悪魔

最近化粧水をつけても肌になじまない気がするんだよね…何でだろ?

天使

そんな時は、導入美容液を試してみたらどうかしら?

悪魔

聞いたことあるけど導入美容液って何のために使うの?

天使

導入美容液はブースターとも言って、化粧水や美容液の浸透をサポートするものよ

導入美容液(ブースター)には、あまり馴染みのない方も多いかもしれませんね。導入美容液は、化粧水や美容液を肌になじみやすくし、より効果を実感しやすくするためのアイテムです。

この導入美容液(ブースター)は、一体どのように使えばいいのでしょうか?また、使うべき肌質や正しいタイミングはあるのでしょうか?ここでは、導入美容液の基本的な知識と効果、使い方についてお伝えしていきましょう。

1.導入美容液とはどんなもの?

導入美容液は、ブースター、先行美容液などと呼ばれることもあります。その名前のとおり、化粧水や美容液の成分の導入を助け、美容成分をより角質層になじみやすくするためのアイテムです。

スキンケアをしていると、季節やホルモンバランスの変化などによって、肌の調子がいまひとつと感じることも多くありますよね。そんな時は、いつもの化粧水や美容液が何となく肌に入っていかないように思えることもあるのではないでしょうか。

そうした場合に導入美容液を使い、肌が化粧水や美容液の成分を浸透しやすい状態にととのえることでスキンケアの効果アップを目指し、肌荒れの予防や乾燥の改善につなげていくことが有効だと考えられます。

2.化粧水がぐんぐん浸透?!導入美容液の効果

化粧水や美容液の浸透を助ける効果が期待できる、導入美容液。具体的には、どのような方法でその浸透をサポートしているのでしょうか?

導入美容液のひとつのポイントは、肌のバリア機能を一時的にゆるめて、水分や美容成分の通り道を確保することにあります。肌のバリア機能は、外部の刺激から守るために大切な役割を果たしていますが、このバリア機能があるために、化粧品の成分が角層深くまでしっかりと浸透しないこともあります。

そのため、導入美容液を先に使用して肌のバリアを通りやすい状態を作ることで、化粧水や美容液の効果がよ高まると期待できます。

また、導入美容液の中には、古くなった角質を除去したり柔らかくしたりすることによって、美容成分を浸透させやすくしているものもあります。古い角質がたまったままでは、肌の表面厚くなり、当然美容成分も浸透しにくい状態になります。

そこで、導入美容液を使用して古い角質を取り除き、化粧水や美容液の成分をより角質の奥まで届けることを目的としているのです。

悪魔

導入美容液ってすごいのね!さっそく使っちゃおうかな〜

天使

でもね、導入美容液は肌質や肌の悩みに合わせて使う必要があるのよ

3.導入美容液はこんな人におすすめ

導入美容液を使用するに当たっては、自分の肌質や抱えている肌の悩みをあらためて見直し、本当に導入美容液が必要かどうかを見極める必要があります。導入美容液を使うことがすすめられるのは、次のようなケースです。

乾燥が気になっている
肌が乾燥している時ほど、化粧水や美容液の成分をしっかりと浸透させたいもの。しかし、カサカサに乾いた肌はキメが荒くなったり角質が厚くなったりして、かえって保湿成分や美容成分が届きにくい状態にあります。そんな時は、導入美容液を使用して成分の浸透を助けてあげましょう。
肌のゴワつきが気になっている
肌がゴワゴワして感じる時は、古い角質がたまっている証拠かもしれません。導入美容液でそれを取り除き、化粧水や美容液の成分がなじみやすい土台を作ることで、その後に使うアイテムでしっかりと保湿や角質の柔軟化ができると考えられます。
手持ちの化粧水や美容液の効果を高めたい
今使っている化粧水や美容液を使う前に導入美容液をつけることによって、肌にその成分が届きやすくなり、今まで実感できなかった効果が得られることもあります。新しい化粧品を購入する前に導入美容液を試してみると、手持ちのアイテムの効果を再発見でき、コストを抑えることにもつながるかもしれませんね。

