悪魔

いつも通りのスキンケアをしているのに、時々肌がヒリヒリしちゃうんだよね… どうしてなのかな?

天使

肌が敏感になってバリア機能が低下してるのかもね

悪魔

バリア機能が低下?

天使

肌には自分を守るためのバリアがあるけど、色々な原因でそれが弱くなることがあるのよ

いつもと同じスキンケアをしているのに、肌がヒリヒリするように感じること、ありませんか?少しの刺激でも肌にかゆみや痛みを感じるようになると、スキンケアもメイクもままならず、心配になってしまいますよね。

そんな時、肌には一体何が起こっているのでしょうか?そして、その原因はどこにあるのでしょうか?ここでは、肌がヒリヒリする原因と対策についてお伝えします。

1.肌がヒリヒリ!これって敏感肌なの?

洗顔した時や化粧水をつけた時、あるいは外に出て風に当たった時や、衣服や髪が肌に触れた時など、ヒリヒリとした痛みやむずかゆさを感じた経験は、多くの女性が持っていることでしょう。このように、外部の刺激に反応して肌がヒリヒリする状態をよく「敏感肌」と呼びます。

敏感肌は、簡単に言うと肌のバリア機能が低下して、刺激を受けやすくなっている状態です。健康な肌は、自らを守るバリア機能を備えていますが、何らかの原因でバリア機能が低下したり弱まったりすると、化粧品の成分や物が触れた時の刺激がダイレクトに肌の奥まで入り込み、ピリピリとした痛みやかゆみ、赤みなどがあらわれてしまいます。

どの程度の状態であれば敏感肌である、とは断定できませんが、肌が乾燥してヒリヒリしたり、化粧品などの刺激をいつもより感じやすかったりする場合は、一時的に敏感肌に傾いているといえるかもしれません。

2.肌がヒリヒリする大きな原因は乾燥

肌がヒリヒリして敏感になってしまう大きな原因は、乾燥です。肌が乾燥した状態では、バリア機能を維持するための肌細胞同士の結びつきが弱まり、肌の内側から水分やセラミドなどの保湿成分が失われやすくなります。

すると、肌はどんどん乾燥するとともに、ますますバリア機能が弱まるという悪循環に陥り、外部からの刺激に反応して、ヒリヒリした痛みやかゆみを引き起こすことになります。

肌が乾燥する原因は、保湿不足のほかにも、紫外線、気温や湿度、加齢などさまざまです。

肌が薄くなる菲薄化もヒリヒリの原因

肌がヒリヒリするのは、肌そのものが薄くなる菲薄化が原因である場合もあります。

肌の表面にある角質層は、肌の水分を守ったり、外部からの刺激をブロックしたりするバリアの役割そのものをになっていますが、この部分がさまざまな理由で薄くなってしまうと、肌は乾燥し、バリア機能が弱まって、刺激に対して敏感になってしまうのです。

菲薄化は、加齢によって肌内部のコラーゲンやエラスチンなどの弾力をキープする成分が減少してしまうことや、女性ホルモンの分泌量が低下することなどが主な原因で起こります。

3.間違ったスキンケアが敏感肌を呼ぶことも?!

敏感肌になって肌に刺激を感じるのは、もしかすると普段何気なくしているスキンケアが原因かもしれません。

たとえば、洗顔やクレンジングの時に肌をゴシゴシと乱暴にこする、週に何度も市販のピーリング剤を使う、保湿を十分にしないなど。こうした間違ったスキンケアによって肌がダメージを受けると、乾燥や菲薄化を招き、ヒリヒリした刺激を感じやすくなります。

また、間違ったスキンケアはターンオーバーの乱れを招きます。ターンオーバーがうまくいかないと未熟な角質が肌の表面に出てしまい、十分に刺激を防げなかったり、水分がキープできなくなったりして、バリア機能がさらに低下してしまうのです。

肌がヒリヒリして敏感な状態になるのは、乾燥や菲薄化、間違ったスキンケアなどによってバリア機能が低下することが理由。加齢のようにどうしても防ぐことができないこともありますが、十分な保湿やターンオーバーの正常化、正しいスキンケアなど、基本的なことに気をつけるだけでも、こうした原因は取り除くことができますよ。

悪魔

敏感肌って体質とか肌質は関係ないの?

天使

もちろん、そういう場合もあるわね でもそれだけじゃなくて、食べ物や生活習慣も大きく関わっているのよ

4.敏感肌を招く?!そのほかのいろいろな原因

肌が敏感になってしまうのは、肌そのものに起こる変化だけが原因とは限りません。

肌は体の内側の状態からも影響を受けるため、無理なダイエットや食事制限、暴飲暴食などによる栄養バランスの乱れ、生理前や妊娠等によるホルモンバランスの変化によってもバリア機能が崩れ、一時的に肌がピリピリして感じられることがあります。

睡眠不足などの生活習慣の乱れ、不摂生、ストレスなども、肌のターンオーバーの周期を崩してしまう原因であるため、間接的に敏感肌の原因になると言えるでしょう。

そして、もともとアトピーやアレルギーなどの体質や肌質を持っている人は、やはり肌が敏感になりやすく、少しの刺激でも肌がピリピリしてしまうことが多くあります。

5.肌のヒリヒリを防ぐための方法と対策は?

肌がヒリヒリして敏感になるのを防ぐためには、十分な保湿を心がけて、ターンオーバーの周期を正常化させることが大切。

肌の内部にしっかりと水分が溜め込まれれば、適切なターンオーバーによって健康な角質が作られ、バリア機能もきちんとはたらきます。しっかりとした角質層のバリアがあれば、水分や保湿成分の蒸発も防ぐことができ、刺激に負けない元気な肌を保つことができるのです。

また、洗顔やクレンジングは優しく丁寧にすることを心がけ、生活習慣を整える、睡眠と栄養を十分に取る、ストレスを解消するなど、内側から肌をいたわり、健康にするための方法も実践してみましょう。

ただし、肌のピリピリが長く続いたり、悪化してスキンケアもままならない状態になっている時は、自己禁断でケアせず、皮膚科やクリニックなどで相談してくださいね。

悪魔

やっぱり生活習慣や栄養にも気をつけないとダメなのか~ なんだか大変そう…

天使

強くて美しい肌をキープするには外側と内側! 両方から肌を健康にしてバリア機能を保つことがポイントよ

肌のヒリヒリの原因まとめ

  • 肌がヒリヒリするのはバリア機能の低下が原因
  • 肌の乾燥や菲薄化が敏感肌を招く
  • 間違ったスキンケアから肌が敏感になることも
  • 生活習慣の乱れやストレス、体質や肌質も関係あり
  • 十分な保湿とターンオーバーの正常化で健康な角質を守るのがポイント

肌がヒリヒリする場合は、バリア機能が低下して外部の刺激を受けやすい状態になっていると考えられます。その原因は乾燥、角質が薄くなる菲薄化、間違ったスキンケアや生活習慣の乱れなどさまざま。

原因をひとつでも取り除いて、正しいスキンケアでターンオーバーの周期を適切に保ち、健康な肌を育てることが、肌のヒリヒリ、敏感肌を防ぐ大切なポイントです。

悪魔

原因はわかったけど、肌がヒリヒリしてる時は普通にスキンケアしてもいいの?

天使

刺激を受けやすくなってるから、スキンケアもいつもより優しくしてあげたいわね

悪魔

優しくって、どんなふうにすればいいのかな

天使

それじゃあ、具体的なスキンケアの方法もしっかり教えるわね!