悪魔

この間、足にもシミができてるのを見つけちゃってショック…

天使

足は露出することが多いから、気がつかないうちにシミができることもあるのよね

悪魔

足のシミってどうすれば消えるの?

天使

フットケアで足のシミを消す方法を見てみましょう!

日頃から露出することが多い女性の足は、いつの間にかシミができていることも多いもの。しかし、足に出来たシミはどうすれば消えるのでしょうか?体の美白、とりわけ足の美白についてはどんな方法が有効なのか、悩んでしまうかもしれませんね。

ここでは、足のシミの原因や対策とともに、できてしまったシミを消すための効果的な脚の美白方法についてお伝えします。白く美しい脚を目指して、フットケアにも力を入れてみましょう。

足のシミはなぜできるの?原因はやっぱり紫外線?

足にできるシミの原因の多くは、紫外線の影響で発生すると考えられます。毎日の通勤や通学、外出の際、スカートやショートパンツなどをはいているのに紫外線対策が十分でない場合には、そのダメージが少しずつ蓄積し、やがてシミとなってあらわれてしまいます。

また、足にできた虫さされ、湿疹などが炎症を起こした部分にメラニンがたまり、それがターンオーバーによって上手く排出されないと、色素沈着となり、シミのような跡となって残ってしまうこともあります。さらに、衣服による擦れや、床に座る時に膝やくるぶしなどが圧迫されるなどの刺激、ムダ毛処理による肌への刺激によっても、シミや黒ずみが発生することもあります。

このような原因でできてしまう足のシミ、黒ずみなどは、肌のターンオーバーの低下によって改善しにくくなっていきます。足の皮膚はもともと顔よりもターンオーバーの周期が遅いことに加え、老化によって新陳代謝がダウンしたり、肌が乾燥したりすることによってさらにターンオーバーが乱れ、シミが残りやすくなるのです。

足にできるシミの種類とは

足にできるシミは、大きく分けて次の3つの種類があります。

老人性色素斑

日焼けによる紫外線のダメージでメラニンが増加し、表皮に蓄積してできるシミ。正常なターンオーバーによってメラニンが排出されればシミになる前に食い止めることも可能ですが、メラニンがそのままとどまるとシミが発生します。

炎症性色素沈着

虫さされ、湿疹、傷などが炎症を起こすと、そこにメラニンが集まって色素沈着を起こします。この場合も、メラニンの排出がスムーズにいけばシミ、色素沈着となる前に防ぐことができますが、何らかの理由でターンオーバーが乱れ、メラニンが排出されない状態になるとシミになります。

ムダ毛処理による色素沈着

足のムダ毛を自己処理する際には、カミソリや毛抜きによって肌は強い刺激を受けます。それによってメラニンが増加して色素沈着を起こしてしまうことも。繰り返すムダ毛処理の刺激も、シミの原因となるのです。

このほか、厳密にはシミとは違うものの、衣服による摩擦によって色素沈着が発生して黒ずみ、くすみができることもありますし、膝やくるぶし、かかとなど、床などと接することが多い部分は、摩擦や圧迫のダメージが積み重なってシミのような黒ずみとなってしまうこともあります。

足のシミの原因は、紫外線によるダメージのほかにも、虫さされや湿疹などの炎症による色素沈着、ムダ毛処理による色素沈着などがあります。また、衣服による摩擦や、座る時などの圧迫の刺激によって、シミや黒ずみが発生することもあります。

足は、顔と違って紫外線対策をつい忘れがちです。毎日浴びる紫外線のダメージが蓄積すると、年齢を重ねてからシミとなることがあるので気をつけましょう。また、ムダ毛処理の方法を見直したり、日常生活の中で起こってしまう摩擦などの刺激を減らしたりすることも大切ですね。

悪魔

足のシミの原因は紫外線の影響だけじゃないのね

天使

少しの刺激が積み重なってシミになることもあるから、スキンケアはもちろん生活習慣も見直さないとね

悪魔

今ある足のシミを消すためには、どんな方法が有効なのかな?

天使

脚の美白は、美白成分が配合されたボディクリームを使ってフットケアをしつつ、美白サプリを飲んで体の中から美白する方法がおすすめよ

足のシミを消すために有効な美白成分

紫外線や炎症、ムダ毛処理の刺激などでできてしまう足のシミ。スキンケアで足のシミを消すためには、美白成分を配合したボディクリームなどを使って毎日お手入れをすることが有効です。足のシミを改善するのに役立つ美白成分には、以下のものがあります。

アルブチン

肌の漂白剤とも呼ばれるハイドロキノンとブドウ糖が結合した成分で、チロシナーゼという酵素を抑えることでメラニンの生成を防ぎます。ハイドロキノンよりも刺激が少なく、肌にやさしいのが特徴です。

ビタミンC誘導体

メラニンの生成を抑える、メラニンを還元するというふたつのはたらきを持ち、さらにコラーゲンの生成促進や炎症抑制といった効果も期待できます。

プラセンタエキス

メラニンの生成を抑制するとともに、ターンオーバーを促してメラニンを排出しやすくします。また、コラーゲンやエラスチンの生成をサポートし、肌のうるおいとハリをキープします。

