悪魔

脇の黒ずみってなかなか改善できないのよね

天使

脇はいろいろな原因が重なって黒ずみやくすみが発生しやすいところだから、ケアをしてもなかなか追いつかないことも多いの

悪魔

そうなの?じゃあ脇は美白できないってこと?!

天使

大丈夫!黒ずみの原因を理解してきちんとケアすれば改善できるわよ

女性にとって、人に言えないけれど気になる悩みが、脇の黒ずみやくすみについて。長袖の季節はまだしも、半袖、ノースリーブなどを着る季節になると、人前で手を上げる動作をすることが恥ずかしくなってしまいますよね。しかし、脇の黒ずみって一体どうすれば改善できるの?とお悩みの方は少なくないでしょう。

ここでは、脇が黒ずんでしまう原因やその対処方法、黒ずみ、くすみの改善のポイントなどを詳しくお伝えしていきます。脇の美白のスタートに、ぜひお役立てください!

脇の黒ずみ、くすみの二大原因

脇という部分は、普段紫外線に当たることが少ないため、黒ずみやくすみの原因は少ないような気がしますよね。しかし、脇には独特の黒ずみ、くすみの原因があるのです。その原因は、大きく二つに分けられます。

メラニンの蓄積による黒ずみ、くすみ

紫外線に当たることが少ない脇の下ですが、衣服による摩擦や、ムダ毛処理などの刺激によってメラニンが発生することが多くあります。それが定着してしまうと、脇の黒ずみ、くすみが発生します。脇の下は皮膚が薄く、柔らかいため、とてもデリケート。そこに刺激が加わり続けると、肌を守るためのメラニンもどんどん生成・蓄積していくのです。

毛穴詰まりによる黒ずみ、くすみ

ムダ毛処理のアフターケアをしっかりしていないと、刺激や乾燥によって角質が厚くなって毛穴を塞ぎ、脇の毛穴が詰まって黒ずみになることも。また、汗や汚れが残ったままになることや、制汗剤を頻繁に使うことも毛穴詰まりの原因となることがあると言われています。

このほかには、処理したムダ毛が毛穴の中に埋まってしまう、いわゆる埋没毛によって、実際には黒ずんでいないのに黒ずみのように見えることがあります。

脇の黒ずみが改善しにくい理由

脇の下は、黒ずみが発生しやすい原因が揃っています。

脇は皮膚が薄く、デリケートであるにもかかわらず、ムダ毛処理でカミソリ、シェーバーなどの刺激を頻繁に受けます。また、衣服、下着によって脇が擦れて刺激を受けることも。つまり、メラニンの生成が頻繁になりやすいのです。

さらには、脇は汗腺が多く、汗をかきやすい状態であるため、季節を問わず常に蒸れやすいという特徴もあります。こうした原因が、肌の乾燥、ターンオーバーの乱れを招いてしまうため、刺激によって発生したメラニンがなかなか排出されない、角質が厚くなり、毛穴が詰まっても改善しにくい、という結果になってしまうことも多いのです。

脇は皮膚が薄くて刺激には弱い部分なのに、ムダ毛処理や衣服による摩擦などの刺激が頻繁に加わる、汗をかきやすく蒸れてしまう、角質が厚くなり毛穴が詰まる、といった特徴があり、それが黒ずみやくすみの原因となってしまいます。

また、刺激にさらされて乾燥がすすみ、ターンオーバーが乱れることで、黒ずみやくすみは次第に改善しにくくなっていきます。脇の黒ずみを解消するには、まずこうした悪循環を断ち切ることが大切ですね。

悪魔

なるほど~!脇は黒ずみやくすみが出やすくて改善しにくい理由があるのね

天使

そうなの!だからしっかりポイントをおさえた美白をしないとね

脇の黒ずみ改善のための美白成分

脇のくすみや黒ずみ改善のためには、黒ずみの原因となる刺激をできるだけ避けながら、脇専用の美白クリーム、黒ずみ改善クリームなどを使用してケアをすることがおすすめ。デリケートな部分ですので、普通のボディ用美白クリームでは刺激を感じることも考えられます。脇専用のクリームを選んでケアしてみましょう。

脇の美白に効果が期待できる美白成分としては、次のようなものがあります。

  • ビタミンC誘導体
  • ハイドロキノン
  • トレチノイン
  • プラセンタエキス

いずれも、メラニンの生成を抑制して黒ずみやくすみを防ぐ効果が期待できますが、ビタミンC誘導体にはメラニンを還元するはたらきもありますので、より高い効果を求める方はビタミンC誘導体を取り入れてみましょう。

