悪魔

あーあ、眠くてメイク落とすのめんどくさいなあ

天使

コラー!悪魔ちゃん!ちゃんとクレンジングしてから寝なきゃダメよ!!

悪魔

わぁ!だって眠いんだもん~1日くらいクレンジングしなくても平気でしょ?

天使

メイクが残ったままだと、美白にとっても逆効果になっちゃうわ ほら、ちゃんとクレンジングしてから寝ましょう!

悪魔

クレンジングと美白って関係あるの? むにゃむにゃ……

洗顔が美白を進める上で欠かせないように、クレンジングもまた、美白の効果をアップさせるためにはとても大切なポイントです。メイクをきちんと落とすということは、肌の健康を保ち、ターンオーバーを正常化してメラニンをためこまないためにも大切なのです。

ここでは、クレンジングの基礎知識として、クレンジング料の種類や成分、正しい方法、美白とクレンジングの関係についてお伝えしましょう。

1.クレンジングとは?何のためのクレンジング?

クレンジングとは、メイクを落とすためにするもの。女性の多くは、ほぼ毎日のようにメイクをすることが習慣となっているでしょう。ファンデーションを塗り、アイシャドウを塗り、アイラインを引いて、チークを乗せ、リップカラーを塗り、と実にさまざまな工程を経るメイクですが、それをそのまま肌に残しておくことは美肌をつくる上では厳禁と言われています。

メイクは、本来肌にとっては不必要なもの。メイクの成分は当然、肌にとって大きな負担になります。メイクに使われるファンデーションなどは大抵のものが油性です。それを長い時間肌に乗せておくと、皮脂とやホコリなどの汚れと混ざり合って毛穴に詰まり、雑菌が繁殖してニキビや吹き出物の原因となることもあります。

そのため、1日の終りに必ずクレンジングをしてメイク汚れを落とすことは、清潔で美しい肌を守るための鉄則とも言えるのです。

2.美白におけるクレンジングの効果や役割

美白を目指す方にとっても、クレンジングはとても大切な役割を果たします。

メイクを落とさずに洗顔だけをしても油性のメイク汚れは落ちないため、皮脂や古い角質なども残りやすくなります。そうなると、洗顔後に使用する化粧水や美容液の成分が肌に浸透せず、十分な効果を発揮できないことに。

さらに、油分を含むメイク汚れは時間がたつと肌の上で酸化し、活性酸素を増加させます。その影響により、くすみやシミなどができやすくなってしまうことも考えられます。メイクを落とさず寝てしまうと、このように肌の老化が早まり、美白とは真逆の状態を作り出してしまうことにつながるのです。

そのため、メイクをしたら1日の終りに必ずクレンジングをしましょう。メイク汚れをしっかりと落とすこと、それに続けて洗顔で余分な皮脂や古い角質を落とすことが、美白にとっても大切なのです。

悪魔

ひえ〜、メイクを落とさないと美白どころじゃないのね!

天使

うふふすっかり目が覚めたみたいね、悪魔ちゃん クレンジングが大切だって、これでわかったでしょ?

3.ダブル洗顔って必要?洗顔とクレンジング、その役割の違い

クレンジングがメイクの油分を落とすのに対して、洗顔は皮脂汚れや古い角質を取り除くものですから、その役割は違うもの。そのため、本来はメイクと洗顔は別々に行うことが望ましいと考えられます。

しかし、クレンジング剤や洗顔料の中には、ダブル洗顔不要で、1つのアイテムを使えばメイク落としも洗顔もできるタイプのものがあります。こうしたタイプの洗顔料にはオイルが含まれていて、メイクの汚れを落としつつ、それに水を加えて乳化することにより、洗顔料としての効果も発揮するように作られています。

メイクを落としたら、次は洗顔と、しっかりとダブル洗顔をするのが理想ではあるのですが、それによって肌が乾燥したり、刺激を受けたりしやすい方の場合、あるいは軽いメイクのみの場合などは、必ずしもダブル洗顔をする必要がないことも。

その日のメイクや肌の調子によって、クレンジングと洗顔をどのようにすべきかを調整することも大切ですね。

4.クレンジング料の種類と成分

メイクを落とすためのクレンジング料には、多くの種類があります。その大まかな種類と、含まれる成分について、ここで簡単にご説明しましょう。

オイルクレンジング
油性のメイク汚れを落とすには、同じく油分であるオイルがぴったり。クレンジングオイルの主な成分は、オリーブオイルやアルガンオイル、ミネラルオイルなど。メイクをしっかり落としたい方や、しっかりメイクをする方におすすめです。
ミルククレンジング
乳液のようなテクスチャのクレンジング剤で、オイルと比較して洗浄力は弱いものの、肌への負担はやや軽く、しっとりとした洗いあがりが期待できます。ヒアルロン酸などの保湿成分が含まれていることが多くあります。
クリームクレンジング
ミルククレンジングよりもさらに保湿力が高く、しっとり感が高いのがクリームクレンジング。保湿成分が多く含まれるのがメリットですが、肌になじませる時に強い力を加えないよう注意が必要です。
ジェルクレンジング
ジェル状になったクレンジング剤で、オイルが入っているものと入っていないものがあります。オイルが入っていないものは洗浄力がやや弱いのですが、オイル入りのものはしっかりメイクも落とせますが、ポイントメイクなどはあらかじめ専用のリムーバーで落としておくことがおすすめです。
リキッドクレンジング
化粧水のような感覚で、コットンなどに含ませて拭き取るようにして使うのが、リキッドタイプのクレンジング。さっと手早くメイクを落とすことができますが、肌をこすらないように注意が必要です。
シートクレンジング
クレンジング剤を含ませたシートは、携帯や旅行の際に便利なアイテム。ただ、肌にとって刺激が強い成分や添加物などが多く含まれること、細かな部分のメイクが落としきれないおそれがあることを考えると、毎日使用するのは避けた方がいいかもしれません。
ポイントリムーバー
落ちにくいアイメイクやリップメイクをしっかりクレンジングするための、専用のリムーバー。濃い目のメイクを落とす際は、こうしたアイテムであらかじめおおまかなメイク汚れを取り去ってから、あらためてオイル、ミルク、クリームなどでクレンジングをします。

