悪魔

かんぱんって、よく聞くけどどんなものなの?

天使

肝斑(かんぱん)は、頬の両側にできるモヤっとしたシミのことよ

悪魔

普通のシミとは違うの?私のこれはどっちなんだろう…

天使

肝斑には一般的なシミとは違った原因があるの

肝斑(かんぱん)とは、顔、主に目の下や頬に発生するシミの一種。紫外線が原因で発生する一般的なシミとは原因や対処法が違っていたり、それなのに見分け方が難しく、自己判断がしにくかったりする厄介なものです。

最近では、この肝斑に悩んでいる女性も少なくありません。肝斑とは一体どのようなもので、何が原因となって発生するのでしょうか?ここで肝斑についての基本的な知識をご一緒に学んでみましょう。

1.肝斑ってどんなもの?

肝斑は、その多くが30代〜40代の女性に見られ、両側の頬に左右対称に広がり、輪郭がぼやけているのが大きな特徴だと言われています。特に、目の下や頬骨のあたりにぼんやりとあらわれることが多く、まれに、額や口の周りなどにも見られることがあります。

肝斑は、ぱっと見ただけではシミやくすみなどと区別がつきにくいものです。鏡を見て、頬などにモヤっとした色の濃い部分があっても、自分ですぐに肝斑だ!と判断できる方はおそらくいないでしょう。

肝斑は、一般的なシミとは発生する原因も対処法も違うため、正確な判断と正しいケアが大切だと言われています。

2.肝斑の原因とは

肝斑は、一般的なシミとは少し違った原因で発生します。その原因は、女性ホルモンの変動だと考えられています。

女性は、30代半ば頃から徐々に女性ホルモンの分泌量が減り始めます。肝斑もちょうどその時期から発生することが多いと言われています。また、肝斑があらわれるのは、更年期にあたる50代後半くらいまでの女性であり、その後はあまり症状が見られません。

また、妊娠中やビル(経口避妊薬)の服用中にも肝斑が見られることが多いため、肝斑は女性ホルモンと大きな関わりがあることが指摘されているのです。

もちろん、肝斑の原因は女性ホルモンだけではありません。肝斑は、紫外線の影響や肌に刺激を与えるような間違ったスキンケアなどによって悪化し、濃くなったり目立ったりすることもあります。

悪魔

へ~!肝斑は女性ホルモンが原因でできるもののことなのね!

天使

それに、普通のシミと違う特徴もあるのよ

3.肝斑と普通のシミ、どう違うの?!

肝斑は、日焼けや炎症によって発生するシミとは少し違った特徴を持っています。一般的なシミと、肝斑との違いをわかりやすくまとめてみましょう。

none 一般的なシミ、そばかす 肝斑
原因

紫外線によるダメージの蓄積

炎症後の色素沈着

そばかすの場合は遺伝も関係あり

女性ホルモンの乱れ

妊娠中、ビルの服用中にも見られる

紫外線に当たっていなくても発生する

発生する部位

顔だけでなく、手足、背中、デコルテなどあらゆる場所に発生する

顔の中では、頬、目の周囲、鼻の上などに多く見られる

頬骨を中心に左右対称に発生する

主に目の下を縁取るようにあらわれる

額の中央、口の周りに見られることもある

形状・色

薄い茶色〜濃い褐色

円形や楕円形であることが多く、正常な肌との境界がややハッキリしている

淡い褐色で、灰色がかって見えることもある

人によって小さな扇のように広がった形や、筆で描いたような形などさまざま

輪郭がぼんやりとしていて、肌との境界があいまい

年齢との関係

20代など若いうちに発生することもある(先天性のそばかすは幼少期から見られる)

