悪魔

ちょっと小耳にはさんだんだけど、紫外線って……いくつか種類があるの?

天使

そうよ、紫外線は波長によって肌に与える影響が違うの

悪魔

えっと…UVAとか?UVB?ってやつね??

天使

よく勉強してるわね!さらに最近は「ディープ紫外線」なんていうのもあるの どんなものか見ていきましょう!

シミやそばかすはもちろん、乾燥やたるみといったあらゆるエイジングサインを引き起こす光老化。その光老化の引き金となるのが紫外線です。

紫外線は波長によっていくつか種類があり、それぞれが肌に与える影響も異なります。ここでは紫外線の種類や肌に与える影響について、分かりやすく解説していきます。

1.紫外線の種類と波長、UVA(ディープ紫外線)・UVB・UVCとは?

地表に降り注ぐ太陽の光には、目に見える可視光線やブルーライト、目に見えない赤外線、そして紫外線が含まれています。紫外線は波長によって種類があります。

波長というのは、光や音、電波など波をもつものの「ひとつの波から次の波までの長さ」を示したもの。紫外線には波長ごとに以下の3種類があります。

UVAとは?

紫外線の約9割を占めるのがUVAです。紫外線の中で最も波長が長く、肌の真皮層まで到達し、肌にダメージを与えます。急激なダメージを与えるわけではありませんが、ジワジワと肌に浸透し、真皮層のコラーゲンやエラスチンを変性させ老化を促進。肌のハリが低下してシワやたるみの原因となります。

UVAには肌の中にあるメラニン色素を酸化させて、シミや色素沈着を濃くする作用があります。肌を赤くする作用はないものの、肌が黒くなるのはUVAのしわざ。この現象をサンタン(Suntan)といいます。

また、ガラスをすり抜ける性質があるため、室内でも日が当たる場所はUVAの影響を受けやすくなっています。

ディープ紫外線とは?
肌のより深い部分に到達するUVAは紫外線の9割をしめています。そして、UVAの約5割を占めるのがディープ紫外線、またはロングUVAなどと呼ばれるタイプの紫外線です。
ディープ紫外線はUVAの中でも特に波長が長く、紫外線を防ぐアイテムやガラスなどの物理的な障害も通り抜けて肌に到達します。例えば、UVカットガラスを使用した車内、日が差し込むガラス張りの室内、また日傘をさしていても影響を受けやすい地面から照り返す紫外線など。
最近はこのディープ紫外線をカットできる日焼け止めも登場しています。

UVBとは?

肌表面が赤くなるサンバーン((sunburn)を引き起こすのがUVB。日焼けをした後、肌がやけどしたときのように真っ赤になるのはUVBの影響です。

UVBは肌の浅い部分にしか到達することができませんが、その刺激はUVAよりも強く、赤くなってヒリヒリしたり、シミの原因になったりします。また、UVBには肌の細胞のDNAを傷つける性質があるため、長期間、大量に浴びることで皮膚がんの原因となることも。

UVCとは?

オゾン層にはばまれて、地球まで到達しない波長の短い紫外線。現時点では肌への影響はないと言えますが、地球温暖化によってオゾン層が破壊されれば、UVCが地表まで降り注ぐことに。

UVCはUVAやUVBよりも皮膚がんを引き起こすリスクが高い紫外線であるため、私たちの健康のためにも環境問題の緩和は必須と言えるのです。

悪魔

UVAにUVB、ディープ紫外線…それにオゾン層が破壊されればUVCまで肌に影響を与えるかもしれないなんて…天使ちゃん今までありがとう…

天使

悪魔ちゃん気をしっかり持って!! 紫外線による光老化は加齢よりも肌を老けさせるっていうくらいだから、すべてのタイプの紫外線から肌を守らなきゃ…てのは気が滅入るのも分かるけど

2.紫外線は皮膚炎やアレルギーの原因になることも

日焼けによって肌が赤く炎症を起こしたり、肌色が黒くなったりする日焼けの症状はUVBが原因で起こる日光皮膚炎のひとつ。そしてもうひとつ、日に当たることで発疹が出る光線過敏症という症状があります。

光線過敏症は日光に当たった場所に数時間から数日で赤い発疹が起こる症状でUVAが原因です。特定の内服薬を飲んでいるときに起こる光線過敏型薬疹というものもありますが、もっと一般的なのは女性に多い 多形日光疹(たけいにっこうしん )という症状でしょう。

多形日光疹は普段あまり日に当たらない人に多い症状です。手の甲や腕、首などの露出している箇所に起こり、原因は食べたものや薬剤が関係していると言われていますが、はっきりした原因は分かっていません。その他にも紫外線を浴びることで自己免疫機能が過剰に反応して起こるアレルギー症状ではないかという意見もあります。

かゆみを伴うことのある発疹は完全に消えるまで2週間以上かかることも。多形日光疹はSPF、PA値の高い日焼け止めを使用していても出るため、洋服や帽子で紫外線を遮ることが大切です。

3.紫外線が一番多い時期は?

