悪魔

身の毛もよだつ怖い話してもいい…? 久しぶりにスカートをはいたらね…膝が黒ずんでることに気がついたの!!!

天使

そんなに驚いちゃったの?膝やくるぶしって誰でも黒ずみやすいのよ

悪魔

えっそうなの?ちょっと安心した… でも出来れば白くてつるりとした膝になりたいんだけど何が効果的かな?

天使

基本の保湿も大事だけど、角質ケアや美白も大切ね

素足になったときに膝やくるぶしが黒ずんでいることに気づいて、びっくりした経験はありませんか? 触ってみるとガサガサしているので保湿をしてみたものの、黒ずみが改善しないという方も多いでしょう。 黒ずんだ膝やくるぶしはオバサン肌の象徴。1日も早く改善したいですよね。 ここでは膝やくるぶしが黒ずむ原因や効果的なお手入れの方法についてお話していきます。

膝やくるぶしの黒ずみの原因とは?

膝やくるぶしの黒ずみは日常のちょっとした動作や習慣が原因になっていることがあります。おもな原因をあげてみましょう。

圧迫や摩擦による色素沈着

肌は圧迫や摩擦によって刺激を受けると、ダメージに対抗しようとしてメラニン色素を作り出し自らを守ろうとする性質があります。通常はメラニン色素が作られても、自然に排出されていきますが、ダメージを受け続けると、排出が追いつかなくなり、黒ずみとなって肌に現れるのです。 「そんなに膝やくるぶしをこすったりしていないけど?」と疑問を持つ方もいるかもしれません。でも、曲げ伸ばしをする膝は、もともと摩擦や圧迫による刺激を受けやすいパーツ。さらに脚を組んだり、正座をしたりといった日常の動作が肌を圧迫したり、摩擦を起こしたりして黒ずみになってしまうのです。 特に膝はスキニージーンズや化繊のタイツ、ストッキングなど衣類が密着しやすく、常に衣類との摩擦が起きていると言ってもいいほど。こうした摩擦に加え、動作による圧迫が加わるとさらに状態は悪化します。スキニージーンズをはいて正座をする、脚を組む、膝立ちになる……といった動作で肌を圧迫すると、ますます黒ずみが起こりやすくなるのです。 また、くるぶしは骨が出っ張った部分であるため靴や靴のストラップ、靴下などに触れやすく、気がつかないうちに摩擦を受けていることが少なくありません。また、紫外線の影響を受けて黒ずみがひどくなるケースも。肉付きも薄いパーツなので肌が刺激を受けやすいともいえるでしょう。

体の洗い方にも注意!

お風呂に入るとき、ナイロンタオルなどでゴシゴシこすり洗いしていませんか?こうした洗い方は、肌に摩擦をすることになり、黒ずみを悪化させます。ナイロンタオル黒皮症と呼ばれる色素沈着が起こる皮膚疾患があるほどなので、注意しましょう。

古い角質の蓄積、角質の肥厚化

膝やくるぶしは皮脂腺や汗腺が少なく乾燥しやすくなっています。肌は乾燥すると、角質を厚くして、それ以上水分が失われないようにする性質を持っています。膝やくるぶしが乾燥してガサガサする、キメが荒くなってゴワつくのはこのため。 さらに、肌のバリア機能は乾燥によって失われていきます。肌がダメージを受けやすい状態になってターンオーバーが低下すれば、メラニン色素を含んだ古い角質が肌に残りやすくなることに。ガサガサと黒ずみが同時に起こる原因はココにあります。
膝やくるぶしは気づかないうちに肌が摩擦、圧迫されているパーツ。 衣類や靴などが常に触れていることが多いので、ダメージを受けやすいのです。 また、紫外線の影響を受けてさらに黒ずみが悪化しているケースも。 ボディケアが習慣になっている人のなかでも、膝やくるぶしの保湿まできちんとできている人は少ないのでは?黒ずみを1日でも早く解消するために、継続的なお手入れを習慣にしたいですね!
悪魔

