悪魔

美白にはビタミンCがいいんだよね!?美白を目指して取り入れたいんだよね

天使

ビタミンCは肌に塗っても食べても美白に効くから、最高の美白成分よ! でも、肌に塗るならただのビタミンCじゃダメなの

悪魔

えーっ?じゃあどんなビタミンCがいいの?

天使

肌からビタミンCを摂るなら、しっかり浸透できるように加工された誘導体がいいわよ ビタミンC誘導体がどんなものか、説明するわね!

1.ビタミンCのままじゃダメなの?ビタミンC誘導体とは

美容と健康に欠かせないビタミンC。成分表などでは「アスコルビン酸」と表記されます。

ビタミンCの肌塗布での影響としては

  • シミの元であるメラニン生成を抑制する(美白)
  • 黒色化したメラニン色素を還元して色素沈着を防ぐ(美白)
  • 皮脂の過剰分泌を抑える(毛穴、ニキビの改善)
  • ターンオーバーを正常化する(美肌全般)

などなど。美肌にとって欠かせない成分であることがわかります。

特に美白に関しては、メラニン抑制による予防と、還元作用によるメラニン淡色化という2つの作用が期待できるのはビタミンCだけ。美白成分の一番手に名前が挙がるのも当然ですね。

こんなに優れたビタミンCですが、欠点は不安定で壊れやすい点。食品として摂る場合も「ビタミンCは壊れやすいので、果物は生で食べた方がいい」というのをご存知の方も多いでしょう。化粧品でも同様で、ビタミンCの水溶液をそのまま皮膚に塗布してもすぐに変質してしまいます。変質してしまえば効果がないどころか、肌に悪影響を与えることに…。

また、一定期間以上の保存が求められる化粧品には、効果を保ったまま配合するのが難しいという問題もありました。そんなトラブルを防ぐために、安定した形にしたのがビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体は、ビタミンCが変質しにくいよう加工(誘導化と言います)した成分です。肌につけた段階でビタミンC本来の姿になって効果を発揮。安定型ビタミンCとも呼ばれ、化粧品に配合しても変質しにくくなっています。

一部の特殊な技術を持つメーカー製品ではビタミンCそのものを安定化させ、「ピュアビタミンC」「生ビタミンC」などの名称で配合していることもありますが、化粧品にはビタミンCを誘導体の形で配合するのが主流です。

悪魔

ただのビタミンCは、付けてもすぐ壊れちゃうんだね~意味ないじゃん!

天使

そうなの「化粧品として効果があるように加工したのがビタミンC誘導体」って覚えてね

2.効果に大きな差が?!ビタミンC誘導体の種類について

ビタミンC誘導体は、ビタミンCに安定性のある物質を結合させることによってできており、結合させる物質によって性質も異なってきます。

ビタミンC誘導体の種類は、大きく分けて3つ。()内は化粧品で利用されている代表的なものです。

  • 水溶性ビタミンC誘導体(リン酸アスコルビル、アスコルビン酸グルコシドなど)
  • 油溶性ビタミンC誘導体(テトラヘキシルデカン酸アスコルビルなど)
  • 両親媒性(新型)ビタミンC誘導体(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Naなど)

それぞれに特徴がありますから、詳しく見ていきましょう。

3.水溶性ビタミンC誘導体の特徴と選び方

水に溶けるため、化粧水に配合されることが多いビタミンC誘導体です。もともとビタミンC自体が水溶性の成分であり、最もオーソドックスなビタミンC誘導体と考えていいでしょう。厚生労働省による美白成分として認められており、3%の配合で十分な効果が得られる医薬部外品となります。

美白効果が見込める一方、乾燥しやすいのもビタミンCの特徴。乾燥肌の人は、ビタミンC誘導体の他にセラミドなどの保湿成分がしっかり入った化粧品を選びましょう。

また、ビタミンCはその強い還元性でメラニンを淡色化することができますが、その際に肌に刺激を与えることもあります。気になる人は抗炎作用のある成分が配合されたものを探してもいいですね。

4.天使認定!最高のビタミンC誘導体は、リン酸型

水溶性ビタミンC誘導体の中でもよく使われるのが、リン酸ビタミンC誘導体。美白効果が高く、白斑などのリスクが少ない優れた成分として知られています。当サイトで特にオススメしたいのが、このリン酸型。

ビタミンCにリン酸ナトリウムかリン酸マグネシウムを結合させた誘導体で、皮膚内の酵素に反応してビタミンCに変換されます。浸透率が高く効果も十分で、比較的高級な化粧品に使用されることが多いようです。

