悪魔

肌の黒ずみってどうしてできるんだろう?

天使

黒ずみといっても、発生する部位や原因は違ってくるのよ

悪魔

そういえば、顔だけじゃなく肘や膝、デリケートゾーンなんかも黒ずみが気になる!

天使

いろいろなところにできる黒ずみの原因は何なのか、一緒に見てみましょう!

肌の黒ずみは、顔だけでなく、肘や脇、膝、太ももの内側、デリケートゾーンなど、体のあらゆる部分に発生します。黒ずみのある部分は、色が暗く、濃く見えてしまうため、悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。特に、脇やデリケートゾーンの黒ずみは誰かに相談しにくいものですよね。

ここでは、肌の黒ずみとは何なのか、そして、どうしてできてしまうのかを詳しくご説明します。

1.肌の黒ずみってどんなもの?

肌が黒ずんでいると、その部分だけ色が濃く見えたり、暗く見えたり、あるいは茶色っぽく見えたりしてしまいます。そのため、顔に黒ずみが見られると老けた印象につながってしまうこともありますし、体に黒ずみが見られると不潔な印象を持たれてしまうことも。

顔、体にあらわれる黒ずみは、紫外線の影響のほか、炎症、摩擦や圧迫などさまざまな原因によってできた色素沈着であると考えられます。また、皮膚の角化や、毛穴汚れの酸化とも関係があります。

2.くすみと黒ずみは同じ?違う?

肌の黒ずみと区別がつきにくいのが、くすみです。くすみも顔色を悪く、暗く見せる原因となりますので、黒ずみと同じように老けたような、あるいは疲れたような印象を与えてしまうことがありますね。

しかし、肌のくすみは主に紫外線、ターンオーバーの低下、あるいは血行不良による肌の透明感の低下であり、原因によっては改善しやすいのが特徴です。

一方、肌の黒ずみは、その多くがメラニンによる色素沈着や、肌が硬く、厚くなる角化と呼ばれる現象によって起こるものであり、一度発生すると適切なケアをしても短期間で改善することはなかなか難しいという特徴があります。

悪魔

なるほど、くすみと黒ずみって違うものなんだね 同じだと思ってた!

天使

肌の黒ずみには特有の原因もあるのよ

3.顔にできる黒ずみとその原因

顔に発生する黒ずみは、その多くが鼻を中心として、頬、額などに見られます。顔の黒ずみの原因としては、次のようなものがあげられます。

毛穴汚れ
顔の黒ずみの大きな原因は、毛穴に詰まった汚れです。黒ずみが鼻の周囲に見られやすいのは、鼻の毛穴は特に皮脂分泌が盛んで開きやすく、汚れがたまりやすいため。
毛穴に詰まった汚れは、酸化すると黒っぽい色になってしまうため、その周囲が黒ずんで見えてしまうのです。鼻だけではなく、たるみによって毛穴が開きやすい頬などにもこうした黒ずみが目立ってくることもあります。
産毛
顔の黒ずみは、処理していない産毛が原因となっていることもあります。顔に産毛が生えていると、それだけで顔色がワントーン暗く見えるもの。産毛を適切に処理するだけでも黒ずみが改善することもあります。
色素沈着
シミのメカニズムと同じように、紫外線による影響によってメラニンが過剰に発生し、それが肌に蓄積すると色素沈着を起こすと、顔全体が黒ずんで見えてしまうことがあります。
また、色素沈着は毛穴汚れとも関連が深く、毛穴の詰まりや角栓を必死で除去しようと無理なスキンケアをしてしまうことでもメラニンが増加し、黒ずみとなってしまうことがあります。

4.体にできる黒ずみとその原因

黒ずみは、顔だけではなく体のさまざまな部位にも発生します。自分の膝や肘を見ると、他の部分と比べて色が濃かったり、茶色っぽかったり、あるいは皮膚が厚くガサガサしていたりすると感じる方は多いのではないでしょうか。それも黒ずみの症状。体の黒ずみは一体なぜできてしまうのか、その原因をまとめました。

