悪魔

目元とか目の下ってシミができやすいんだよね

天使

目の周りは皮膚が薄いから、いろいろな刺激を受けてシミができちゃうわね

悪魔

目元のシミを消すにはどうすればいいの?

天使

デリケートな目元のシミには集中ケアが必要よ!

目の周りの皮膚は、他の部分と比べて薄くてデリケート。それだけに、紫外線や刺激の影響を強く受けてメラニンが増殖し、シミが発生しやすいという特徴があります。また、毎日のアイメイクやクレンジングで目の周りに負担がかかってしまうと、色素沈着によるシミもできやすくなります。

さまざまな原因で発生してしまう目元のシミは、どうやって改善すればいいのでしょう?ここでは、目の周り、目元のシミを消す方法や、シミを作らない予防方法など、目の周りの美白ケアについて詳しくお伝えしましょう。「目の下のシミを消したい!」とお悩みの方は必見ですよ!

どうして?!目の周りにシミができやすい理由とは

鏡を見ていてふと気がつくと、いつの間にか目元や目の下にシミができていてびっくりしたことはありませんか?目元は刺激に弱く、シミができやすい部分です。普段から紫外線対策や美白ケアをしっかりしていないとダメージが蓄積し、30代、40代になってからシミが急増してしまうこともあります。

目の周りの皮膚はとても薄くてデリケート。目の周りは血管が透けて見えやすいことでも、その薄さが実感できるでしょう。目元、目の下の皮膚は顔の中でも特に薄く、頬の3分の1程度。最も薄いまぶたは、厚さがおよそ0.6~0.8mm程度しかないと言われています。それだけに、目の周りは紫外線の刺激を受けやすいのです。

また、アイメイクやそれを落とすためのクレンジングの刺激でメラニンが発生し、まぶたや目尻などにシミ、色素沈着を起こしてしまうこともあります。

そして、目の周りの皮膚は瞬きによって頻繁に動いている状態です。瞬きは1日に20000回もしていると言われますが、その絶え間ない刺激によってもメラニンが生成されてしまうため、シミやくすみに悩まされることが多いのです。

目の周りにできるシミの種類とは

目の周りのシミには、大きく分けて3つの種類があります。それぞれの特徴を知って、適切な美白ケアでシミを消すことができるようにしていきましょう。

老人性色素斑
日焼け、紫外線による一般的なシミは、目の周りにも多く発生します。目の周りは薄くて紫外線のダメージが蓄積しやすい上に、日焼け止めをきちんと塗れていないことも多いため、老人性色素斑が発生しやすくなります。
色素沈着
アイメイクやクレンジング、洗顔などで目の周りの皮膚が刺激を受けると、メラニンが発生して色素沈着を起こします。特にゴシゴシこするようなクレンジングや洗顔、あるいは目をこする癖、アレルギーなどで目を掻いてしまうなどの行為は、目の周りのシミ、色素沈着につながります。
そばかす(雀卵斑)
そばかすも、老人性色素斑と同じように紫外線の影響によって発生しますが、もともと肌の色が白いなど遺伝的な体質によってそばかすができやすい人もいます。目の周りは皮膚が薄いため、ソバカスが発生しやすく目立ちやすいと言えるでしょう。

目の周りは紫外線の影響でシミができやすい上に、皮膚が薄いために、さまざまな刺激を受けてメラニンが発生しやすい部分です。普段の紫外線対策も目の周り、目のキワまではなかなか行き届かないことが多いもの。目元、目の下はシミの原因が多く潜んでいるのですね。

そのため、目の周りのシミを消すためには、肌をいたわりながらできる美白ケアが必要になります。デリケートな目元に、間違ったスキンケアでシミを増やしたり濃くしたりしないように、正しいケアの方法を覚え、より効果的な美白化粧品でしっかりケアできるようにしましょう。

悪魔

目の周りがデリケートってことは、美白にも特別な成分や方法が必要なの?

天使

そうね、でも簡単よ!刺激の少ない美白成分や、優しいケア方法を選べばいいだけ

目の下や目元のシミに効果的な美白成分

デリケートな目の周りを美白し、シミを消すためには、肌にやさしく刺激の少ない美白成分を選び、丁寧にケアすることが大切。目元のシミには次のような美白成分がおすすめです。

アルブチン
コケモモや梨に含まれる成分で、ハイドロキノン誘導体とも言われています。メラニンの生成を抑制して美白を促しますが、ハイドロキノンのような強い刺激はなく、目の周りにも安心して使えます。
プラセンタエキス
メラニンの生成に関わるチロシナーゼのはたらきを抑えるとともに、肌のターンオーバーを促してメラニンの排出を助けます。血行を促進し、肌を健やかにする効果が高いため、目元の美白に役立ちます。
ビタミンC誘導体
メラニンの抑制や還元に高い効果が期待できるビタミンC誘導体も、目元の美白におすすめの成分。ただし、肌質によっては乾燥しやすくなることもありますので、クリームなどでの保湿に力を入れたり、セラミドなどの保湿成分を補ったりすることを心がけましょう。