黒ずみをなんとかしたくて、ゴシゴシこすり洗いしてた~!体だからいいかと思ってたのに~

天使

とにかく摩擦は厳禁!日常の習慣を見直すことも大切よ

膝やくるぶしの黒ずみを改善する方法とは

膝やくるぶしの黒ずみを改善する方法は大きく分けて2つあります。ひとつずつ見ていきましょう。

摩擦や圧迫を減らす

タイツやストッキング、靴を履くといった習慣はやめるわけにいきませんが、黒ずみを防ぐためにはできるだけ摩擦や圧迫を減らすことが大切です。休日は締め付けの少ないゆったりしたボトムで過ごす、タイツやストッキングは履かないようにするなどして、摩擦を減らしましょう。 脚を組んだり、正座をしたりといった膝やくるぶしに負担がかかる座り方も減らしてみて。シルクやコットンなど肌触りのいいレッグウォーマーや足首ウォーマーをつけるのもオススメです。 保育士さんや介護士さんなど、膝立ちになる機会が多い方は薄いクッションを内蔵したサポーターをつけてもいいでしょう。

膝やくるぶしは手のひら洗いで!

洗い方も注意が必要です。もともと皮脂腺や汗腺が少ない膝やくるぶしは汚れも少なく、ゴシゴシこすり洗う必要はありません。よく泡立てたボディソープやせっけんなどを手でつけて、手のひら洗いすれば十分。 最近は、泡立てネットの他に少量の洗浄料でホイップのような泡が立つ泡だて器もあります。100均でも買えるので是非チェックしてみてくださいね。

角質除去と保湿で透明感のあるやわらかな肌へ

ガサガサになった膝やくるぶしの黒ずみは、いきなり保湿をしてもなかなか効果があがりません。まずは、スクラブやピーリング効果のあるせっけんなどで古い角質を取り除くようにしましょう。 保湿ケアの一環として尿素が配合されたクリームやローションを使うのも有効です。尿素は天然保湿因子(NMF)の一種ですが、同時にたんぱく質に働きかけて、角質をはがれ落ちやすくさせる作用があります。保湿と角質ケアが同時にできる便利な成分なので、膝やくるぶしの黒ずみが気になる方は是非、使ってみてくださいね。

紫外線対策も忘れずに

色素沈着がすでに起きているパーツに紫外線が当たると、さらに黒ずみがひどくなります。膝やくるぶしが露出するスタイルのときには日焼け止めを塗るようにしましょう。

美白効果のあるアイテムで黒ずみを解消

一定期間、保湿ケアを続けて肌が柔らかくなってきたら、美白成分を配合したアイテムの出番。べたつきが苦手という方は手ごろな価格の美白化粧水を使って、保湿してみましょう。お風呂上がりにローションパックをしてその上からラップをかぶせて5分程度置く方法も効果的です。 また、最近はボディの黒ずみに特化したジェルクリームやローションなども登場しています。ひとつあれば、膝やくるぶしはもちろん、肘や脇などにも使えるので便利ですよ。 保湿ケアした後、夜寝るときには保湿効果をアップさせてくれるサポーターをつけたり、靴下をはいて寝たりするのもオススメ。翌朝、肌がしっとりしているはず。美白効果のあるアイテムでケアしていけば、徐々に透明感のある膝やくるぶしが取り戻せるはずです!

膝やくるぶしの黒ずみ…足の黒ずみの原因とは? まとめ

  • 膝やくるぶしが黒ずむ原因は摩擦と圧迫!
  • 角質が厚くなるとさらに黒ずみとガサガサは悪化する
  • 黒ずみ解消には角質除去、保湿、紫外線対策がマスト
  • 肌が柔らかくなってきたら、美白ケアを追加
日常の些細な動作や習慣の積み重ねが招く、膝やくるぶしの黒ずみ。 清潔感のある若々しい美脚を目指すためにも地道なケアを続けていきましょう!
悪魔

うへー、膝まで保湿しなきゃならないのか…

天使

美への道は1日にしてならず!よ

悪魔

面倒だから、ボディ用の黒ずみ解消アイテムを使ってみようかな

天使

ひとつあると、いろいろなパーツに使えるから悪魔ちゃんのような面倒くさがり屋さんにぴったりよ!