悪魔

「悪魔ちゃん、顔色が悪いね。疲れているの?」って言われちゃった ちゃんとお手入れしているし、元気なのに~!

天使

確かにちょっと元気がなさそうに見えるかも… 悪魔ちゃん、マッサージはしている?

悪魔

してないよ? マッサージって肌に良くないって聞いたから

天使

血行改善が目的の正しいマッサージならした方がいいのよ 顔色がぱっと明るくなるマッサージを勉強しましょう!

「目の下のくまが消えない」
「顔色がどんよりくすんでいて、美白化粧品を使っても変化がない」

こんな風に感じたらあなたの顔はマッサージを必要としているかもしれません。

顔の血流が低下すると顔色が悪く見えたり、肌がくすんだりして老け顔の原因になってしまいますマッサージによって血流がよくなれば、美白ケアの結果も出やすくなります。美白のための正しいマッサージ方法を理解しておきましょう。

1.顔のマッサージが必要な理由

顔をマッサージする目的は血行とリンパの流れを改善すること。この2つの流れが滞ったとき、肌ではどんなことが起きているのでしょうか。

血行が低下すると、必要な酸素や栄養素が肌のすみずみにいきわたらなくなり、肌がくすんで顔色が悪くなります。目の周りの血行が低下すると、うっ血した部分が透けて見える青っぽいクマとなって現れることも。

また、リンパの流れが滞ると老廃物をうまく排出できなくなるため、古い角質が肌に残りやすくなります。肌がゴワついていたり、どんよりくすんだりしているのはリンパの流れが悪くなっているのかもしれません。メラニンを含んだ角質が排出されずに肌に残るとシミができやすくなることは皆さんもご存知ですよね。

では、なぜ血行やリンパの流れが低下するのか。原因を考えてみましょう。

  • スマホやパソコンの長時間使用
  • 冷えや運動不足
  • 睡眠不足

特に首や肩にコリを感じている方は要注意。コリを感じるというのは血行が悪くなっている証拠です。首や肩で血行が滞ると、それより上にある顔に酸素や栄養素がいきわたらなくなっている可能性があります。

パッと明るいトーンの垢抜け肌を目指すには、血行やリンパの流れをマッサージで改善するのがおすすめです。

2.血行とリンパの違いってなに?

美肌のためには血行とリンパの流れを改善させるのが有効ということが分かりました。でも、「リンパマッサージが肌にいいと聞いたことがあるけれどリンパってなに?」「血行とリンパってなにが違うの?」と思った方もいるかもしれませんね。

血行とは血液の流れのこと。血液は全身に張り巡らされた血管を通って、酸素や栄養素を体のすみずみに運びます。リンパも血管と同様、体中に張り巡らされたリンパ管を通って体中を流れている液体。リンパ液は体の細胞に栄養を届けたあと、老廃物や余分な水分、体に侵入してきた細菌などを排出する役割ももっているのです。

よく似たはたらきを持つように思える血液とリンパ液ですが、2つの違いはその流れ方にあります。血行は心臓がポンプの役割を果たしているため自動的に体中を循環していますが、リンパ液には自分で流れを作り出す機能がありません。リンパ液は筋肉の力によってゆっくりと運ばれていくか、マッサージなどで流してあげることでしか流れることができないのです。

耳のまわりや顎の下、鎖骨などにあるリンパ節を刺激して、顔のリンパの流れを促せば、肌の透明感に磨きをかけることができるでしょう。

悪魔

じゃあ「マッサージが肌によくない」っていう話はどういうことなの?

天使

間違った方法をすると良く無いのは確かよ 摩擦や強い刺激で肌に負担をかけてしまうのが理由ね

3.「マッサージは肌に良くない」は本当?

マッサージが美肌にいいという意見がある反面、顔のマッサージは肌によくない、シワの原因になるという声もよく聞きますよね。

確かに、強くこすったり、引っ張ったりするマッサージをすると、肌表面の角層の構造が破壊されて細かい傷がついたような状態になってしまいます。さらに強いマッサージを続けていると表皮が薄くなってしわができやすい肌になり、その結果たるみまで招くことになりかねません。

表皮が薄い肌というのは一見、キレイな肌にも見えますが、常に危険と隣合わせ。肌のバリア機能が低下するだけではなく、老けた印象を与えてしまいます。また、肌を摩擦することは色素沈着の原因になることも。たるみを防ぐ、小顔にするといった目的で肌を強くこするマッサージは避けるべきでしょう。

マッサージが肌に良くないというのは、間違ったマッサージ方法でお手入れしている人が多いという背景もあります。肌を間違った方向にマッサージすれば、それだけでしわやたるみができやすくなります。リンパの流れや顔の筋肉の構造も理解してマッサージをする必要があると言えるでしょう。

くすみの改善や美白ケアサポートのために行うソフトタッチのマッサージを正しい方法で行えば、肌にダメージを与えることもシワの原因になることもありません。

4.顔のマッサージで注意すべき点とは

肌のコンディションや肌質によってはマッサージを避けた方がいいケースがあります。肌が乾燥しているときにマッサージをすると、肌表面の角層を傷つけ、肌のバリア機能を低下させてしまうことに。