こうした美白成分に加えて、トラブルが発生しやすい目の周りにはヒアルロン酸やコラーゲンを補い、うるおい、ハリをアップしておくと、肌のターンオーバーが正常に進みやすくなり、シミの改善もスムーズになるでしょう。

目の周りのシミを取りたい人のための美白化粧品

FUJIFILMアスタリフト ホワイト

アスタリフトの美白ラインは、アルブチンやビタミンC誘導体のはたらきでメラニンの生成を抑えながら還元し、シミの予防と改善を促します。また、コラーゲンやヒアルロン酸、抗酸化力の高いアスタキサンチンが含まれているため、シミの予防・改善だけでなく、トラブルが起きやすい目元のアンチエイジングに総合的に役立つでしょう。

レビューはこちら
公式サイトはこちら

POLA ORBIS groupディセンシア サエル

ディセンシアのサエルは、敏感肌向けに開発された美白化粧品。それだけに、刺激に弱い目の周りのシミ対策にも安心して使えます。独自に開発したオリジナル成分を多く含み、肌のバリア機能を高めてキメを整えながら、メラニンの生成や黒化を防ぎ、シミやくすみを改善して白く美しい肌へと導きます。

レビューはこちら
公式サイトはこちら

目の周りのシミは肝斑?肝斑に対する美白ケア

目の周りにできやすいシミとしてあげられるものに、肝斑(かんぱん)というシミがあります。肝斑は、目の周り、目の下にできやすく、輪郭のはっきりしていないモヤっとした形であらわれ、多くの場合は左右対象に広がるのが特徴です。

肝斑ができる原因は、女性ホルモンにあると考えられています。そのため、女性ホルモンのバランスが変動しはじめる30代後半~更年期までの女性に多く見られます。また、ピルの服用中や妊娠中など、女性ホルモンが変化しやすい状態の時も、肝斑が発生することがあります。

肝斑には、トラネキサム酸という特定の美白成分が効果的であると言われています。トラネキサム酸の美白サプリや市販薬を内服するとともに、トラネキサム酸が配合された美白化粧品を使用して改善を目指しましょう。

目の周りのシミは、肝斑と老人性色素斑などのシミが入り混じってあらわれることもありますが、トラネキサム酸は、肝斑だけではなく老人性色素斑やそばかすの予防効果があるとされています。目の周りのシミが肝斑なのか、一般的なシミなのか、あるいはそばかすなのか悩んだ場合は、トラネキサム酸配合の美白化粧品を使用するのもひとつも方法です。

目の周りのシミを予防・改善するための美白のポイント

薄く、デリケートな目の周りは、スキンケアの際に強くこすったりパッティングしたりすると刺激を受けてしまいます。肌への刺激はメラニンを発生させ、シミやくすみを増やす原因になりますので、美白化粧品を使った目の周りのケアは、指先を使って軽く抑えるようにしてテクスチャをなじませるなどして、十分に注意しましょう。

また、目の周りは皮脂腺があまりないため乾燥が進みやすい部分でもあります。美容液やクリームなどで十分に保湿をしましょう。美白化粧品では保湿が今ひとつと感じる場合には、美容液やクリームを重ねづけしても良いですね。

美白成分が配合されたアイクリームや目元専用美容液は、保湿とともに美白ができるため、目元のシミにも効果的です。塗り忘れの多いまぶた、目尻、目のキワにもしっかりなじませながら使ってみましょう。

目の周りのシミを消す方法まとめ

  • 目の周りの皮膚は薄く紫外線のダメージを受けやすい
  • アイメイクやクレンジングの刺激で色素沈着が起こることも
  • 目元や目の下には刺激の少ない美白成分でのケアがおすすめ
  • シミが肝斑である場合はトラネキサム酸の使用を
  • 目の周りのスキンケアは美白とともに保湿も重視しよう

目の周りはデリケートで刺激に弱く、紫外線によるシミが発生しやすい部分。また、スキンケア、アイメイク、クレンジングなどでも刺激を受け、色素沈着によって肌がくすんで見えることもあります。シミの予防と改善に、アルブチンやプラセンタエキスなど肌にやさしい美白成分が含まれたアイテムを使用して、丁寧な美白ケアを心がけましょう。

乾燥しやすい目元には、美容液の使用も効果的です。美白成分とともにリッチな保湿成分が配合された美容液を重ねづけするなどして、乾燥を防ぎ、シミ対策に役立てましょう。

悪魔

目の周りのシミを消すには丁寧な美白ケアが必要なんだね~

天使

保湿と美白、両方に力を入れることが大切よ! だから美容液などのアイテムを上手に活用してね!

悪魔

目の周りに効果的な美白美容液はどれかな?

天使

目元専用の美白美容液やアイクリームがおすすめよ