圧迫や接触、乾燥
体の中でも黒ずみが目立ちやすいのは、肘や膝といった関節の部分。これらは曲げ伸ばしによって皮膚が刺激を受けることが多いほか、乾燥が進みやすい部分です。それに加えて、テーブルに肘をついたり床に膝をついたりする時の刺激によって、皮膚がだんだんと硬く厚くなって角化を起こし、黒ずみが発生します。
衣服などの摩擦
デリケートゾーン、太ももの内側、股に多く見られるのが、衣服や下着などの摩擦が原因となった色素沈着です。締めつけ感のある下着を長時間つけていると、摩擦や圧迫の刺激によってメラニンが発生し、色素が沈着するとその部分が黒ずんでしまうのです。
ムダ毛処理、炎症
脇、デリケートゾーンなどに見られる黒ずみは、ムダ毛処理によってできた色素沈着であることも。カミソリや毛抜きなどでのムダ毛処理は、肌にとって大きな刺激となります。
その刺激が原因でメラニンが大量に発生し、色素沈着を起こしてしまうことがあるのです。また、カミソリや毛抜きでのムダ毛処理によって炎症が起こることでもメラニンが増加し、黒ずみの原因となります。
ホルモンバランスの変動
妊娠中は女性ホルモンであるプロゲステロンが増加し、メラニンの活動が活溌になります。そのため、脇やデリケートゾーン、あるいは乳頭の黒ずみが目立ったり、おへその辺りに正中線と呼ばれる濃い茶色っぽい線があらわれたりすることがあります。

顔や体に発生する黒ずみには、その部位ごとに違った原因があると考えられます。気になる黒ずみの原因は、紫外線なのか、毛穴汚れなのか、それとも摩擦や圧迫による色素沈着なのか、まずはその点をしっかりおさえて、黒ずみの予防や対策を進めていきましょう。

悪魔

黒ずみを予防するにはどうすればいいの?

天使

まずは黒ずみを発生させる原因を遠ざけることが大切よ

5.顔や体の黒ずみを予防するために

肌の黒ずみを予防するためには、黒ずみの原因となるものをできるだけ減らしていく必要があります。まず重要なのが、紫外線対策。紫外線は黒ずみを悪化させるメラニンを増加させてしまいますので、顔だけでなく、腕や足などもしっかり日焼け止めクリームを塗る、露出を避けるなど、紫外線対策をしましょう。その上で、次のようなポイントに気を配っていきましょう。

顔の黒ずみの予防法

顔の黒ずみは、多くが毛穴汚れによって発生するため、適切なクレンジングや洗顔で、肌に刺激を与えないようにしながら汚れをしっかりと取り除くことが大切です。

毛穴を無理やり開いて汚れを落とすようなケアは、かえって黒ずみを悪化させる元になりますので、控えましょう。また、産毛を処理するだけでも顔色が明るく見えることもあります。肌に刺激を与えないように、やさしく産毛を処理してみてくださいね。

体の黒ずみの予防法

肘や膝、かかとなど、角化が進みやすい部分は、スクラブなどで汚れを落とした後、しっかりと保湿することを心がけましょう。すでに硬くなってしまった部分には、尿素入りのクリームなども有効です。

また、膝や肘をできるだけ床などにつかない動作を心がけるなど、日頃の習慣を見直す必要もありそうです。そして、下着などの圧迫や摩擦を防ぐため、サイズに気をつけて、できるだけ締めつけ感のないものを身につけるようにしましょう。

天使

摩擦による刺激は知らないうちに黒ずみを悪化させちゃうから、日頃から気をつけないとね

悪魔

下着や服、動作を見直すことも大切なのね!

肌の黒ずみまとめ

  • 肌の黒ずみは、顔だけでなく体にもあらわれる
  • 顔も体も紫外線が原因で黒ずみが発生したり悪化したりする
  • 顔の黒ずみの原因は主に毛穴汚れや色素沈着
  • 肘や膝の黒ずみは摩擦や圧迫による皮膚の角化が原因
  • デリケートゾーンの黒ずみは下着による摩擦、ムダ毛処理が原因
  • 黒ずみの原因を取り除くことが一番の予防と対策

顔、肘や膝、デリケートゾーンなどにあらわれる肌の黒ずみは、紫外線、炎症などによる色素沈着、毛穴の汚れなどのほか、毎日の生活での摩擦、圧迫なども原因となっています。まず、黒ずみの原因をよく知り、それを遠ざけることからケアを始めたいですね。

既に黒ずんでしまった肌も、お手入れ次第では黒ずみを改善することもできるかもしれません。黒ずみ対策で大切なポイントは、部位に合わせて適切なケアをすること。それぞれの原因と部位ごとに黒ずみ対策に力を入れて、美肌をキープできるようにしましょう。

悪魔

顔の黒ずみや体の黒ずみ、デリケートゾーンの黒ずみ、それぞれに合った対策をしないといけないのね

天使

悪魔ちゃんは、どこの黒ずみが一番気になるの?

悪魔

それはやっぱり鼻の黒ずみかな〜鏡見たくない…

天使

そんなに落ち込まないで! それじゃあ正しい対策を覚えて、鼻の黒ずみを撃退しちゃいましょ!