リン酸L-アスコルビルNa(※Mg)、ビタミンCリン酸Na(Mg)、などと表記されることもありますが、同じものを指し示しています。※()内はマグネシウムの場合。

5.リン酸アスコルビルMgを配合した美白化粧品

FUJIFILMアスタリフト ホワイト

化粧水、美容液、クリームのすべてにリン酸アスコルビルナトリウムを配合。3アイテムすべてが美白に特化した医薬部外品ですが、リン酸アスコルビルナトリウムを有効成分として高配合しているのは美容液。化粧水、クリームの美白有効成分はアルブチンとなっています。2つの美白成分を十分に取れるのがうれしいシリーズです。

3種のコラーゲンで保湿、グリチルリチン酸ジカリウム(化粧水)で抗炎と、デリケートな肌でも安心して使えます。特徴的な赤い色の元であるアスタキサンチンの抗酸化作用も魅力です。

レビューはこちら
公式サイトはこちら

6.敏感肌でも安心なのは、グルコシド型!

ビタミンCにグルコースを結合させたグルコシド型は、ビタミンC誘導体の中でも特に安定性が高い成分。そのため敏感肌用の美白化粧品によく用いられます。ただし皮膚内にはグルコースを分解する酵素が少なく、効果は穏やかです。安定性が高く調剤が容易なため、薬価が安く抑えられるようです。

アスコルビン酸グルコシド、L-アスコルビン酸2-グルコシド、AA-2Gと表記されることもあります。

7.アスコルビン酸グルコシドを配合した美白化粧品

POLA ORBIS groupディセンシア サエル

敏感肌向けの美白成分として、アスコルビン酸グルコシドをチョイスしています。水溶性ビタミンC誘導体の特性を活かし、いずれのアイテムも水ベース。化粧水とクリームにアスコルビン酸グルコシドを配合しています。

グリチルリチン酸2K(化粧水、クリーム)で炎症を起こしがちな肌を守り、サッパリとした付け心地で敏感肌を優しくうるおしてくれます。

レビューはこちら
公式サイトはこちら

KOSE米肌 澄肌美白

乾燥肌を瑞々しい肌へと育てる米肌シリーズ。足りなくなったセラミドを補給するのではなく、セラミドを作り出す力を与えてくれます。ライスパワーNO.11は、肌の水分保持機能を改善するコーセーの独自成分。水分を長く保持できる分、有効成分であるビタミンC誘導体も肌に長くとどまり効果をしっかりと発揮してくれるでしょう。

ビタミンE誘導体である酢酸dl-α-トコフェロール(美容液)は、血行促進による肌荒れ防止、抗酸化作用があり、美肌作りに役立ってくれます。

レビューはこちら
公式サイトはこちら

8.油溶性(脂溶性)ビタミンC誘導体とは

その名の通り、油脂に溶けるビタミンC誘導体。乳液やクリームに配合されることが多く、刺激の少ない成分です。皮脂に溶け込めるため、肌への馴染みも良くなっています。

ビタミンCを油と混ぜ、高い安定性を誇っているものの、逆に安定しすぎて「誘導化されたビタミンC→ビタミンC」という変化が起きにくく、効果に欠けるという問題があります。乾燥肌でも使えるビタミンC誘導体ですが、配合している化粧品は少なく、当サイトで推薦できる商品が見当たりませんでした。

9.噂のAPPSは効果なし?両親媒性(新型)ビタミンC誘導体とは

進化型ビタミンC誘導体とも言われ注目を集めているのが、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Naです。APPS、アプリシエ、アプレシエなどの名前で呼ばれることもあります。

水溶性のビタミンCと、油であるパルチミン酸と組み合わせた特殊なビタミンC誘導体。水性なので細胞間を満たすことができる上、皮脂と馴染んで浸透率が高いのが魅力。水ベースの化粧水にも油脂ベースのクリームにも配合できるのも強みと言えるでしょう。

水と油、両方の構造を持っているので「両親媒性」と言われますが、「油に溶けるビタミンC」ということを強調するために「油溶性(脂溶性)ビタミンC誘導体」と表記している化粧品もあります。実際には油溶性の成分とは異なるので気を付けてください。

安定性が高いので低刺激で、敏感肌でも使用できます。このように、いいことばかりのように思えるAPPS(両親媒性ビタミンC誘導体)。しかし安定性が高さゆえに、「肌につけてからもビタミンC本来の力を発揮するのに時間がかかる(もしくはほとんど発揮しない)のではないか」という指摘もあります。

