悪魔

そばかすってどうしてできちゃうんだろう?

天使

そばかすには遺伝が関係しているのよ

悪魔

遺伝?そういえば、そばかすがある人は色白の人が多いかも

天使

そしてもちろん、紫外線もそばかすの原因になるの

悪魔

肌トラブルっていつも紫外線のせいじゃない!?

いつの間にかポツポツできている、そばかす(雀卵斑)は、なかなか消えない女性の悩みのタネ。年々濃くなったり増えたりしているように感じることもありますよね。女のそばかすはチャームポイントと見てもらえることもありますが、それは若いうちの話。年齢を重ねると、やはり気になってしまうものです。

そばかすができてしまう原因は、どこにあるのでしょうか?遺伝とも関係があると言われるそばかすの基礎知識と原因について、ここでお伝えしていきましょう。

1.そばかす(雀卵斑)って何?

そばかす(雀卵斑)とは、主に顔にできる点状のシミです。顔全体に出ることもあれば、頬、目の下、鼻といった部分に目立つこともあります。紫外線による影響でできるシミとは少し違い、大きさは1〜4mm程度。三角や四角の、境目のはっきりした小さな点々が散らばるようにできるのが特徴です。

顔にできるそばかすは、メイクなどで隠しきれないことが多いため、女性にとっては悩みの種となりやすいものですが、そばかすは顔だけではなく、手や腕、背中などに発生することもあります。

2.そばかすと遺伝の関係とは?

そばかすには、小さな頃から発生するものと、大人になってから発生するものの2つがあります。

このうち、2〜3歳という幼児の頃からあらわれ始める先天性のそばかすは、遺伝的な原因が大きいと考えられています。これは、そばかす自体が遺伝するのではなく、そばかすが作られやすい体質や肌質が遺伝するということ。一般的には色白の人ほどそばかすができやすいことが知られています。

幼児期からあらわれる先天性のそばかすは、思春期にかけて目立ってきますが、大人になるとともに自然に消えることもあると言われています。

悪魔

そばかすって遺伝が関係してるのか~ 自然に消えるならラッキーだね!

天使

でも、そばかすは大人になってからできることもあるのよ 気をつけないと先天性のそばかすが濃くなることもあるの

3.大人になってからできるそばかす

そばかすには、大人になってからできる後天性のものもあります。大人になってからのそばかすは、多くが紫外線を浴びたことによって発生するため、雀卵斑とよばれるシミの一種に分類されています。

そばかすも、シミと同じように紫外線によって作られたメラニンが肌に蓄積し、ターンオーバーによって排出されずにそのまま残ってしまうことが原因であらわれますが、それには、そばかすができやすい体質という遺伝的な原因も関係しています。

また、先天性と見られるそばかすが大人になっても自然に消えず、濃くなってしまう場合もあります。

4.そばかすが濃くなる?増える?その原因とは

一度できたそばかすは消えないと思われがちですが、先天性のそばかすのように時間の経過とともに自然に消えることもあります。しかし、大人になってからできたそばかすは消えないどころか、季節によって濃くなったように感じたり、増えたりすることもあります。

そばかすが濃くなったり増えたりする原因としては、次のようなものが考えられます。

紫外線
そばかすがある部分に紫外線を浴びると、そばかすがさらに濃くなることがあります。もちろん、紫外線が原因で新たなそばかすができることも。先天性であっても後天性であっても、紫外線はそばかすに大きな影響を与えるため、そばかすの予防や改善には紫外線を防ぐことがとても重要です。
肌への刺激
そばかすの原因となるメラニンは、本来肌を守るために発生するもの。そのため、紫外線の影響だけではなく、摩擦などの刺激によって濃くなることがあります。肌をこするような洗顔やマッサージなどは、そばかすを悪化させてしまう原因となります。
生活習慣の乱れ、ストレス
不規則な生活、睡眠不足、ストレスは、肌のターンオーバーを乱す大きな原因。こうしたことで、メラニンを含む古い角質が肌に残ったままになると、そばかすができやすく、また色も濃くなることがあります。できる限り規則正しい生活を送り、ストレスをためないことを心がけたいですね。

そばかすには、先天性のものと後天性のものがあり、どちらも遺伝的な原因と関係していると言われますが、紫外線の影響を大きく受けることで発生し、また色が濃くなったり増えたりすることもあります。

そばかすは、肌への刺激やターンオーバーを乱す不規則な生活、ストレスなどによっても悪化することがありますので、そばかすの予防と改善を進める上では、紫外線対策とともに日常生活に気を配ることも大切です。

悪魔

そばかすっていろいろな原因で悪化しちゃうんだ! 気をつけなくちゃ!

天使

体質も関係あるとはいえ、そばかすの予防や改善はしっかりしていきたいわね

5.そばかすができやすい部分はどこ?

そばかすは、顔だけでなく手や腕、背中などにもあらわれるものですが、特に顔には紫外線の影響によってそばかすができやすく、目立ちやすいと考えられます。

顔のそばかすは、主に鼻や頬を中心として発生することが多いものです。これは、顔の中でも高さがある鼻、頬骨といった部分は紫外線にさらされやすいことが原因であると言えるでしょう。

また、目の下は特に皮膚が薄く、紫外線や摩擦などの刺激をダイレクトに受けやすい部分。そのため、メラニンが発生、蓄積してそばかすができたり、濃くなったりしやすいと言えます。

顔にできるそばかすには、美白化粧品を使用してスキンケアをすすめることも有効です。そばかすもシミと同様に、メラニンが蓄積し、排出が滞ることで発生したり悪化したりしますので、美白成分が含まれる化粧品でメラニンを抑制して、予防と対策に役立てましょう。

悪魔

そばかす予防にも美白化粧品は使えるんだね

天使

いつのまにかそばかすが増えてるってことにならないように、早めに対策をしたいわね

そばかすまとめ

  • そばかすの原因は、そばかすができやすい体質の遺伝と紫外線
  • そばかすには先天性のものと後天性のものがある
  • 先天性のそばかすは自然き消えることがある
  • そばかすは紫外線や肌への刺激、ターンオーバーの乱れで濃くなったり増えたりすることがある

そばかすは、顔の中でも鼻、頬、目の下などにあらわれやすい点状の小さなシミの集団です。先天性のものと後天性のものがあり、遺伝的な要因だけでなく、紫外線の影響を大きく受けて発生します。

そばかすは自然に消えることもありますが、適切なケアをしなければ悪化して濃くなったり増えたりすることもあります。紫外線対策や正しいスキンケア、生活習慣の改善に気をつけるとともに美白化粧品を積極的に取り入れて、予防・対策を心がけましょう。

天使

そばかすの原因については、わかったかしら?

悪魔

うん!でも、一度できたそばかすって消えるの?

天使

根気よくケアすれば、薄くしたり目立たなくしたりすることもできるかもしれないわよ

悪魔

よ〜し、頑張ってスキンケアしてみよう!