悪魔

鏡を見てたらね、唇にほくろがあることに気づいたの…
こんなの前からあったかなぁ…

天使

唇の紫外線対策はしている?

悪魔

えー?だって唇だよ?日焼け止めなんてぬれないじゃない!

天使

うーん、じゃあそれはもしかしたらシミかもしれないわね…

粘膜であるだけに、顔の他の部分と比較して、デリケートな唇。でも、ついついお手入れを忘れてしまいがちですよね。グロスや口紅など、濃い色をのせることもあって気がつきにくいものの、実は唇はシミや色素沈着が起きやすいパーツでもあります。ここでは、唇にシミができる原因や対策方法についてお話していきます。

1.唇にシミができる原因

紫外線

唇にポツンとできるシミの多くは紫外線の影響によってできます。顔の他の部分と違って皮脂腺がなく、粘膜である唇は紫外線のダメージを受けやすいパーツ。肌と比較すると角質層もごく薄いため、水分を保持することもできず、バリア機能もほとんどありません。そのため、紫外線を浴びたときのダメージをダイレクトに受けやすいのです。

シミができるメカニズムは顔の肌と同じ。皮膚と比べるとメラニン色素ができる量ははるかに少ないものの、白人よりもメラニンが沈着しやすい有色人種である日本人の唇にはシミや色素沈着が起こりやすいという特徴があります。メラニン色素が少ないということは、皮膚と比べて自らを守る力も低いということ。

また、この傾向は年齢によって強くなるため、年を重ねるにつれて唇のシミや色素沈着はできやすくなります。

構造的な理由

唇は紫外線の他にも口にするものの温度や刺激などにさらされやすいパーツ。熱いものや辛いものを食べると唇がヒリヒリしますが、これも粘膜であることが理由。唇は常にダメージにさらされているのです。

色素沈着

毎日のクレンジングで口紅やグロスをきちんと落としていますか?口紅やグロスに使用される成分のなかには刺激が強いものが含まれていることもあります。油分のなかには時間の経過とともに酸化し、紫外線に当たるとシミができやすくなるものも。口紅やグロスはきちんと落とすことが大切です。

さらに、唇はブラシで口紅を塗ったり、チップでグロスをのせたりと、摩擦を受けやすいパーツでもあります。落ちにくいグロスや口紅はクレンジングのときにもついついこすってしまいがちですよね。摩擦が加えられると、肌は炎症を起こし、炎症が治る過程で活性酸素が作られます。この活性酸素によって色素沈着が起こりやすくなるのです。

2.唇のシミを予防する方法

肌のターンオーバーは約28日周期ですが、粘膜である唇のターンオーバーは約5日のサイクル行われています。ということは、本来は紫外線などのダメージを受けてもターンオーバーさえ正常に機能していれば、シミはできにくいはず。では、なぜ唇にシミができるのでしょうか。

紫外線防止効果のあるリップクリームを使う

ひとつ目の理由は唇の紫外線対策をとっていないこと。皮膚には日焼け止めを塗っても、日焼け止め効果のあるリップを使っているという人は少ないのではないでしょうか。もしくは使っていても、朝、グロスを塗る前にひと塗りするだけで、その後の塗り直しはしてないという人も多いでしょう。

紫外線対策をせずにグロスや口紅を塗れば、油分を塗った上から紫外線を浴びることとなり、さらにシミができやすくなることに。口紅やグロスを塗るときには、必ず紫外線防止効果のあるリップクリームを下地として使用すること。このようなアイテムを使った方が、発色もよくなるはずです。

外で過ごすときには、こまめに紫外線防止効果のあるリップクリームを塗るようにしましょう。最近は紫外線防止効果のある成分を配合したグロスも登場しています。UVカット効果のあるリップクリームと併用すれば、紫外線のダメージを最低限に抑えることができそうですね。

できるだけ摩擦をさける

ランチのあと、乾燥した唇をティッシュでゴシゴシふき取ってからメイク直しをしていませんか?このような摩擦を加えるとメラニン色素が作られやすくなるだけではなく、色素沈着が起こりやすくなります。

