悪魔

そばかすって遺伝性のものだから、消えないんだよね!?

天使

う~んそうね、化粧品で消すのは難しいと言われているわ

悪魔

じゃあ、特にお手入れは必要ないってことだね~意味無いし

天使

悪魔ちゃん!!そばかすはお手入れしないと悪化することもあるのよ

鼻のまわりにうっすらと浮かぶ、茶色いシミのようなそばかす。遺伝性のものが多く、家庭でのお手入れで解消するのは難しいと言われていますが、なにもお手入れせずにいると悪化させてしまうこともあります。

完全に消すことは難しくても、日頃のお手入れでそばかすを薄くすることは不可能ではありません。ここでは鼻のそばかすができる原因と、毎日のお手入れについて詳しく紹介していきます。

鼻にそばかすができる原因とは?

あなたの周りにも、子どものころそばかすがある友達がいませんでしたか?そばかすはシミと違って子どもにも現れるもの。普通のシミとはメカニズムが違うので、まずは原因を理解しておく必要があります。

そばかすの原因はこのような先天性のそばかすと、大人になってからできる後天性のそばかすの2つが考えられます。

先天性のそばかすとは

そばかすができる原因

遺伝的な理由で現れる先天性のそばかす。そばかすができる原因は紫外線の影響を受けメラニンを作り出すメラノサイトが活性しやすい体質が遺伝しているという点にあります。

欧米でもそばかすがある人は特に肌の色が白い人が多いですよね。これも、そばかすができやすい体質や紫外線の影響をより受けやすい白い肌の色が遺伝することで、そばかすが現れるのです。

両親や祖父母にそばかすのある人がいる場合、そばかすができやすい家系ということに。ただし先天性のそばかすは思春期を過ぎて、大人になる過程で消えることも少なくありません。

鼻のまわりにそばかすができやすいのはなぜ?

先手性のそばかすは、鼻や背中、デコルテ、手の甲など紫外線に当たりやすい場所にできます。顔の場合、鼻は他の部分よりも高くなっているので、鼻のまわりにそばかすができやすいように感じるのでしょう。

後天性のそばかすとは

大人になってからもそばかすができることがあります。また、先天性のそばかすでも人によっては大人になっても消えないことも。

後天性のそばかすができる理由はシミとほぼ同じです。紫外線を浴び続けたり、摩擦による刺激を加えることで、メラノサイトが刺激を受けて、メラニンを作り出し肌を守ろうとします。

ゴシゴシこするクレンジングや力を入れたマッサージなどの刺激もNG。鼻や鼻の周りは皮脂腺が多いので、ついつい力をいれてしまいがちですが、このような間違ったお手入れも、そばかすをできやすくしてしまいます。

大人になってからできるそばかすは紫外線や摩擦の他、ホルモンバランスの変化によってできることもあります。妊娠中にそばかすが濃くなる、または新たにそばかすができるという人も。

ホルモンバランスはストレスや不規則な生活などによっても乱れるあるため、後天的なそばかすができるきっかけは人それぞれ違うともいえるのです。

鼻にできるそばかすは先天性のものと後天性のものがあります。

いずれの場合も、紫外線や摩擦などの刺激によって悪化することも。

「先天性のものだからお手入れしない」というのはNGです!

悪魔

そばかすも紫外線で悪化することがあるんだね

天使

そうなの……シミと同じように鼻のそばかすもケアしてあげる必要があるわ

鼻のそばかすを消す方法

先天性のそばかすが大人になってからも消えない…という場合、化粧品などのお手入れで完全に消すことはできません。また、大人になってからのそばかすは先天性のものよりも消えにくいと言えるでしょう。

そばかすを完全に消したいと考えたら、一般的には美容外科での施術に頼るしかありません。主な施術方法には以下のようなものがあります。

レーザー治療
Qスイッチヤグレーザー、レーザートーニングなど
光治療
フォトシルク、アキュチップ、ライムライトなど

ただし、こうした施術はダウンタイムといってそばかすがいったん濃くなる期間があります。また、人によっては効果がないこともありますし、肝斑が混在していた場合、悪化してしまうことも考えられます。