美白というとハイドロキノンを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、ハイドロキノンは肌にとって刺激が強く、乾燥を招いてしまうこともあります。また、ハイドロキノンを塗ってから紫外線を浴びるとシミが濃くなることがありますので、ハイドロキノン配合のボディクリームを使用するのは夜のケアのみにするようにしましょう。

このような美白ボディクリームを使用したスキンケアとともに、美白サプリを使用して美白成分を体の中に取り入れると、足のシミの改善により高い効果が期待できます。足の皮膚は顔よりも厚く、ターンオーバーも遅いため、さまざまなアイテムを取り入れて積極的に美白を進めていきましょう。

美白サプリに配合される美白成分には、ビタミンCやL-システインといったものがあります。ビタミンCとL-システインは、一緒に摂取することで相乗効果が期待できますので、美白サプリはこの2つの成分をベースとして、肌のターンオーバーを促進するはたらきのある成分が入っているものがおすすめです。

足のシミを取りたい人のための美白サプリ

富山常備薬グループキミエホワイト プラス

キミエホワイトプラスは、ビタミンC、L-システインを配合し、シミのもととなる黒色メラニンの生成を抑制し、排出を促してシミを予防、改善する美白サプリ。L-システインの配合量を従来の1.5倍にまで高め、美白効果をアップ。また、パントテン酸カルシウムのはたらきで肌を健やかに保ち、湿疹やかぶれなどの改善も同時に目指します。お手入れが行き届きにくい足の美白ケアにプラスすると、シミの改善に役立ちます。

公式サイトはこちら

アインズ&トルペロスミンローヤル

ロスミンローヤルは、ビタミンCとL-システインとともに、生薬やビタミンB群、ビタミンEなどを贅沢に配合した美白サプリです。美白成分がメラニンの生成を防ぎながら排出を促し、紫外線によるトラブルから肌をしっかりガード。さらに肌のターンオーバーを助け、血行を促進する生薬や、肌の健康や老化防止に欠かせないビタミンB群やビタミンEのはたらきで、肌全体を白く美しく、そして健康に導きます。ターンオーバーが滞りがちなボディ、足の美白に最適です。

公式サイトはこちら

足のシミを消す&作らないために心がけたい美白のポイント

足のシミを改善するためには、新たなシミの原因となるメラニンを作らせないことも大切です。日常生活の中では、次のようなフットケアと、生活習慣、癖などの見直しを心がけてみてくださいね。

紫外線対策を徹底する

外出時にスカートなどで足を露出することが多い場合は、1年を通してしっかりと紫外線対策を!日焼け止めクリームを塗るとともに、UV効果のあるストッキングを着用する、ストッキングや衣服の上から使える日焼け止めスプレーを使用するなど、紫外線を浴びない工夫をしてみましょう。

フットケアは入浴後が最適

足の角質は顔よりも厚く、美白成分が浸透しにくいという特徴があります。そのため、足のスキンケアは、皮膚が柔らかくなっている入浴後がおすすめ。お風呂あがりは脚に美白ボディクリームを塗って、保湿と美白を両立させましょう。

ピーリング効果のある石鹸を使う

足の皮膚のターンオーバーを促すため、ピーリング効果のある石鹸、ボディソープなどを使用して古い角質を適切に除去するのも美白の第一歩。角質が特に厚く、黒ずみやすい膝やくるぶしなどはスクラブを使用するのもよい方法です。

ムダ毛処理は正しい方法で

毛抜きやカミソリ、電動シェーバーによるムダ毛の自己処理は、肌にとって強い刺激となり、色素沈着を起こすことがあります。シェービングフォームなどをきちんと使用して、肌の負担にならないよう、間隔をあけて優しく処理することを心がけましょう。

炎症の悪化を防ぐ

虫さされや湿疹などが足にできてしまったら、できるだけ刺激を避け、抗炎症成分が配合されたかゆみどめなどを適切に使用して炎症を防いで、色素沈着が起こらないようにしましょう。我慢しきれずに掻いてしまうと跡が残ってしみになってしまうことがありますので、注意してくださいね。

足・脚のシミを消す方法まとめ

  • 脚のシミの原因は紫外線や炎症による色素沈着
  • ムダ毛処理の刺激や摩擦、圧迫などでシミや黒ずみが発生することも
  • アルブチン、ビタミンC誘導体、プラセンタエキスなど配合の美白ボディクリームでシミ対策
  • ビタミンC、L-システイン配合の美白サプリをプラスすると効果的
  • 紫外線対策や炎症予防を心がけてシミを作らない生活を
  • ピーリング石鹸で角質除去し、美白ボディクリームで美白と保湿の両立を習慣に

露出することが多い割に、紫外線対策を忘れてしまうこともある脚は、いつの間にかシミができていることも多いもの。できてしまった脚のシミは、美白ボディクリームと美白サプリを活用し、外側と内側から徹底ケアしましょう。

また、新たなシミを作らないために紫外線をカットしたり、古い角質を除去する、炎症を防ぐなど、日頃からできる美白を心がけ、脚のシミを予防・改善していきたいですね。

悪魔

足のシミにも美白クリームや美白サプリが有効なのね!

天使

体の外側と内側、両方からケアするのが足の美白のポイントよ

悪魔

でも、どのアイテムがいいのか迷っちゃうな~

天使

おすすめの美白サプリやクリームを紹介するから、自分に合いそうなものを探してみてね!