悪魔

目の周りってどうしてシワとかたるみが起こりやすいんだろう…

天使

皮膚が薄いっていうのもあるけど 骨に支えられていないからね……

悪魔

ん?どういうこと?

天使

目元のたるみがどうやって起こるかしっかり説明するわね!

顔の中でもエイジングサインが現れやすい目元。目元がたるみはじめると、顔の印象は大きく変わり、見た目年齢も上がってしまいます。

目元のたるみは加齢によるものが大きな原因ですが、最近は若い人でも目の下がたるんでいることがあります。

ここではまぶたのたるみや目の下のたるみが起こる原因と予防策について詳しく説明していきます。

目の下のたるみが起こる原因

目の下のたるみは大きく分けて3つの種類があります。

  • 目の下がくぼんだたるみ
  • 目の下がふくらんだたるみ
  • 皮膚自体のたるみ

ひとつひとつ見ていきましょう。

目の下がくぼんだたるみ

年齢を重ねるにつれ、頬の脂肪は下へ下がっていきます。すると目の下の脂肪もひっぱられてボリュームを失い、目の下がへこんだように見えることがあります。くぼんだ部分が青っぽくクマのように見えることも。

目の下がふくらんだたるみ

年齢とともに眼球の位置が下がってくると、眼球の下にある眼窩脂肪(がんかしぼう)が眼球によって前の方へ押し出され、ふくらんで見えるようになります。眼窩脂肪の量は個人差がありますが、目が大きい人は特にこのタイプのたるみが起こりやすいようです。

目の下のくぼんだたるみとふくらんだたるみは同時に起こるケースもあります。

皮膚自体のたるみ

くぼんだたるみとふくらんだたるみは肌の内部で起きている変化が原因ですが、皮膚自体が衰えてたるみ、小じわがよることもあります。これは眼窩脂肪のゆるみや目の周りにある筋肉、眼輪筋(がんりんきん)が衰えてくるのが原因。

顔の骨がスカスカになると肌のたるみにつながるとも言われていますが、もともと眼窩は骨に支えられていない部分なのでゆるみやすいパーツなのです。

スマホやパソコンの見過ぎもたるみの原因に

また、最近はスマホやパソコンの画面の見過ぎによってまばたきが減り、目の周りの血行低下や眼輪筋の衰えなどを招いて、目の下のたるみが起こるというケースも。これは若い人でも起こる可能性があるたるみです。眼精疲労を感じている人は特に注意してくださいね。

上まぶたの「たるみ」や「くぼみ」が起こる原因

上まぶたがたるんだり、くぼみができたりすると、目元の見た目年齢は一気にあがってしまいます。顔の印象を左右するパーツだけに、できるだけハリを保ちたいもの。では、どんな原因でまぶたのたるみやへこみが起こるのでしょうか。

まぶたの脂肪のゆるみ

一重まぶたや目元が腫れぼったい方は、まぶたの脂肪が多いタイプ。年齢を重ねるにつれて脂肪がゆるむとまぶたがたるんできます。脂肪がたるむと目の上がくぼんだように見えることに。また、脂肪が覆いかぶさって目が小さく見えることもあります。

皮膚のゆるみ

まぶたの薄い皮膚がたるむことでも、まぶたにくぼみができます。二重の幅が狭くなったり、目が明けづらいと感じるようになります。皮膚のたるみが悪化すると、まぶたに横じわができる場合もあります。

眼瞼下垂(がんけんかすい)によるもの

上まぶたを持ち上げる筋肉である眼瞼挙筋(がんけんきょきん)は年齢とともに衰えてきます。また、体質によってはもともと眼瞼挙筋の力が弱くまぶたをしっかり開けられていない人もいます。この症状を眼瞼下垂(がんけんかすい)と呼んでいます。

眼瞼下垂が起こると、まぶたがたるんで眠そうな顔に見えるだけではなく、おでこの力で目を開けようとするため、おでこにしわがよったり、頭痛や肩こりといった症状に悩まされることもあります。

目元のたるみはしわよりもはるか深刻なエイジングサイン。

老け顔、お疲れ顔に見せる原因になりますが、徐々に進行するため、たるみに気づきにくいという特徴があります。

たるみが起きていないうちから予防ケアをすることが大切と言えるでしょう。

悪魔

たるみはまだそんなに実感がないけど…

天使

お手入れを始めるなら今!でしょ!

目元のたるみを防ぐ方法とは

年齢とともに目元がたるむのはしかたないと思っていませんか?確かに、加齢によるたるみを完全に抑えることはできませんが、たるみが起こるのを遅らせることは可能です。たるみを予防するお手入れのポイントを覚えておきましょう。

保湿ケアはマスト!

目元の皮膚は顔のなかでも特に薄いパーツ。保湿機能とバリア機能をもつ肌表面の角層も薄いため、乾燥しやすくダメージを受けやすいと言えます。化粧水でのていねいな保湿はもちろんのこと、アイクリームを使った保湿も忘れないようにしましょう。

さわるときは力を入れない、こすらない!

目元の肌はとてもデリケート。洗顔やお手入れの際に力を入れすぎると、しわがよったり、たるみやすくなったりします。目元の肌に摩擦は厳禁!覚えておいてくださいね。

アイメイクを落とすときにコットンでゴシゴシこする、アイクリームを力まかせにすりこむといった行為は厳禁。目元がかゆいときも、できるだけこすらないようにしましょう。アイクリームを塗るときは力が入らない薬指を使ってそっと塗るのがおすすめです。

紫外線を浴びない

紫外線はたるみやしわなどあらゆるエイジングサインの原因になります。目元はよく動くので、日焼け止めを塗っても落ちやすいパーツ。外出先では、こまめにUVカットファンデなどでカバーするかサングラスをかけるなどして紫外線があたらないするとよいでしょう。

眼輪筋を鍛える目元のストレッチを習慣に

骨に支えられていない目元の皮膚をたるませないようにするには、眼輪筋の衰えを防ぐ必要があります。1日に何度か以下のような眼輪筋のストレッチを繰り返してみましょう。眼精疲労の予防にもつながりますよ!

  • 目をぎゅっと力を入れて閉じて5秒、パッと目を見開くように思い切りあけて5秒。この動きを3回繰り返しましょう。
  • 目を開けて、8の字を描くように視線を動かします。右回りに3回、左回りに3回繰り返しましょう。

まぶたや目元・目の下のたるみの原因とは? まとめ

  • 頬のたるみによって目の脂肪が下がる
  • 加齢によって眼球が下がり眼窩脂肪が前に押し出される
  • 皮膚自体のたるみ
  • 上まぶたのくぼみは脂肪のたるみや眼瞼挙筋の衰え

目の周りのたるみはこのようなな原因がいくつか重なって起こるもの。

たるみが気になるようになる前にケアをするのがベストですが、保湿とアンチエイジング成分が配合されたアイクリームなどで、ていねいにお手入れすればたるみも目立たなくなりますよ。

悪魔

目の下のクマも実はたるみが原因ってこともあるのかもね

天使

その通り!目力をキープするためにもはやめにお手入れを始めるべきなの

悪魔

アイクリームはまだいらないかと思ってたけど……

天使

たるみ予防のためには今すぐにでも初めるのがベスト!