悪魔

鼻にできたシミって消えるのかな?

天使

時間はかかるけど、根気よく美白ケアすれば薄くすることもできるのよ!

悪魔

美白ケアは他の部分と同じでいいの?

天使

鼻には鼻に有効な美白方法もあるわ。鼻のシミを消す方法をじっくり見ていきましょう!

鼻は顔の中でも紫外線を浴びやすく、シミができやすい部分です。それに加えて、皮脂の分泌が活発で毛穴も目立ちやすく、ニキビができやすいこともあり、ニキビ跡が色素沈着してシミになってしまうこともあります。

目立ちやすい鼻のシミは、どのようにしてキレイにすればいいのでしょうか?ここで、鼻のシミを消すための美白の方法をご紹介していきましょう。

1.やっぱり紫外線?!鼻のシミの原因

鼻にできるシミも、他の部分と同じように、紫外線やニキビなどの炎症が大きな原因となって発生します。また、これらに加えて、皮脂分泌が盛んな鼻は活性酸素によって酸化した皮脂汚れがたまりやすいことも、シミができる原因になります。

また、皮脂汚れがたまってできる黒ずみや角栓を取り除くための過剰なスキンケアなども、鼻のシミを作る原因になってしまいます。もともと紫外線を浴びやすく、シミやそばかすができやすい鼻が、間違ったスキンケアの刺激を受けて、さらにシミを発生させたり悪化させたりすることも多いのです。そして、できてしまったシミやそばかすは、紫外線を浴びることでますます濃くなり、消えにくくなっていきます。

このように、鼻のシミができる原因はお互いに影響しあってシミをさらに頑固なものにしてしまうため、できるだけ早めに、正しい鼻の美白に力を入れることが大切です。

2.鼻にできるシミの種類とは

鼻にできるシミの種類は、大きく4つに分けられます。それぞれの原因や特徴をよく知り、自分のシミがどのタイプなのかを見極めてみてくださいね。

老人性色素斑
紫外線によって増加ししたメラニンが肌に蓄積することで起こるシミ。最も一般的なシミです。鼻は顔の中でも高さがある部位なので、紫外線の影響を受けやすく、シミが発生したり増えたりしやすいのです。
炎症性色素沈着
鼻にニキビなどの炎症が起きることでメラニンが増え、ターンオーバーによって排出されなかったものが肌に残ると、シミになってしまいます。鼻は皮脂分泌が盛んで、毛穴に汚れが溜まりやすく、ニキビができやすい部分ですので注意が必要です。
そばかす(雀卵斑)
そばかすは、鼻を中心としてできてしまうことが多いもの。紫外線や炎症によるシミよりも小さく、点々とできるのが特徴です。そばかすの原因には遺伝も関係していますが、紫外線の影響によって発生し、濃くなることがあります。
脂漏性角化症
シミがイボのように盛り上がって固くなっているものが、脂漏性角化症です。50〜60代頃から多く見られるようになりますが、紫外線をあびる機会が多い場合は20代や30代でも発生します。

毛穴汚れや間違ったケアによる鼻のシミ

シミの代表格とも言える老人性色素斑、炎症性色素沈着、そばかすに加え、鼻には毛穴汚れが原因のシミも発生します。紫外線を浴びることで活性酸素が発生すると、毛穴にたまった皮脂や汚れは酸化します。すると、活性酸素から肌を守るために毛穴の周りにメラニンが増加してシミのもととなってしまうのです。

また、こうした鼻の毛穴汚れを取り除こうとして洗顔やピーリング、毛穴パックなどのケアを頻繁にし過ぎると肌には強い刺激が加わり、シミの原因となるメラニンが余計に生み出されてしまいます。

鼻のシミが出来てしまう原因はいつくかありますが、それらはお互いに影響しあってシミを発生させたり、濃くしたりしてしまうこともあります。鼻のシミを消すためには、紫外線によるシミへの対策とともに、毛穴の汚れを正しく取り除き、炎症を予防しながら美白ケアを進めることがポイントとなるでしょう。

悪魔

紫外線だけじゃなく、毛穴の汚れでもシミができるのね

天使

そうよ。鼻はただ美白するだけじゃなく、毛穴や皮脂のケアもしっかりしなきゃいけないの

3.鼻のシミに有効な美白成分はどれ?

さまざまな原因でできる鼻のシミを消すためには、次の3つのポイントを意識することが大切です。

  • 美白化粧品でスキンケアを続ける
  • 肌を清潔にしてニキビなどの炎症を防ぐ
  • ターンオーバーの正常化をはかって毛穴の開きを予防・改善する

これらのポイントをおさえて美白するために役立つ成分は次の3つです。

・ビタミンC誘導体
美白のビタミンとも言われるビタミンCを安定させたビタミンC誘導体は、メラニンの生成を抑制しながらメラニンを還元し、シミを予防・改善します。ニキビの炎症や皮脂の分泌を抑えるはたらきも持っているため、鼻の美白には特におすすめです。
・プラセンタエキス
プラセンタエキスは、肌の新陳代謝を高めてターンオーバーを促進するとともに、メラニンの排出をサポートするはたらきがあります。また、炎症をしずめるはたらきもあり、こちらも鼻の美白を進める上で有効です。
・アスタキサンチン
抗酸化力がとても高いアスタキサンチンは、メラニンや活性酸素の生成を抑えるはたらきがあります。また、メラニン色素の沈着を防ぐ効果もあると言われているため、美白、シミの予防にも役立ちます。

