悪魔

紫外線対策してるのに、シミってどうしてできちゃうんだろう?

天使

日焼けだけじゃなく、シミの種類によって原因はいろいろよ

悪魔

種類?シミはシミじゃないの?!

天使

シミにもいろいろあって、その対策も違ってくるのよ

ふと鏡を見ると、いつの間にかできているシミ。しっかり紫外線対策をしているつもりなのにシミを発見して、プルーな気分になってしまうこと、ありますよね。

しかし、シミには日焼けによってできるもののほかにも、さまざまな種類があると言われています。シミの種類によって、原因も違えば対策も少しずつ違ってきます。

ここでは、そんなシミの種類や原因、対策などの基本と、シミに効果的な化粧品について、詳しくお伝えしていきましょう。

1.シミとは一体どんなもの?なぜできるの?

皮膚が黒くなる仕組み

シミとは、肌の表面にできる茶色〜褐色の色素沈着です。皮膚のシミの部分は他の部分と比較して濃く見えるため、そのままでは目立ってしまったり、メイクでも上手く隠れなかったりしてしまいます。この色の濃いシミの部分は、肌の内部で生成された過剰なメラニンが蓄積することによって発生します。

メラニンは本来、肌が紫外線などで刺激を受けた時に増加し、肌の奥までダメージが届かないように守るはたらきがあります。つまり、肌にとっては必要なもの。ターンオーバーが正常にはたらいている健康な肌の場合は、肌を守るメラニンが増加しても、役目を終えたメラニンが古い角質とともにはがれ落ちていくため、肌の色は自然に元に戻っていきます。

しかし、加齢やストレスなどの原因でターンオーバーが滞っていると、蓄積したメラニンがなかなか排出されないため、色素沈着が起きてシミができてしまうのです。また、紫外線のダメージを受け続けている状態では、メラニンの生成が止まらなくなり、肌に蓄積するメラニンの排出が追いつかないため、色素沈着によりシミとなってしまいます。

2.最も多く見られるのは日焼けによるシミ!

シミにはいくつかの種類がありますが、その最も代表的なものが、老人性色素斑と呼ばれるシミ。これは紫外線を浴びることで肌を守ろうとするメラニンが過剰に作り出されて蓄積し、色素沈着を起こしてできるものです。

老人性色素斑は濃い茶色〜黒色をしていて、大きさはポツポツとした点のような小さなものから、数cm大のものまでさまざまです。目の周り、頬骨など、顔の中でも特に紫外線に当たりやすい部分にできることが多く、紫外線のダメージが蓄積する30代以降に増えたり濃くなったりすることが多くあります。

老人性色素斑は、ターンオーバーの乱れとも深い関係があります。通常、メラニンを含む角質はターンオーバーによって一定期間ではがれ落ちるため、日焼けをしても肌の色は元に戻るのですが、加齢などの影響でターンオーバーが乱れると、メラニンが排出されずに肌の表面に残ってしまいます。

また、紫外線のダメージが肌に蓄積し続けると、メラニンはどんどん生成されるのにターンオーバーが滞っている状態になってしまい、余分なメラニンが肌に残ってシミが発生するのです。

天使

よく言う日焼けによるシミが、老人性色素斑ね

悪魔

年齢が上がるとシミがますますできやすくなるなんて、怖いなあ

3.ニキビや虫さされの跡がシミになることも

ニキビ、虫さされなどの炎症が起こると、肌の内部ではメラニンを作り出すメラノサイトが刺激され、メラニンが大量に作られます。それが肌に残ってしみとなったものが、炎症後色素沈着。炎症が起こった部分は、はじめのうちは赤っぽい色をしていますが、メラニンが排出されないまま時間がたつと薄い茶色〜黒っぽい色のニキビ跡となり、シミになります。大きさは、炎症の程度によってさまざまです。

こうした炎症の後の色素沈着も、ターンオーバーによってメラニンが排出されれば自然に目立たなくなりますが、炎症がひどく、肌に大きなダメージを受けた場合や、ターンオーバーが乱れている場合などは大量のメラニンが排出されずに残ってしまうため、シミになりやすいのです。

炎症後色素沈着は、年齢や性別に関係なくあらわれるものですが、加齢によって消えにくくなったり、紫外線に当たることで濃くなったりすることもあります。

4.そばかすもシミの一種です!

そばかすと呼ばれる雀卵斑は、一般的に色の白い人に見られやすいと言われています。幼児のころからあらわれ始め、思春期にかけて目立ってくる先天性のものと、大人になってからできる後天性のものとがあります。

そばかすは、3〜5mm程度のポツポツとした茶色の点状のシミで、先天性のものは遺伝的な要素のほか、紫外線の影響で濃くなることがありますが、大人になるとともに自然に目立たなくなることも多いもの。

一方、後天性のそばかすは、紫外線や生活習慣の乱れ、栄養不足、間違ったスキンケアなどでできやすく、一度できてしまうと薄くすることはなかなか難しいと言われています。

5.頬にもやっと広がるシミは肝斑かも?