敏感肌の方が無理にマッサージを行うのも禁物です。顔のマッサージは肌の状態がよくなってからトライしましょう。

タイミングとしては、お風呂上がりなど血行が良くなっている状態で行うのがベスト。お風呂の後はリラックスしているので、マッサージの効果も出やすくなります。

また、マッサージを行うときは摩擦を最小限に抑えるために、オイルやクリームなどで指のすべりを良くしておくのがコツです。ただし、クレンジングクリームやオイルクレンジングを使って、クレンジングしながらマッサージするのはNG。肌に汚れを押し込んでしまうことになるので、やめしょう。

マッサージで美肌になるためには、正しい方法でマッサージをすることが大切。むやみに力を入れたり、肌を摩擦しすぎると、ダメージを与えてしまうので気をつけてください。

正しい方法で行えば、普段、使用している化粧品の効果を高めてくれることも。週に1、2回を目安にマッサージを習慣にすれば、イキイキとした美肌に近づけますよ。

悪魔

正しい方法でマッサージすれば、肌がよりキレイになるんだね

天使

そうなの 正しい方法といってもやり方はいくつもあるけれど、ここでは基本的な方法を紹介するわね

5.美白のための正しいマッサージ方法

正しいマッサージの基本的な方法を紹介しましょう。リンパの位置を意識して行うのがポイントです。

まずはマッサージ用クリームや普段、使用しているクリーム、オイルなどを手に取ります。クリームならさくらんぼ2つ分くらいの量が目安。オイルなら500円玉くらいの量を手に取って、まずは両手で温めます。

清潔な肌全体に伸ばしていきます。指は中指と薬指の2本を使うと余計な力がかかりません。顔の中央から外側に軽く指をすべらせるような感覚で行います。

  • リンパのあるあごの下から耳の下へかけて軽く引き上げるようにマッサージ。(このプロセスだけ親指を使ってもいいでしょう)
  • 口角から耳の前へ
  • 小鼻の両脇からこめかみにむかって
  • 額の中心からこめかみにかけて滑らせるように指を下ろします

このプロセスを3回繰り返しましょう。香りのいいものなら、顔全体に伸ばしたあと、両手で鼻と口を覆うようにして鼻から香りを吸い込むことでリラックス効果が得られます。

①目の周りのマッサージ
デリケートな目元は薬指を使うのがポイント。指の腹をつかって、上の眉頭の下から上まぶたを通って下まぶた、目頭まで円を描くように軽くすべらせます。5回繰り返しましょう。眉頭の下や黒目の真下、目頭などにあるツボを軽くプッシュするのもおすすめです。
②鼻のマッサージ
小鼻の両脇を中指で優しくクルクルと円を描くようにマッサージ。5回繰り返したあと、鼻筋を通って眉間まで引き上げます。この動きも5回繰り返しましょう。
③口元のマッサージ
中指と薬指で唇の下の凹んだ部分から、鼻の下まで円を描くように軽くマッサージ。5回繰り返します。
④頬のマッサージ
中指と薬指を使って、内側から外側に向かって円を描くにして5回マッサージしましょう。
⑤おでこのマッサージ
中央部分からこめかみにむかって流すようにマッサージします。髪の生え際中央からこめかみ、額の真ん中らこめかみにかけて、眉間の上からこめかみにかけて2回ずつ流すように。最後に軽くこめかみをプッシュします。
⑥リンパを流すマッサージ
最後に顔のリンパを流す動きをプラスします。両耳の裏のくぼんでいるところから鎖骨に向かってなでおろすようにしてマッサージします。5回繰り返して最後に両手4本の指を鎖骨のくぼみに差し込むようにしてプッシュして終了です。

6.美顔&美白のために!マッサージアイテムの選び方

マッサージを行うためには、クリームやオイルなど普段、使っているアイテムを使用してもOK。よりマッサージしやすいテクスチャーやリラックス効果が得られる香りにこだわった専用のマッサージクリームやジェル、オイルなどを使うのもおすすめです。

マッサージ専用アイテムは以下のようにいろいろなタイプがあります。なりたい肌や好みの使用感、季節などに合わせて選んでみるといいでしょう。

  • 最後にふき取るクリームタイプ。しっとりした仕上がり
  • そのまま浸透させてOKのジェル、オイルタイプ。
  • ジェルならみずみずしい仕上がり、オイルなら艶やかな仕上がりに
  • 美容液とマッサージ機能を兼ね備えたタイプ

マッサージアイテムと相性がいいのは美白成分です。血行が促進されることによって肌が明るくなったところへ美白成分をたっぷり肌に与えれば、内側から発光するような美肌になれるはず。

「美白化粧品を使ってもいまいち変化がない」という方は、是非、普段のお手入れにマッサージをプラスしてみてください。

悪魔

血行が良くなったところに美白成分をたっぷりしみこませる…肌によさそう!

天使

でしょ?悪魔ちゃんもぜひ試してみて

美肌とマッサージ・まとめ

  • マッサージの目的は血行とリンパの流れ改善
  • 正しい方法でマッサージすれば、顔色がよくなって肌のトーンもアップ
  • 強すぎるマッサージは肌にダメージを与えるのでNG
  • リンパの位置を意識して正しいマッサージを

マッサージは優しいタッチで正しく行えば、肌にダメージを与えることもありません。血行とリンパの流れを改善すれば、肌がぱっと明るくなってくすみも改善されますよ!

悪魔

いままでマッサージは肌に悪いと思ってたけど、ソンしてたかも…

天使

今からでも大丈夫! 長時間マッサージする必要はないから、普段のお手入れにプラスしてみてね

悪魔

じゃあ、これから毎日マッサージしちゃおっかなー?

天使

悪魔ちゃん!マッサージは週に1、2回が目安だからね…