また、合わせて注目したい成分としては、以下のものがあります。

保湿成分
セラミド
コラーゲン
ヒアルロン酸
抗炎症成分
グリチルリチン酸二カリウム
甘草エキス

刺激によって乾燥しやすくなっている脇には、保湿効果の高い成分を補いましょう。また、毛穴詰まりによる炎症を防ぐためにも、抗炎症成分も一緒に配合されているものがおすすめです。

脇の黒ずみを改善するスキンケアのポイント

脇のスキンケアというと、一体どんなことをすればいいの?と悩んでしまうかもしれませんが、基本的には顔やボディと同じように、清潔と保湿を心がけるのがポイント。それにプラスして、脇専用の美白化粧品を使用して、黒ずみやくすみの改善を目指してみましょう。

刺激を与えず汚れはしっかり落とす

汗や汚れ、制汗剤の成分などが残ったままでは、毛穴詰まりやくすみの原因となります。毎日の入浴の際は、よく泡立てた石鹸で洗いましょう。ナイロンタオルなどは刺激が強すぎることがあるため、手で優しく洗い、すすぎはしっかり行うようにしましょう。また、朝起きた時、汗をかいた時なども、こまめに拭いて清潔を保ちましょう。

保湿と美白を習慣に

脇を清潔にした後は、タオルなどで優しく水気を拭きとり、保湿をします。黒ずみ、くすみを改善するためには、保湿成分とともに美白成分が配合された脇専用のクリームを使ってみましょう。脇は乾燥しやすい部分ですので、化粧水をなじませた後にクリームなどの油分を少量補い、水分が逃げないようにすることも大切です。

脇の黒ずみ予防・改善は日常生活から

スキンケアにプラスして意識したいのが、脇の黒ずみやくすみの原因を取り除くこと。脇の下はデリケートなので、日常生活の中で知らず知らずのうちに刺激を与えることがないよう注意していきたいですね。

たとえば、脇の下を締め付けるような下着や衣服を避けて、余裕のあるゆったりしたものを身につけるだけでも、脇への刺激を減らすことができます。また、制汗剤や汗ふきシートなどを頻繁に使うことも肌にとっては負担となり、黒ずみや毛穴づまりを引き起こしてしまうことがありますので、こうしたアイテムの使用は必要最小限にしておきましょう。

気をつけたい脇のムダ毛ケアについて

脇の黒ずみやくすみの原因は、自己流のムダ毛処理方法にもあります。皮膚が薄い脇に、毛抜きやカミソリなどの刺激が加われば、メラニンが増加して蓄積し、黒ずみやくすみが発生しやすくなります。

また、ムダ毛処理の刺激で乾燥や角質が厚くなる現象が引き起こされると、ターンオーバーの乱れにもつながり、メラニンの排出が遅れて黒ずみ、くすみが改善しにくくなってしまうことも。

ムダ毛処理は自己流で行うのではなく、脇への刺激を軽減し、きちんとケアしながら処理ができる、エステやクリニックなどのプロの施術に任せることがおすすめです。

時間的な問題や金銭面でなかなかエステやクリニックに行けない場合は、家庭用の脱毛器の使用も検討してみましょう。毛抜きやカミソリよりも、刺激を抑えて脱毛することができますよ。自宅でムダ毛の処理をする場合は、保湿と美白のアフターケアを忘れないようにしてくださいね。

脇の黒ずみ・くすみの改善方法まとめ

  • 脇の黒ずみ、くすみの原因はさまざまな刺激によるメラニンの蓄積
  • ムダ毛処理の刺激は角質肥厚や毛穴詰まりによる黒ずみを招くことも
  • 皮膚が薄い脇は度重なる刺激でターンオーバーが乱れがち
  • 清潔と保湿に脇専用の美白化粧品をプラスしてケアを!
  • 普段の生活で脇への刺激を避けることも大切

脇の下の黒ずみ、くすみは、ムダ毛処理や衣服の摩擦などによる刺激が原因で蓄積するメラニンが原因。また、刺激によって乾燥したり、角質が厚くなったり、汚れ、制汗剤の成分などが残ったままになっていたりすることにより、毛穴詰まりを起こして黒ずみにつながることがあります。

脇は皮膚が薄くデリケートな上に乾燥しやすいため、ターンオーバーも乱れがちで、メラニンの排出がなかなか上手くいかないという特徴があります。日々のスキンケアでしっかりと洗浄、保湿、美白を心がけて、根気よくケアをしていくことが黒ずみやくすみの改善につながっていくでしょう。

悪魔

ちょっと根気がいりそうだけど…脇の美白もがんばる!!

天使

諦めずにケアしていけば、きっと結果が出るわよ!頑張って!

悪魔

でも黒ずみって改善しにくいんでしょ?
私にも続けられるかなあ…

天使

それじゃあ脇の黒ずみ対策に役立つアイテムを教えてあげるわね