メイク直しで口紅やグロスを落とすときは、いったんリップクリームを塗ってからティッシュなどで優しく押さえるようにしてふき取りましょう。リップクリームの表面が汚れたら、キレイに拭いておくこと。その後で、もう一度、唇を保湿・保護する意味で塗り直します。

クレンジングの時も摩擦を最低限にとどめるようにしましょう。クレンジングシートはできるだけ避けて、専用のポイントメイクリムーバーを使用するか、先に部分的に唇だけをクレンジングしてから、顔全体をクレンジングすると粘膜に負担がかかりません。クレンジング剤は粘膜を刺激しない、水性タイプのものを選ぶのがいいでしょう。

乾燥させないようにする

リップクリームを塗って保湿することは、ターンオーバー機能を正常に保ち、作られたメラニン色素を排出する作用をサポートしてくれます。唇をつい舐める癖のある方は要注意。保湿成分の配合されたリップクリームでぷるぷるの唇をキープしておきましょう。美容液を塗った後、小さくカットしたラップをのせて時間をおくとパック効果が得られます。

角層が薄く、バリア機能も弱い唇。

皮膚よりも、紫外線や摩擦などからダイレクトにダメージを受けてしまいます。

口紅やグロスの残った成分が紫外線によってシミになることも。

守るケアと落とすケアの両方を確実に行いましょう!

悪魔

唇のターンオーバーがそんなに早いなんて知らなかった!

天使

そうね、だから正しいケアをしていれば、シミのないピンク色の唇をキープすることは十分可能なのよ

3.唇のシミを改善するケア

美白効果のあるリップクリームでケアする

唇は本来、ターンオーバーのサイクルが早いパーツ。正しいお手入れをしていれば、シミが残ることありません。もし、シミや色素沈着ができてしまったらビタミンC誘導体など美白効果のある成分やヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分をを配合したリップクリームでケアしてみましょう。

また、角層が薄く乾燥しやすい唇はきちんと保湿してあげることも大切。定期的に唇用のパックや美容液を使ったスペシャルケアを取り入れるのもおすすめです。

気になる場合はレーザーも

目立つ場所にある唇のシミが消えない、どうしても気になる…という方は美容外科でレーザーの施術を受けるという選択肢もあります。炭酸ガスレーザーやQスイッチヤグレーザーなどいろいろな種類のレーザーがあり、シミのタイプによって適応するレーザーを選ぶ必要があります。

唇はターンオーバーが早いため、レーザーを照射したあと、シミがかさぶたとなってはがれるまで5~10日程度見ておけばいいいでしょう。

デメリットはレーザー照射時に痛みがあることと、費用が高いこと。レーザーの種類によりますが、シミの大きさによって料金が変わり唇のシミの場合、30,000円くらいからのクリニックが一般的。

ただし、レーザーでシミをとったあとも紫外線防止ケアは続けなければなりません。また、レーザーの照射後、かさぶたとなってシミが取れるまでの間も必ず、紫外線防止効果のあるリップクリームを使用しなければなりません。

唇にシミができる原因・まとめ

  • 粘膜である唇は角層が薄く、バリア機能も弱い
  • 紫外線や摩擦の刺激をダイレクトに受ける
  • 口紅やグロスの油分が残り、紫外線によってシミとなることも
  • 紫外線効果のあるリップと美白効果のあるリップのW使いでケアすればOK

ターンオーバーが早い唇。正しいケアと新しいシミができないケアを続ければ、シミのないぷるぷるの唇を取り戻すことも不可能ではありません。皮膚同様、ていねいなお手入れを心がけましょう。

悪魔

さっそく紫外線防止効果のあるリップを使い始めたら、唇が乾燥しなくなってきたみたい!

天使

ちゃんとケアを取り入れてて偉いわね!

悪魔

結果が出るのが嬉しくて!これを機に、美白リップと美容液も買い揃えたんだ!

天使

唇の美白も完璧になったわね