定できないという理由から、プラセンタ注射を1度でも利用した人は献血をすることはできません。

週1回以上の注射というと、経済的にも肉体的にも負担は大きくなります。その分大きな効果も期待できそうですが、美容効果は人によって大きく差があるようです。通販で月1度買えば済むサプリや化粧品を試してみてから、注射を検討してみるのがいいのではないでしょうか?

プラセンタまとめ

  • プラセンタは動物の胎盤。成長因子によって健康・美肌を叶えてくれる成分
  • 由来動物によって、特徴も異なる
  • 効果が高いのはサラブレッド由来、コスパがいいのは豚由来のプラセンタ
  • 美肌にも有効なプラセンタは、オールインワンゲルで取り入れるのが便利
  • 効果大の注射は、リスクを考えた上で利用して

成長因子が美白肌に導いてくれるプラセンタ。歴史ある成分だけに、安全性も効果も実証されています。サプリや化粧品を利用して、若々しい肌を取り戻せるといいですね。

悪魔

赤ちゃんを育てるための栄養分たっぷりって考えると、ホントに効きそうだよねー

天使

プラセンタは昔から利用されているから、効果も安全性もしっかり確立されていて使いやすいのよ

悪魔

プラセンタだけでいろんな栄養素が摂れちゃうところが楽チンで最高ー!

天使

人気成分だけに商品も多いけど、しっかりとした品質のものを選ぶことが大切だからね