天使

悪魔ちゃん、顔のシミの原因って知ってる?

悪魔

うーん、やっぱり紫外線かな

天使

そう!でも顔にできるシミには紫外線以外の原因もあるのよ

悪魔

えー!紫外線だけじゃないの?

頬や目の下などに茶色っぽくできてしまったシミ。顔のシミが目立ってくると、メイクで完全に隠すことが難しくなることもあり、鏡を見るのも憂鬱ですよね。

シミと聞くと、私たちはまず日焼けによるものを思い浮かべますが、多くの女性を悩ませる顔のシミには、日焼けによるシミのほかにも、いくつかの種類があります。ここでは、そんな顔のシミの種類と原因について、わかりやすくお伝えします。

1.顔のシミにはどんな種類があるの?

顔に出来たシミを見つけると、真っ先に「日焼けしたからだ!」と考える方は多いでしょう。一般的にシミと呼ばれているものは、紫外線によってできる老人性色素斑と呼ばれるもの。シミ予防には紫外線対策が何をおいても重要だと言われるのは、それがひとつの理由です。

しかし、シミには紫外線以外の原因でできるものもあります。顔にできるシミには、大きく分けて

  • 老人性色素斑
  • 炎症性色素沈着
  • 肝斑

という種類があり、この中には紫外線以外の原因でできるシミもあります。

また、シミだけではなくそばかす(雀卵斑)があらわれることもありますし、シミがイボのようになったり、シミの部分が盛り上がったりすることも稀にあり、人によってシミの症状や悩みはさまざまにあらわれるのです。

2.顔に出来たシミの原因は?

さまざまな種類がある顔のシミですが、その原因はそれぞれ違います。顔のシミの原因となるものを、シミの種類ごとに取り上げてみましょう。

老人性色素斑
いわゆるシミは、紫外線が原因でできる老人性色素斑のこと。紫外線を浴びることによって肌の内部で増加したメラニンが、排出されないまま残ってしまうと、肌表面に色素沈着を起こしてその部分がシミとなります。
年齢が若く、ターンオーバーが正常にはたらいている場合は、メラニンを含む角質は定期的にはがれ落ちるためにシミになりにくいのですが、代謝が低下し、ターンオーバーが乱れてくる30代頃から、メラニンの排出がうまくいかなくなり、シミが増えたり濃くなったりすることが多くあります。
炎症性色素沈着
ニキビや虫さされ、傷などで肌が炎症を起こした時にも、メラニンが増加します。炎症がおさまった後、そこに色素が沈着すると、ニキビ跡や傷跡がシミとなります。
このような炎症性色素沈着は、ターンオーバーとともに自然に目立たなくなることも多いのですが、ターンオーバーの乱れ、紫外線の影響、肌に刺激を与える間違ったスキンケアなどが原因で改善が進まないことがあります。
肝斑
肝斑は、女性ホルモンの変動が原因で発生するシミです。女性ホルモンが減少し始める30代後半から50代の女性に見られることが多く、またホルモンバランスが大幅に変化する妊娠中やピルの服用中にも見られます。
肝斑の原因は紫外線とは関係がないものの、できてしまった肝斑は紫外線の影響で濃くなることがあります。
そばかす(雀卵斑)
そばかすは小さな子供の頃から出始め、思春期に目立ちやすくなります。また、大人になってから紫外線や生活習慣の乱れなどが原因でそばかすができることもあります。
一般的には色の白い人に出やすく、遺伝的な要素も大きいと言われていますが、紫外線を浴びるとほかのシミや肝斑と同じように濃くなることがあります。

顔の中でもシミができやすいのは?

顔の中でも最もシミができやすいのは、盛り上がっている頬骨や鼻といったところ。顔の中でも高さがある部分は特に紫外線の影響を受けやすいため、シミの原因となるメラニンも蓄積しやすいのです。

また、肝斑は目の下や頬にかけて左右対称にあらわれるのが特徴。そばかすもまた、鼻を中心に頬にかけて広がりますが、顔全体にできることもあります。

こうした部分については、特に念入りに紫外線対策をしたり、美白化粧品でケアしたりする対策が必要だと言えるでしょう。

3.シミがイボになることもあるってホント?!