導入美容液の使用に注意が必要な場合

導入美容液の中には、一時的に肌のバリア機能をゆるめるはたらを持つものもあります。そのため、敏感肌や極端に肌荒れが酷い場合は肌にとって負担が大きくなると考えられます。

特に、角質除去の効果が期待できる拭きとりタイプのブースターは、コットンで肌をこする刺激も加わって、敏感肌や肌荒れを悪化させてしまうこともありますので、注意しましょう。

乾燥の改善を目的にブースターを使う場合は、特に保湿成分が配合されているもの、刺激の少ないものがおすすめです。

導入美容液は、化粧水や美容液の成分を浸透しやすくするアイテムですので、今使っている化粧水や美容液の効果をより実感しやすくなるというメリットがあります。上手に使用して、美容・美白効果をさらにアップさせたいという人におすすめです。

ただ、肌の状態によっては使用を控えた方がよいこともありますし、肌質に合ったタイプのブースターを選ぶ必要がありますので、ブースターに含まれる成分やテクスチャをよくチェックして選んでいきたいですね。

悪魔

ふむふむ導入美容液は、ただ使えば効果があるものではないのね

天使

そう!それから、正しい使い方をすることも大切ね

4.導入美容液の効果的な使い方

導入美容液を使用して、化粧水や美容液の効果をさらに実感するためには、その使い方や、使うタイミングを守ることが重要です。

導入美容液は、各商品によって使い方が多少異なる部分もありますが、基本的には洗顔の後すぐに使うことで効果を発揮します。洗顔後何も肌につけていない状態で導入美容液を使用することで、その後につける化粧水や美容液の浸透が高まります。そして、次のようなポイントに気をつけて使用し、より効果アップを目指しましょう。

適量を守って使う
導入美容液は、多すぎても少なすぎても本来の効果を発揮しにくくなってしまいます。特に、使う導入美容液が少なすぎる場合は肌に伸ばす際に摩擦を引き起こしてしまいますので、商品の注意書きに記載される量を守って使いましょう。
肌をこすらない
導入美容液を使う時は、手のひらで優しく肌を包み込むようにし、決してゴシゴシこすってなじませようとしないよう注意しましょう。拭きとりタイプのブースターもコットンで優しく拭きとり、力を入れて擦らないようにしましょう。
導入美容液の後のケアを大切に
導入美容液は、あくまでもその後に使用するアイテムの効果を高めるためのもの。いくら保湿成分が含まれていても、それだけでスキンケアは完了しません。ブースターの後は必ず化粧水や美容液、乳液、クリームを使い、しっかりとケアをしてくださいね。

導入美容液まとめ

  • 導入美容液(ブースター)は、化粧水や美容液の浸透をサポートするアイテム
  • 乾燥やゴワつきが気になる肌におすすめ
  • 敏感肌、肌荒れがひどい場合は調子を整えてからブースターを使いましょう
  • 導入美容液は洗顔後に優しくなじませるのがポイント

導入美容液を使用して、化粧水や美容液の美容成分の浸透をより実感したいと考える女性は増えています。乾燥、ゴワつきが見られる肌は、せっかく良いスキンケアアイテムを使用していても、その成分がよく浸透せず、効果がなかなか感じられないこともあるもの。

そんな時は、自分に合った導入美容液を使用して、より高い美容効果を得られるようにしてみましょう。ただ、肌が荒れている時は、肌に負担とならないように導入美容液の使用は控え、調子を整えてからあらためて試してみることをおすすめします。

天使

導入美容液の効果や使い方、わかったかしら?

悪魔

うん!さっそく使ってみたい! ……でも実際に導入美容液を選ぶ時は、何に注目すればいいの?

天使

そんな悪魔ちゃんにおすすめの導入美容液と選び方を教えてあげるわ!