悪魔

肌がカサカサだと何だかテンション下がるなぁメイクのノリも悪いし…

天使

そのかさつき、もしかすると意外なことが原因かも!

悪魔

肌がカサカサするのって、スキンケアのせいじゃないの?

天使

乾燥やカサカサの原因にはいろいろなものがあるのよ

肌トラブルの最もメジャーなものといえば、乾燥やかさつき。スキンケアをきちんとしているはずなのに、なぜか肌がカサカサする、おでこや小鼻の周りは脂っぽいのに頬はガサガサ、なんていうことありますよね。

肌のかさつきの原因は、実にさまざま。スキンケアだけではなく、生活習慣や食事に原因が潜んでいることも考えられます。ここでは、肌のカサカサ、乾燥の原因を探っていき、その対処法を考えてみましょう。

1.肌がカサカサするってどんなこと?

肌が乾燥する時は、肌を触ってもうるおいが感じられずにカサカサした感触になったり、粉を吹いたように白っぽくなったりしていることがありますね。このような状態になると、肌が荒れてかゆみや痛みが出たり、いつも使っている化粧水やクリームが刺激になったりすることもあります。

肌がカサカサしているということは、肌が本来持っているバリア機能が低下しているということ。肌のバリア機能は、肌内部で水分をしっかり保持し、ターンオーバーを正常にするために必要なのですが、さまざまな原因によってその機能が低下すると、水分だけでなく、天然のクリームである皮脂や、肌をうるおす天然保湿因子(NMF)、細胞間脂質が減少してしまいます。

そうなると、肌は外部からの刺激を受けやすい敏感な状態になり、ますますうるおいをキープできなくなったり、ターンオーバーが乱れてシミやくすみが発生しやすくなったりして、新たなトラブルを生んでしまうことも。

ちょっとかさついているだけ、と軽く考えていると、思わぬ肌トラブルが続発することもあるのです。

2.環境や年齢の変化はカサカサの大きな原因

肌の状態は、環境の変化や、体の変化によって変わってきます。そのため、季節や時間の変動、年齢などによって肌が乾燥してかさつきがひどくなることもあるのです。肌のかさかさの原因となる変化について、以下にあげてみましょう。

気温、湿度の変化

冬などの寒い季節は、気温や湿度が低下します。そんな時は、肌の水分を保持しにくくなったり、血行や代謝が低下して皮脂の分泌が少なくなったり、ターンオーバーの周期が乱れやすくなったりするため、肌のかさつきを感じる人が多くなります。

紫外線の影響

紫外線は肌のバリア機能を低下させるため、肌が水分をキープできなくなり、かさつきを悪化させることがあります。また、バリア機能の低下によって紫外線のダメージが肌の内部まで進むのを避けるために、角質が厚くなり、ますます肌が乾燥しやすくなります。

加齢

皮脂、天然保湿因子、細胞間脂質といった肌のうるおいを守る成分は年齢を重ねるとともに減少していきます。そのため、年を取ると肌がカサカサしてくるのです。

3.肌の乾燥は生活習慣と食事にも関係がある!

肌のかさつきの原因には、普段の生活習慣や食事なども深く関わっています。たとえば、睡眠不足やストレスなどは、肌のターンオーバーに影響を与え、肌のうるおいを守る成分が作られにくくなります。

また、偏った食事や無理なダイエットによる栄養不足によって、健康な肌をつくるための成分が足りなくなってしまうことで、肌の状態が悪化し、かさつき、乾燥につながることもあります。

そのほかにも、

  • 肌に刺激を与える服や寝具
  • エアコンによる空気の乾燥
  • 喫煙

などが、肌を乾燥させる原因として考えられます。

4.間違ったスキンケアで肌がカサカサに?

肌のうるおいを守ろうとしてスキンケアに取り組んでいても、それが間違った方法ではかえって肌のかさつきが悪化してしまうことも。スキンケアや化粧品で肌がカサついてしまう場合は、次のような原因が考えられます。

脱脂力の強い洗顔料
脱脂力の強い洗顔料は、肌にとって必要な皮脂まで取り去ってしまうため、乾燥の原因に。そうなると、肌はますます皮脂を分泌しようとするため、Tゾーンはべたつくのに頬はカサカサなど、アンバランスな状態になってしまうことも。
熱いお湯での洗顔
熱いお湯を使って洗顔することもまた、必要な皮脂まで洗い流してしまうことにつながるため、肌のかさつきをひどくしてしまうことがあります。
ゴシゴシ洗い
強い力を込めてゴシゴシと洗顔すると、肌を守っている角質がはがれ、うるおいをキープすることができなくなります。
アルコールの多い化粧水
化粧水には、肌の殺菌やひきしめを目的としてアルコールが配合されることがあります。このタイプの化粧水はすーっとした清涼感が特徴でもありますが、肌質に合わない場合は乾燥を引き起こすこともあります。
クリームなどを使用しない
テカリが気になる場合は、クリームや乳液などの油分を補うことを控えることもあるでしょう。しかし、油分を補わないと肌内部の水分が蒸発しやすくなり、乾燥が進んでしまうことがあります。

肌のかさつきの原因は、環境の変化や年齢、外部の刺激や間違ったスキンケアなど、実にさまざまです。肌質だけではなく、こうした原因に注目して、カサカサ肌を改善していくことが大切ですね。

悪魔

カサカサの原因って、こんなにあるんだ!

天使

全部を取り除くのは大変だけど、身近な原因から減らしていきたいわね

悪魔

よーし、まずはスキンケアから見直してみよう

5.肌のカサカサ、乾燥を予防するために

カサカサを放置しておくと、バリア機能の低下から、少しの刺激でも肌荒れが起こったり、ターンオーバーが乱れたりするため、乾燥が広がったり悪化したりするだけではなく、シミやくすみ、シワなどのトラブルも発生しやすい状態になります。

肌のかさつきを予防するためには、まず十分な保湿を心がけることが大切。肌に刺激を与えないように注意しながら、化粧水、乳液、クリームなどで十分に保湿をしましょう。洗顔後、入浴後は肌が乾燥しやすい状態ですので、できるだけ早くスキンケアにとりかかるのもポイントです。

また、洗顔はゴシゴシこすったり、熱いお湯を使ったりするのを避けて、優しく丁寧に行うことを心がけましょう。そのほかにも、十分な睡眠と栄養に気をつけて、健康的な肌をつくるための生活習慣を目指していくようにしましょう。

肌のカサカサまとめ

  • 肌のカサカサ=バリア機能の低下
  • 乾燥の原因は気温や湿度、加齢、生活習慣などさまざま
  • 間違ったスキンケアで肌がかさつくことも
  • 十分な保湿と正しいスキンケアでかさつきを予防!

多くの人が悩んでいる肌のカサカサ、乾燥。その原因は実にさまざまなところに潜んでいます。乾燥してかさつきが目立つ肌は、バリア機能が低下して刺激に弱くなり、その影響でシミ、シワ、くすみなどのトラブルも発生しやすくなります。

肌のカサカサの原因となるものをひとつでも多く遠ざけるとともに、正しいスキンケアを心がけ、しっとりとした健康的な肌をキープできるようにしていきましょう。

悪魔

肌がカサカサする原因はわかったけど、原因を取り除くだけで大丈夫かな?

天使

ひとまずそれでどうなるか、様子を見てみましょう!

悪魔

わかった!…でも実際に乾燥肌になったらどうすればいいんだろう…

天使

じゃあ今度は、具体的な乾燥肌の改善方法をレクチャーするわね!