まだ開発されたばかりの新しい成分なので、まだまだデータも少ないんですね。それゆえに現時点(2017年5月)では、厚生労働省の定める美白成分とはなっていません。

APPSは非常に魅力的な新成分だけに様々な商品に配合されはじめていますが、まだ研究の余地がある成分であることは認識しておきましょう。化粧品を選ぶ際はAPPSだけに頼らず、効果が実証されている他の美白成分も含んでいるものを選んだ方がいいですね。まだ普及していないために高価な成分ですから、あまり安いものは避け、有名メーカーのものを選ぶことをお勧めします。

10.両親媒性(新型)ビタミンC誘導体を配合した化粧品

化粧水などの前に使う、ジェリー状先行美容液です。「肌が食べるジェリー」というキャッチコピーで知った人も多いのではないでしょうか。その後に使う基礎化粧品の浸透がグッと良くなるブースター美容液ですが、単品でも十分にうるおいを感じられるという、お得感のある逸品。

特に美白を謳ったアイテムではありませんが、ジェリーアクアリスタにはAPPSが配合されています。最先端技術を用いて高機能化粧品を作っている富士フィルムの商品ですから、安心して使うことができますね。

ビタミンC誘導体にも様々な種類と特性があります。高い効果を期待するならリン酸型、敏感肌ならグルコシド型など、目的や肌質に合わせて選ぶといいでしょう。パッケージには「ビタミンC誘導体」としか書かれていなくても、成分表を見れば種類がわかりますから、ぜひチェックしてみてくださいね

11.ビタミンC誘導体の効果を最大限に活かすコツ3つ

美白成分No.1であるビタミンC誘導体。前章では大まかな種類と特徴を解説しました。ここからはビタミンC誘導体の効果をしっかり得るためのコツをご紹介しましょう。

使用順序は、特性を見て決める

水分→油分の順で肌に載せるのは、スキンケアの基本。十分にうるおいを与えた後、乳液やクリームでふたをするという手順です。

水溶性ビタミンC誘導体は、必ず油分を含むアイテムの前に使いましょう。油分が先だと、肌に浸透することができなくなってしまうためです。

通常、水溶性ビタミンC誘導体は化粧水に含まれるので、一番先に付けることがほとんどですが、ブースター美容液(先行美容液)を取り入れる際は注意が必要。水溶性ビタミンC誘導体入りのアイテムを使う場合のブースター美容液(先行美容液)は、オイルフリーのものを選んでください。

油溶性や両親媒性のビタミンC誘導体は美容液や乳液などに入っていることが多いので、水分補給の後に付けます。

乾燥対策をしっかりと

ビタミンCの特徴として、皮脂抑制効果が挙げられます。時に「ビタミンCの副作用」と言われる乾燥は、この効果によるもの。

脂性肌やニキビが気になる人には嬉しいですが、乾燥肌の人にとっては、やはり気になります。ビタミンCと共に保湿成分がしっかり入ったアイテムを選びたいですね。おススメの保湿成分は

  • セラミド各種
  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • エラスチン

これらの成分は、いずれも肌にもともとあるもの。セラミドは角質層の構成要素なので、化粧品で補うことで肌の状態を良くすることができます。

コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンは、皮膚の奥にある真皮を構成する成分。化粧品によって補給ができるわけではありませんが、肌を作っている成分だけに刺激が少なく、保湿効果は十分にあります。

その他の乾燥対策としては

  • 必要に応じてクリームなどで油分を補う
  • アルコール(エタノールなど)を含まない化粧品を選ぶ

ということを心がけるといいでしょう。

抗酸化成分を一緒に取り入れる

ビタミンC誘導体自体、抗酸化力に優れた成分ですが、プラスして抗酸化成分を取り入れることでより確かな美肌効果を得ることができます。抗酸化成分として効果が高いものは

  • ビタミンE(酢酸トコフェロール)
  • アスタキサンチン(ヘトマコックス色素)
  • ユビキノン(コエンザイムQ)
  • フェルラ酸

過剰な活性酸素がシミの元になるメラニンを作らないためにも、ビタミンC誘導体と共に抗酸化作用のある成分を一緒に取り入れていきましょう。

悪魔

よーし、リン酸型ビタミンC誘導体入りの化粧水をポチった!楽しみだな~ ところでビタミンCって、食べても肌にいいんだよね?

天使

そう、ビタミンCは美白にも欠かせない栄養素なの、上手な摂り方を紹介するわね!