また、美白有効成分ではないものの、鼻のシミに有効と考えられるのが、コラーゲン。コラーゲンは、肌のハリやうるおいに大きく関わるとともに、ターンオーバーを正常化するために欠かせない成分です。コラーゲンが減少すると、肌のターンオーバーが低下してしまうため、シミの予防や改善を目指すなら、コラーゲンを積極的にスキンケアに取り入れるのもひとつの方法です。

4.鼻のシミを取りたい人のための美白化粧品

FUJIFILMアスタリフト ホワイト

全てのアイテムにアスタキサンチンを配合した、富士フイルムのアスタリフト。その美白ラインには、ビタミンC誘導体やアルプチンが配合されているため、シミ対策、炎症抑制、ニキビ予防に役立ちます。

また、コラーゲンも配合されているため、肌のハリを保ち、ターンオーバーの正常化を促すことで、鼻のシミ予防と改善にトータル的な効果が期待できます。

レビューはこちら
公式サイトはこちら

POLA ORBIS groupディセンシア サエル

敏感肌向けの本格的美白ラインであるディセンシアのサエルは、抗炎症成分を多く配合し、肌の炎症を抑えながら、うるおい補給、バリア機能の強化をはかり、ビタミンC誘導体によって過剰なメラニンを還元してくれます。

鼻にニキビができやすく、炎症による色素沈着が気になる方におすすめです。

レビューはこちら
公式サイトはこちら

5.鼻のシミを消すための美白のポイントは?

鼻のシミを改善するためには、美白化粧品の正しい使い方を意識することが大切です。鼻は紫外線の影響を受けやすく、また毛穴が目立ちやすいため、一朝一夕では美白化粧品の効果を実感するのは難しいでしょうが、毎日根気よくケアを続けていきましょう。

まず、鼻のシミを作らない、そして増やさないために、毎日の紫外線対策をしっかりと行いましょう。化粧下地やファンデーション、パウダーには紫外線をカットする効果のあるものを選ぶと、毎日のメイクで紫外線対策ができます。休みの日や外出しない日も、窓からの日差しで紫外線を浴びてしまうことがありますので、必ず日焼け止めを塗っておくようにしましょう。

また、美白アイテムの使い方に気を配ることも大切。鼻は、頬などと違って化粧水や美容液をしっかりなじませることを忘れてしまいがちです。洗顔後に美白化粧品を使用する時は、小鼻の脇の部分まで化粧水や美容液の美白成分が行き届けるように、指先を使って優しくなじませましょう。

鼻のべたつきが気になるようなら、皮脂を抑えるはたらきのあるビタミンC誘導体を配合した美白化粧品を利用して5分程度コットンやシートでパックすると、保湿とともに毛穴の引き締め効果が期待でき、過剰な皮脂を防ぎながら鼻の美白が進められますよ。

6.鼻の美白効果を高める正しい毛穴ケア

鼻のシミを予防・改善するにあたっては、皮脂、毛穴汚れをしっかり取り除くことも大切です。毛穴に汚れがたまっていると、それが酸化してシミの原因となることもありますし、また汚れが残った肌は美白成分の浸透が妨げられる、ターンオーバーが乱れやすいといったデメリットが生じてしまいます。毎日の丁寧な洗顔で毛穴汚れや皮脂汚れ、古い角質をきちんと取り除きましょう。

洗顔だけでは十分に汚れが落ちていないと感じる場合や、鼻を触ってみてザラつきが気になる場合は、ピーリング効果のある石鹸などを適度に使用して、古い角質や汚れを取り除き、ターンオーバーを正常に進められるようにしましょう。ただし、やり過ぎは肌にとって刺激となり、メラニンを増やしてしまいます。ピーリングなどの念入りなケアは週に1回程度にとどめてくださいね。

また、鼻は皮脂分泌が多い部分ですが、だからといって保湿を控えてしまうと、肌はうるおいを守るために余計に皮脂を分泌させます。その過剰な皮脂が酸化すると、シミの原因になってしまいます。

肌の乾燥は過剰な皮脂分泌とともにターンオーバーの乱れを招き、メラニンの排出を遅らせます。化粧水や美容液を使用した後は、乳液、クリーム、美容オイルなどの油分を鼻にも少量補い、うるおい守ることを心がけましょう。

鼻のシミを消す方法まとめ

  • 鼻のシミは紫外線や毛穴の汚れの酸化、ニキビの炎症が原因
  • そばかすや脂漏性角化症なども鼻にできやすいシミ
  • 鼻のシミにはビタミンC誘導体、プラセンタエキス、アスタキサンチンなどの成分が効果的
  • 丁寧な洗顔と美白化粧品でのケアを根気よく続けてシミを予防、改善

顔の中でも紫外線の影響を受けやすく、また古い角質や汚れが毛穴に詰まりやすい鼻は、シミはやそばかすができやすい部分です。日頃から紫外線対策、毛穴を詰まらせないケア、美白化粧品の使用を心がけて、シミの予防や改善に努めましょう。

鼻のシミを消すためには、メラニンを抑制・還元しながら皮脂分泌を抑えるビタミンC誘導体や、ターンオーバーを促すプラセンタエキスなどがおすすめです。また、抗酸化作用の高いアスタキサンチンも効果的。美白化粧品を選ぶ時は、こうした成分が含まれているかどうかもチェックしましょう。

悪魔

なるほど、鼻のシミを消すには地道なケアが必要なのね

天使

鼻は特にシミが改善しにくいところだから、毎日コツコツ美白することが大切よ

悪魔

鼻のシミにはどんな美白化粧水や美容液がおすすめなの?

天使

ぴったりの成分が配合されたアイテムを教えてあげるわね