顔にできたシミは、時間が経つに連れて濃くなったり、あるいはそれがだんだんとイボのようになってきたり、その部分が盛り上がってきたりすることもあります。

これは、脂漏性角化症、老人性イボなどと呼ばれるもので、メラニンの蓄積が進むとともに、紫外線の影響をさらに受けて角質が厚くなり、皮膚が固くなっていき、イボのように盛り上がることでできるもの。すでにあるシミの部分が脂漏性角化症になることもあれば、脂漏性角化症と老人性色素斑が一緒に見られることもあります。

脂漏性角化症は、年齢を重ねるとどんな人にも見られるものですが、早ければ20代でもあらわれると言われています。主な原因は、やはり紫外線による影響です。

顔にできるシミは、大きく分けて老人性色素斑、炎症性色素沈着、肝斑、そばかすなどがあります。それぞれの原因と種類を知っておけばシミ対策にも役立ちますので、しっかり覚えておきましょう。

シミの原因は違っていても、どの種類のシミも紫外線の影響を大きく受けて悪化したり濃くなったりすることがあります。シミの予防と対策として紫外線対策は基本と言われるのは、そのためなのです。

天使

シミの原因は紫外線とは限らないけど、紫外線で濃くなることがあるから気をつけないとね

悪魔

濃くならないためには紫外線対策はマストだね! じゃあ美白化粧品はシミ対策に使えるの?

天使

もちろん! これ以上シミを増やさないためにも、美白化粧品でケアすることは有効よ

4.顔のシミは美白化粧品で改善できる?

顔にシミができたとなれば、多くの方は美白化粧品を使ってみようと考えるのではないでしょうか?しかし、顔のシミに美白化粧品がどれほど有効なのか、疑問に感じるところもありますよね。

美白化粧品は、メラニンの生成を防いで、シミやそばかすの原因を作らせないようにするための美白成分が含まれています。また、美白化粧品の中にはメラニンを還元したり、ターンオーバーを促進したりすることで、できてしまった顔のシミを目立たなくすることに役立つものもあります。

顔のシミが気になる方や、これ以上シミが増えないように予防したい方は、自分の肌に合った美白化粧品を使用するのも有効な対策です。紫外線対策を徹底し、保湿やターンオーバーの正常化にもしっかり力を入れて、トータルで美白を目指していきたいですね。

悪魔

顔のシミは紫外線対策と美白化粧品で予防できるんだね

天使

年齢が上がるにつれてシミはできやすくなるから、早めのケアが大切よ

顔のシミまとめ

  • 顔にできるシミは、老人性色素斑、炎症性色素沈着、肝斑、そばかすなど
  • それぞれのシミの種類によって原因が違う
  • どのシミも紫外線を浴びることで濃くなったり悪化したりすることがある
  • シミのように見えるイボや盛り上がりは、脂漏性角化症
  • 顔のシミ予防は紫外線対策と美白化粧品で!

顔にできるシミには、いくつか種類があり、原因も違います。これからしっかりとシミ予防をしていくためにも、それぞれの原因をよく理解して、シミをこれ以上作らないようにしていきましょう。

また、それぞれ種類の違うシミでも、紫外線の影響を受けて悪化することは共通しています。紫外線対策をしっかりとしていくとともに、美白化粧品でのスキンケアも取り入れて、顔のシミを予防、改善していきたいですね。

悪魔

顔にシミができるとホント凹むから 今からしっかり予防しなくちゃ!

天使

シミ予防では、シミの原因を作らないことがポイントよ

悪魔

でも、もしシミができちゃったらどうすればいいの?

天使

できてしまったシミへの対策もしっかりマスターしましょう!