美容外科での施術は費用も数万円単位。そばかすを消す場合、何度か施術を繰り返す必要がある場合も、多いようです。

日頃のお手入れでそばかすを薄くする方法

美白化粧品を使ったお手入れ

美白化粧品はほとんどが「しみ、そばかすを防ぐ」ためのもの。しみだけではなく、そばかすのケアにも使うことができます。

そばかすの改善に効果が期待できるのはビタミンC誘導体、アルブチン、ハイドロキノン、トラネキサム酸など。メラニンを作り出すメラノサイトのはたらきを抑える成分と、メラニンを無色化する成分の2つを合わせて使用するのがおすすめ。化粧水、美容液、クリームと美白化粧品をライン使いすることでそばかすを薄くする効果が期待できます。

ハイドロキノンはトレチノインと合わせて使うとより高い効果が期待できますが、高濃度のものは美容皮膚科でないと処方してもらえません。ハイドロキノンは刺激が強く、肌が白ぬけしてしまうこともあるので慎重に使いたい成分です。

紫外線を防止する

鼻のそばかすを濃くしないためには、紫外線対策も重要です。皮脂腺が多く、汗をかきやすい鼻は特に日焼け止めが落ちやすいパーツ。2~3時間おきにこまめに日焼け止めを塗り直すのを忘れないようにしてください。

紫外線は日焼け止めだけでは完全に防ぐことはできません。日傘や帽子などで紫外線を遮ったり、サングラスをかけたりして、目から入る紫外線を防御することも大切です。

また、最近は体の中から紫外線のダメージを防ぐ飲む日焼け止めも登場しています。こまめに日焼け止めを塗り直すのが難しい場合は是非、利用してみましょう。

美白サプリメントや内服薬

ビタミンCやコエンザイムといった抗酸化作用と美白作用のある成分やトラネキサム酸、L-システインなどの成分を配合した美白効果のあるサプリメントや内服薬も効果的です。体のなかからメラノサイトの活性を抑え、メラニンを還元することでより、透明感のある肌に近づくことができます。

ホルモンバランスの乱れを防ぐ

ホルモンバランスが乱れるとそばかすが濃くなってしまいます。妊娠や生理などによるホルモンバランスの変化は避けようがありませんが、ストレスや不規則な生活などによる変調は防ぐことができるはず。

ストレスはためずに気分転換の方法を見つけておく、ストレスの原因になることから一時的にでも離れられる環境と時間を作るなどの努力や工夫は仕事や育児、家事を頑張るのと同じくらい大切なことです。

妊娠中や生理中、ストレスを感じているときや体調の悪いときなどは紫外線の影響によるダメージも出やすくなるので、紫外線対策をしっかりすることも忘れないでくださいね。

鼻にそばかすができる原因のまとめ

  • そばかすは先天性のものと後天性のものがある
  • 家族にそばかすがある人は、そばかすができやすい体質であることも
  • 先天性のものでも、紫外線や摩擦で悪化することがある
  • 美白化粧品を使ったケアや日焼け止めの使用はマスト!

鼻のそばかすができる原因がお分かりいただけたでしょうか?そばかすも、シミと同様、紫外線防止と美白化粧品で地道にケアすることが大切。美白化粧品とサプリメントなどの併用でそばかすが薄くなったという人もいるので、頑張ってお手入れを続けてみてくださいね。

悪魔

でも大人になってからできる、そばかすとシミって見分けがつかなくない?

天使

お手入れ方法は同じでいいのよ!紫外線防止と美白で、そばかすも薄くすることは不可能じゃないわ

悪魔

先天性だと諦めがちだけど、お手入れする価値はありそうだね!

天使

その通り!諦めずにケアをしていきましょうね