クレンジング剤にはさまざまな種類がありますが、その特徴をよく理解して、自分の肌質、メイクの仕方、好みの使用感などを考えながら選ぶ必要があるでしょう。メイクの汚れが残ったままでは、くすみやシミの原因にもなってしまいますので、しっかりとメイクを落とせるクレンジング剤を見つけたいですね。

悪魔

クレンジング剤ってこんなにたくさんあるんだ!

天使

だから自分に合ったものが選べていいでしょ 悪魔ちゃんみたいに疲れてメイク落とすの面倒な人は、手軽でしっかり落とせるタイプを選んでみるのもいいわね

5.正しいクレンジングの方法

クレンジングの方法をよく知ることも、肌をいたわって健康に保ち、美白効果をアップさせるために必要です。クレンジングは特に肌に負担をかけやすい行為ですので、そのポイントに注意しながら行いましょう。

肌をこするのは厳禁

洗顔と同様に、クレンジングも肌をこすってはNG。肌の表面はとても薄く、傷つきやすいため、クレンジングによって肌に負担をかけないためにも、ゴシゴシこすらず、優しく丁寧にメイクを落とすことを心がけましょう。

クレンジング剤は多めに使用する

使用するクレンジング剤が少ないと、その分手と肌の摩擦が大きくなりますし、メイクも落ちにくくなります。クレンジング剤はちびちびと使うのではなく、少し多いかなと思うくらいの量を出して使い、摩擦による刺激を減らしましょう。

洗い流しはぬるま湯で

メイク汚れは油性ですから、冷たい水よりも温かいお湯の方が落ちやすい傾向があります。ただ、熱いお湯は肌に必要な皮脂まで奪ってしまうため、32〜34℃くらいのぬるま湯を使用して、しっかりとメイク、クレンジング剤を落としましょう。

6.朝もクレンジングした方がいいの?

寝る前にしっかりとクレンジングをしてメイクを落としても、翌朝の肌には皮脂汚れなどが蓄積しています。そのため、朝もクレンジング剤を使ってそうした汚れを落とすことをすすめる、いわゆる「朝クレンジング」がすすめられ、話題となったこともあります。しかし、朝のクレンジングは本当に必要なのでしょうか?

人間の肌からは常に皮脂が分泌されているため、朝起きた時も肌がべたついていたりテカリを感じたりすることもありますよね。また、人間は寝ている間に大量の汗をかきます。それはもちろん、顔も例外ではありません。

しかし、皮脂や汗はクレンジング剤を使用しなくても、洗顔石鹸や洗顔フォームで落とすことができます。クレンジングはあくまでも、メイクなどの汚れを落とすもの。洗顔は皮脂や汗、古い角質を落とすもの。クレンジングと洗顔では、それぞれ役割が違うのです。

汗や皮脂を落とすために毎朝クレンジング剤を使用していては、必要なうるおいや皮脂が奪われてかえって乾燥が進むことがあります。朝は洗顔料をたっぷり泡立てて洗うだけで、皮脂や汗を十分に落とすことができますので、肌に余計な負担をかけないためにも、朝クレンジングは控えた方がよいと言えるかもしれません。

悪魔

クレンジングしすぎてもよくないってことねーなるほどなるほど

天使

クレンジングは正しい方法でしないと肌には負担になっちゃうからね

クレンジングまとめ

  • クレンジングは油分を含むメイク汚れを落とすためのもの
  • メイクを落とさず寝るのは美肌・美白を遠ざけるNG行為!
  • さまざまな種類のクレンジング剤から肌質や好みに合ったものを選びましょう
  • クレンジングと洗顔の役割は違うもの。ダブル洗顔は必要
  • 朝クレンジングは肌にとって負担になるおそれがある

メイクの汚れを落とすクレンジングは、メイクをする女性ならほぼ毎日のようにする行為ですね。ファンデーションなどのアイテムは油分を含んでいる上に、皮脂や汗、ホコリなどと混じって長時間肌にとどまると、毛穴づまりを起こしたり、酸化して活性酸素を増加させ、シミやくすみの原因になります。

寝る前にはクレンジングでしっかりメイクを落とした上で、皮脂汚れ、古い角質を取り除く洗顔をして肌を清潔に保つことが、美白化粧品の浸透を助けるために大切です。ただ、朝にもクレンジングをすることはかえって肌の負担となることもあります。クレンジングは正しい方法で行い、美肌美白を進める第一歩としましょう。

悪魔

うーん!クレンジングの種類って本当にたくさんああるね みんなどうやって選んでるんだろう?

天使

クレンジングも肌質や目的に合うものを選ぶことが大切よ

悪魔

じゃあ、美白が目的の場合はどんなクレンジング剤がいいの?

天使

おすすめの美白クレンジング、教えてあげるわね