12.食べて美白!ビタミンCの効果とは

美肌作りに欠かせないビタミンCは、身体の中にも必要不可欠な成分。紫外線や有害物質によって発生する活性酸素から細胞を守る抗酸化作用や、免疫力向上、鉄分の吸収促進などで健康を維持するのに役立っています。

ビタミンCの肌と直接関わる働きとしては、何といってもコラーゲン合成とメラニン抑制でしょう。コラーゲンは細胞間を結び付けるたんぱく質であり、皮膚や粘膜の健康維持に役立ちます。ビタミンCが不足すると、肌もターンオーバーが滞りハリのない状態になるばかりか、傷が治りにくかったり、歯茎などから血が出たりと健康被害を生じてしまいます。

ビタミンCのメラニン抑制機能は、化粧品でも活用されていますね。食品から摂ることでも、同様に美白効果を発揮してくれるのがビタミンCの魅力。最近話題になっている「飲む日焼け止め」にも必ずビタミンCが配合されています。

ビタミンCは水溶性の成分で、不要な分は排出できます。食品で摂る際には過剰摂取や副作用の心配もほとんどありません。

13.〇がベスト!ビタミンCを効率よく摂るには

ビタミンCは野菜や果物に豊富に含まれる成分。特に多く含む食品としては

  • 赤ピーマン
  • アセロラ
  • パセリ
  • 芽キャベツ
  • レモン
  • キウイフルーツ

などが挙げられます。ビタミンCは水に流れやすく、熱で壊れやすいという性質があるので、できるだけ生で食べるといいでしょう。また、空気に触れるとどんどん酸化していきますから、食べる直前に調理することを心がけてください。

コラーゲン生成や鉄の吸収を助けるビタミンCですが、そもそもの材料が必要です。コラーゲンの材料であるアミノ酸は肉や魚などに豊富に含まれていますし、鉄分はレバーやほうれん草などにたっぷり入っていますから、日々の食事からしっかり摂取するようにしましょう。ビタミンCを意識しながら、バランスの良い食生活を送ることが美肌作りには欠かせません。

14.白くなりたいなら、毎日レモン〇〇個を食べなくちゃ

厚生労働省が定める成人のビタミンC摂取量(健康被害を生じないために最低限必要な量)は、100㎎。野菜と果物を意識して摂れば、それ程難しい量ではないでしょう。

けれども美白を目指してビタミンCを摂るならば、1日およそ1,000㎎の摂取が目安と言われています。1,000㎎と言えば、なんとレモン50個分!食品だけで摂ろうとすると、ちょっと大変な量ですよね。

美白目的のビタミンC摂取ならば、サプリメントの利用がおススメ。ビタミンCは合成と天然とで作用や効果に違いがなく、不要分は排泄されるので過剰摂取の心配もほとんどありません。ただし、腎機能障害がある場合は結石リスクが指摘されているので注意が必要。また、いくら過剰摂取の心配がないとは言え、3,000㎎以上摂ると胸やけや胃痛などを感じる場合もあるので注意が必要です。

15.その飲み方ではもったいない!ビタミンCサプリの正しい摂り方

美白目的でビタミンCを摂る場合、普段の食事に加えサプリメントを併用するのが便利。ただし、飲み方にはちょっとしたコツがあります。

ビタミンCは胃で消化されず、腸で吸収されて血液に乗って体中に行き渡ります。血液中に十分なビタミンCがある場合、余った分は排泄されてしまうので、一度に大量に摂るのはあまり効率的とは言えません。

一番良いのは、50~100㎎程度を2、3時間おきに飲むことと言われていますが、実際にはなかなか難しいですね。多くのビタミンCサプリは、食後の飲用を推奨しています。これは消化と共に飲むことで吸収を良くし、ビタミンCの酸による刺激を軽減するため。これを活かし、毎食後に200~300㎎のビタミンCサプリを摂るようにできれば、十分量を摂取することができるでしょう。

ビタミンC誘導体まとめ

  • ビタミンC誘導体は、壊れやすいビタミンCを安定させ肌に浸透しやすくした成分
  • 効果がはっきりしていて安全性が高い一押し成分は、リン酸アスコルビル!
  • 敏感肌なら、効き目が穏やかで肌に優しいアスコルビン酸グルコシドを選んで
  • 乾燥対策をしっかり、プラスの抗酸化成分もあればさらにgood!
  • ビタミンCは体の中にも必要だから、サプリも利用してしっかり摂ろう

ビタミンCは美白成分の中でも特に歴史があり、その有効性が実証されている成分です。毎日のスキンケアに活用し、色白美人になっちゃいましょう!

悪魔

体の内と外、両方から効くってすごいよね

天使

予防と改善の両方に効くのも魅力ね!まさに最強の美白成分と言っていいわ

悪魔

私も化粧品とサプリでしっかりビタミンCを摂って、美白を目指そう!

天使

地道に続けたら、肌は必ず応えてくれるわよ!