目の下、頬骨のあたりに左右対称に広がる薄茶色のシミは、肝斑と呼ばれるものです。30〜40代であらわれることが多く、その原因は主に女性ホルモンの乱れであり、ピルの服用中や妊娠中に出やすいといわれています。

そのため、ストレスなどでホルモンバランスが乱れることで肝斑があらわれたり、逆に年齢を重ねて閉経に至り、女性ホルモンが減少していくとともに目立たなくなったりすることがあります。

肝斑の原因は女性ホルモンにあるため、紫外線を浴びたか浴びていないかにかかわらず発生しますが、紫外線を浴びることによって肝斑が悪化することもあります。

肝斑は普通のしみやそばかすとの違いがわかりにくいものですが、肝斑には肝斑に合わせた対策を取ることが必要であるとされています。日焼けによる老人性色素斑やそばかすと同じような対策をしていると、肝斑が悪化することもありますので、自己判断できない場合は皮膚科、クリニックなどで診察を受けることをおすすめします。

顔のどこにできる?シミの違い

顔のシミは、出来る場所によってその種類が違ってくることもあります。一般的なシミである老人性色素斑は、紫外線を浴びればどこにでもあらわれますが、顔の中でも頬骨や、頬の広い部分にできることが多くあります。

目の下にできやすいシミは肝斑やそばかすですが、目の周りは皮膚が特に薄いため、紫外線や刺激の影響を受けやすく、老人性色素斑が目立ってあらわれることもあります。

鼻にできるシミは、そばかすや、ニキビなどの炎症による色素沈着が考えられます。鼻は顔の中でも特に高さがある部分ですので、紫外線の影響を受けやすく、できたシミが悪化しやすいのも特徴です。

また、意外に思われるかもしれませんが、唇にもシミができることがあります。紫外線の影響はもちろんのこと、食事やクレンジングによる摩擦、乾燥、炎症などが唇のシミの原因になります。

一口にシミといっても、実はその種類はさまざま。また、シミの種類によって原因も違ってきます。

まずはシミの種類を理解して、自分の気になるシミがどのようなものなのか、何が原因でできているのかを知ることが、シミ対策の第一歩と言えるでしょう。

悪魔

シミってこんなに種類があったんだ!

天使

シミを予防するためには、原因に合わせて対策を取ることが大切よ

6.さまざまなシミを予防するために

多くの種類があるシミ。それを予防するためには、それぞれのシミの原因を突き止めて対策する必要がありますが、共通しているのは、紫外線対策とターンオーバーの正常化です。

一般的なシミもそばかすも肝斑も、まず紫外線対策をして今以上に濃くしないことが大切です。日光に当たるとメラニンが増加してしまいますので、UV効果の高い日焼け止めクリーム、帽子、サングラス、日傘などを使って紫外線から肌を守りましょう。

また、肌に刺激を与えることはメラニンの増加につながりますので、スキンケアにおいてはゴシゴシこする洗顔やクレンジング、タオルでの摩擦で肌に負担をかけないよう注意します。

一方、肝斑の原因は女性ホルモンの乱れにありますので、栄養バランスや生活習慣をととのえ、ストレスをためないようにして、ホルモンバランスを保つようにしましょう。

それぞれの対策とともに、シミやそばかすの予防、対策のため、活性酸素を抑制するビタミンCやビタミンE、ポリフェノールなどを食事から摂取し、体質改善を目指すこと有効です。一度できたシミは消えないとも言われていますが、こうした対策を取ることで、シミをこれ以上増やさないこと、目立たなくすることは可能だと考えられます。

7.シミに効果がある?!美白化粧品

シミ対策として美白化粧品を使用している女性は多いもの。でも、美白化粧品で本当にシミが取れるのかと疑問に思っていませんか?

美白化粧品は、そもそもシミ消しではなく、日焼けによるシミやそばかすの予防を目的としたもの。メラニンの生成を抑えることによって、色素沈着を予防し、新たなシミを作らせないために使います。

しかし、最近ではメラニンを還元するはたらきのあるビタミンC誘導体や、肝斑の改善に役立つと言われるトラネキサム酸など、効果の高い成分が配合された美白化粧品も増え、できてしまったシミに対する効果も期待されています。

また、プラセンタエキスを配合した美白化粧品であれば、ターンオーバーの促進効果によってメラニンの排出がサポートされるため、長期的に見て美白に役立つと考えられるでしょう。

シミは消えないと思い込んであきらめるのではなく、原因に応じた対策を取るとともに美白化粧品を積極的に使用し、シミのない美しい肌を目指していきましょう。

悪魔

紫外線対策だけじゃなく、いろんなことに気をつけてシミを予防しなきゃいけないのね

天使

美白化粧品も上手に取り入れてシミを予防していきましょう

シミの種類と原因まとめ

  • シミには老人性色素斑、炎症後色素沈着、肝斑、そばかすなどさまざまな種類がある
  • シミの種類によって原因も違うため、原因に合わせた対策を取ることが大切
  • 美白化粧品は日焼けによるシミ、そばかすの予防が目的
  • 特定の美白成分やスキンケアによってできてしまったシミを薄くすることも期待できる

シミは、多くの女性を悩ませる肌トラブル。しかし、一口にシミと言っても、その種類や原因は違います。まずは自分を悩ませるシミはどのようなものなのかを理解して、それに合わせた対策をとっていきましょう。

シミの原因はさまざまではありますが、紫外線対策はどのシミに対しても有効だと考えられます。日常的に日焼け止めや帽子、日傘を利用して、しっかりと紫外線を防ぎましょう。そして、肌のターンオーバーを正常に保つことも、メラニンの排出を促すためには欠かせません。美白化粧品の使用と合わせて、紫外線対策や生活習慣、食事などに気を配り、シミをしっかり予防していきたいですね。

天使

まずは、シミを作らないようにシミの予防法をマスターしないとね

悪魔

予防もいいけど、できちゃったシミを消す方法も知りたいなあ

天使

シミを消すためには、時間をかけてケアすることが大切よ

悪魔

ホントは今すぐシミを消したいんだけどなぁ

天使

悪魔ちゃん、美白にはじっくり取り組んでいかないとね!