年齢を重ねると濃くなったり増えたりすることが多い

30〜40代の女性に多い

閉経後は肝斑の症状が緩和し、薄くなることもある

このように、肝斑は通常のシミとは違った特徴を持っています。しかし、肝斑と同時に紫外線によるシミやそばかすが発生していることも多く、鏡をみただけではそれが日焼けによるシミなのか肝斑なのかを見分けることが難しいケースも多いもの。

また、一般的にシミに効果的だとされるレーザー治療ではかえって悪化することがあると言われていますので、自己判断が難しい場合は、専門医などに診断してもらうことが必要です。

肝斑は、紫外線によってできるシミやそばかす、炎症後の色素沈着によるシミとは違って、女性ホルモンの乱れや変動が原因で発生すると言われています。また、その色や形もシミとは違う特徴を持っています。

原因も違えば対処法も違ってきますので、一般的なシミと肝斑の違いをよく知り、それに合わせた予防や対策を取る必要があります。

悪魔

肝斑を予防って、一体どうすればいいの?

天使

シミ予防にはやっぱり紫外線対策が重要よ! それにプラスして、肝斑を防ぐために大切なポイントもあるの

4.肝斑をつくらないために

一般的なシミとは違う原因で発生する肝斑ですが、肝斑を防ぐためのポイントは、日焼けによるシミ、そばかすの予防法と共通する部分もあります。次のようなことに気をつけて、肝斑、そして日焼けによるシミ、そばかすを徹底的に予防しましょう。

紫外線対策はしっかりと
全てのシミ予防に大切なのが、紫外線対策。肝斑が発生する直接の原因は紫外線ではありませんが、肝斑は紫外線を浴びることで症状が悪化します。これ以上肝斑を濃くしないためにも、紫外線対策はしっかりとしておきましょう。
肌への刺激を避ける
間違ったスキンケア、力を入れたマッサージ、タオルでの摩擦なども、肝斑を悪化させる原因。通常のシミ予防と同様に、肌への刺激は避けて、適切なスキンケアを行うようにしましょう。
ストレスをためない
肝斑の原因は、女性ホルモンの乱れ。女性ホルモンのバランスは、精神的なストレスがたまることで一層崩れやすくなります。日頃の生活でストレスをためないこと、そしてストレスを上手に解消することを心がけましょう。
生活習慣をととのえる
睡眠不足や不規則な食事、栄養バランスの偏りも、女性ホルモンのバランスを乱す原因です。十分な休息や睡眠を取るとともに、食事の内容にも気を配ってみましょう。
天使

肝斑と普通のシミ、原因は違っても予防や対策は共通するところが多いのよ

悪魔

よーし!肝斑も普通のシミもしっかり防いで美白を目指すぞ〜

肝斑まとめ

  • 肝斑は左右対称に広がるモヤっとしたシミの一種
  • 肝斑の原因は女性ホルモンの乱れ
  • 30代〜50代の女性に見られ、閉経後は薄くなることも
  • 肝斑は紫外線や肌への刺激で悪化する

頬の両側にぼんやりとしたシミのようなものが広がっていたら、それは肝斑かもしれません。肝斑は、一般的な日焼けによるシミとは違い、女性ホルモンの乱れが原因となって発生するシミです。色や形、あらわれ方に肝斑ならではの特徴がありますが、シミとの見分け方が難しいこともあります。

肝斑を予防するためには、通常のシミ対策と同じく、紫外線対策が第一。紫外線を浴びたり、肌に刺激を与えたりすることで肝斑は悪化することが知られています。また、女性ホルモンを乱すストレスや不摂生なども、肝斑の間接的な原因となることがあります。

日常生活の中で、紫外線対策、正しいスキンケアとともに、ストレス解消や規則正しい生活にも気を配っていきたいですね。

悪魔

肝斑が日焼けによるシミとは違うことがよくわかったよ!

天使

一般的なシミとは違うから、肝斑ならではの対処をしないと悪化してしまうこともあるから気を付けてね

悪魔

ひえ〜、じゃあ次は肝斑を消す正しい方法を教えて!