「紫外線が増えるのは5月から」と聞いたことはありませんか?実は5月から増えるというのは、UVAに関して言われていることで、UVBの量は夏にピークを迎えます。この違いはオゾン層におけるそれぞれの紫外線の吸収される量にあります。

UVAはオゾン層でほとんど吸収されることがありません。一方、UVBはそのほとんどがオゾン層で吸収されます。しかし、オゾン層の量は季節によって変化します。

日本上空のオゾン層は春に多く、夏から秋は少なくなります。このため、UVAは5月ごろにピークを迎えてから一定の量が降り注ぎ、UVBはオゾン層が少なくなる夏から秋にかけて量が増えることになります。

とはいえ、実際には3月ごろから紫外線UVAの量は増え始めると言われています。春がどんどん短くなるように感じられる今、オゾン層の量も同じように変化しているのかもしれません。紫外線対策は年間を通して続けるようにしたいですね。

紫外線にはUVAとUVBがあり、UVAは肌の奥深くまで浸透して肌のコラーゲンやエラスチンを変性させます。また、UVBは火傷のような炎症や肌を褐色にする作用があり、繰り返し浴びていると皮膚ガンの原因になることも。

UVBの量がピークを迎えるのは夏ですが、UVAは春から増え始めるので「紫外線対策は夏だけ」という考えかたはNGです!

悪魔

天使ちゃんが「紫外線対策は年間を通して」っていつも言っている理由が分かった… オゾン層の量が原因しているんだね…

天使

そう!紫外線は3月から増えるって覚えておいてね

4.紫外線量は場所や時間帯、天候でも変わる

海やプールに出かけたとき、普段生活している場所よりも日差しがキツイ!と感じたことはありませんか?これは、紫外線の量が場所や時間帯によって変化するから。また、紫外線は曇りの日でも同じように降り注いでいます。

夏のレジャーに紫外線対策が必須!な理由

紫外線の量は山やスキー場など、高地であるほど多くなります。特にスキー場は山地にあってもともと紫外線量が多い上に、雪は紫外線の80%を反射するため、降り注ぐ日差しだけではなく、地面からの照り返しにも注意しなければなりません。

海はどうでしょうか?真夏の砂浜は熱くて歩けない!ということがありますが、砂浜は紫外線の25%を反射します。さらに紫外線は水の中でも、なんと95%が透過。暑さを感じないうちに肌に影響を与えてしまいます。

レジャーを楽しむときにはSPFやPA値の高い日焼け止めを必ず使用し、こまめに塗り直すようにしてくださいね。また、日陰も油断は禁物。日陰も日向の50%の紫外線が到達します。

1日の内で紫外線量が多い時間帯って?

太陽が真上にくる正午をはさみ、午前10時から午後14時までが紫外線量のピーク。この時間帯はなるべく外出を控えた方がいいでしょう。

また、朝は紫外線量が少ないと思われていますが、UVAの量は日中とそれほど変わりません。紫外線対策は朝からきっちり行いましょう。

曇りの日でも紫外線は80%が到達する!

紫外線UVAは雲をすり抜けて地表に届くため、曇りの日でも紫外線対策を怠らないようにしましょう。UVBは雲によって少し遮られますが、薄雲り程度であれば、8割のUVBが透過すると考えられています。さらに雨の日でも紫外線の30%が地表に届きます。

また、雲ひとつない快晴よりも、雲のすき間から日差しが注いでいるときのほうが、雲からの散乱光がプラスされて、紫外線量が多くなることも。どんな天気でも、紫外線対策は必要!と考えてくださいね。

悪魔

そういえば、曇りの日に日焼け止めを塗らないで1日外で過ごして、家に帰って鏡を見たら顔が真っ赤になってたことがあった!

天使

曇りの日はUVAが多いから、特に注意が必要よ!

5.日焼け止めは年間を通して使用する

日焼け止めは異なるSPF、PA値のタイプを用意し、年間を通して使い分けるようにしましょう。生活紫外線ならSPF30、PA++くらい、レジャーや1日外で過ごすときにはSPF50,PA++++くらいがおすすめ。たただし、SPF値の高い日焼け止めは肌を乾燥させるため、保湿ケアも怠らないようにしてくださいね。

日傘や帽子、サングラスを使用する

光線過敏症を予防するためにも、日差しや帽子、サングラスで紫外線を遮るようにしましょう。「日傘や帽子はともかく、街中でサングラスはちょっと恥ずかしい」という人もいるかもしれません。

しかし、目から紫外線が入ると脳から「メラニン色素を増やせ!」という指令が出て、日焼けしたのと同じ状態になってしまいます。紫外線から目を守るためにも、紫外線カット効果のあるサングラスを是非、ひとつ用意してください。

紫外線の季節は美白化粧品でケア

どんなに注意していても、紫外線のダメージは少しずつ肌に蓄積されていきます。作られてしまったメラニンが分解、排出されてシミにならないようにするためにも、紫外線が気になる時期は美白化粧品でケアするのがおすすめ。

できてしまったメラニンだけではなく、新しいメラニンが作られないようにしてくれる成分が配合されたものを選んで、コツコツお手入れをしていきましょう。

紫外線てどんなもの?まとめ

  • 紫外線にはUVAとUVBがある
  • UVAは肌の奥まで到達、UVBは肌の表面にダメージを与える
  • UVAはガラスや雲を通り抜けるディープ紫外線が含まれている
  • 紫外線は季節や天候、場所、時間帯によって量が変化する
  • 紫外線防止ケアは年間を通して必要

年間を通して、地表に降り注ぐ紫外線。室内や曇りの日、雨の日でも紫外線は透過しているので、油断せず、しっかり紫外線防止ケアを続けましょう!

悪魔

屋内、社内、日陰まで… 紫外線から逃げられる場所はほぼないってことね

天使

そういうこと!365日日焼け止めは必要だと思ってね

悪魔

これからはバッグの中にいつも日焼け止めを入れておこう!

天使

悪魔ちゃん、ナイスアイデアね!