悪魔

手や足まで白い人ってうらやましい!私は手のガードまではしてないし、サンダル焼けもすぐしちゃうんだよなぁ…

天使

分かるわ!白くてきれいな肌は清潔感があるし、お手入れが行き届いてる感じよね

悪魔

手足の美白ってどうすればいいのかな?

天使

それじゃあ、美白に役立つハンドケアやフットケアを一緒に勉強してみましょう

手や足は、人から見られることが多い部分です。それだけに、露出が多い時期はもちろん、長袖の季節でも、手先や腕の肌荒れやシミ、くすみなどが気になってしまいますね。白くて美しい手足は、どのようにすればキープできるのでしょうか?

ここでは、手足の美白の方法について、そのポイントや気をつけたいことをお伝えします。特に、くすみや黒ずみが気になる膝や、荒れやすくシミができやすい手の甲など、ポイントごとの美白方法もご紹介しますので、ご参考にしてくださいね。

1.手や腕の美白も紫外線対策と保湿から

手は、体の中でも使う頻度の高い部分。また、露出されることも多く、紫外線などの外部の刺激を受けやすいと考えられます。そのため、手の甲、腕、二の腕、肩などにもシミ、くすみがあらわれることがあります。

手、腕を美白するためには、やはり紫外線を極力避けることと、乾燥を防ぎ、しっかり保湿することが大切です。日焼け止めは1年中活用して、手や腕を紫外線の影響から守りましょう。塗り残しやすい肩や二の腕の裏、肘などもしっかりとカバーしてくださいね。暑い時期も、日焼け止めクリームを塗った上から薄手の長袖を着たり、アームカバーをつけたりするとUV効果が高まります。

また、古い角質がたまらないように清潔を心がけて、必要であれば角質を除去するタイプのボディソープなどを使用してみましょう。入浴やシャワーの後は、美白成分が含まれるボディローション、ボディクリームなどでしっかり保湿をし、乾燥とメラニンの蓄積を防ぐことをお忘れなく。

2.手の甲の美白をすすめるハンドケア

手や腕の中で、乾燥して荒れやすく、シミなやくすみが目立ちやすいのは、手の甲です。家事や仕事などで水に触れる機会が多かったり、長袖を着ていても露出したりすることが多い手の甲は、メラニンが生成・蓄積されやすい部分です。

常に使い続ける手の甲に刺激を与えないようにすることは難しいものですが、家事、水仕事などの際はできればゴム手袋を着用し、手の甲に与える刺激を少なくしましょう。手の甲の美白を意識するなら、毎日の保湿ケアを重点的に行うのがポイント。作業の後は必ず化粧水やハンドクリームで保湿して、こまめにうるおいを守るようにしましょう。

乾燥が進みやすい冬などは、夜寝る前にハンドクリームをたっぷりなじませ、綿の手袋をして寝るのも効果的です。美白成分が含まれたハンドクリームであれば、より効果は高まることが期待できます。手は、紫外線に当たらなくても常に刺激を受けていますので、メラニンが蓄積されないよう、保湿と美白ケアを入念に行いましょう。

また、手が冷えやすい方はそれだけ血行が悪く、ターンオーバーが滞ってしまうため、シミ、くすみが気になる原因に。手が冷えないようにハンドマッサージをしたり、手を温めて血行を良くしたりすることも心がけてみてくださいね。

悪魔

うーむ、やっぱり紫外線対策と保湿は大切なのね

天使

顔も手も同じ皮膚だからね 手が荒れやすい人は特にしっかりケアして美白してね

3.脚の美白と紫外線対策はここがポイント

脚の場合も、手や腕と同様に、紫外線対策と保湿に力を入れましょう。紫外線対策で最も有効なのは露出を避けることですので、日焼け予防にはパンツスタイルがおすすめです。

スカート、ショートパンツなどのスタイルが多い方は、日焼け止めクリームをしっかり塗って外出しましょう。紫外線のダメージはストッキングの上からも受けますので、紫外線対策は着替える前に忘れずにしておきましょう。また、日焼け止めを塗り直すことが難しい足には、ストッキングをUV加工のものにしたり、ストッキングの上からも使えるタイプの日焼け止めスプレーを使ったりする方法がおすすめです。

そして、足全体も保湿成分や美白成分が含まれたボディローション、ボディクリームなどで毎日保湿することを心がけましょう。足のすねは、ムダ毛処理などでカミソリを当てたり、除毛クリームなどを使ったりすると、乾燥しやすい状態になります。また、角質がたまりやすい膝やかかとなども黒ずみやすいため、保湿ケアを忘れないようにしましょう。

4.どうする?黒ずみやすい膝のケア

足の中でも黒ずみが目立ってしまうのが、膝です。膝は汗や皮脂が分泌されず、乾燥が進みやすい場所。しかも、曲げ伸ばしで常に皮膚が刺激を受けている状態ですし、服による摩擦や圧迫ダメージ、膝を床につく動作などが大きな刺激となり、メラニンが沈着して黒ずんでしまうとともに、その改善がとても難しいのです。

膝は角質が厚く、ターンオーバーにも日数がかかるため、美白ケアを始めても効果を実感するまでには時間がかかります。足全体を白く見せるためにも、黒ずみの目立つ膝は早めにケアをしましょう。黒ずみを予防・改善するには、次の方法が有効です。

古い角質を除去する

角質が厚い膝は、ターンオーバーにも時間がかかります。そこで、1~2週間に1回程度、スクラブ剤やピーリング剤を使用して、古い角質を取り除きましょう。ただし、ピーリングのしすぎは逆に黒ずみを発生させてしまうことがあるので注意が必要です。

保湿を徹底する

膝は体の中でも乾燥しやすい部分です。化粧水や保湿クリームを使って毎日うるおいを与えましょう。美白成分が配合されている足の美白クリームなどのアイテムを使用すると、黒ずみの除去にも効果的です。

日常的な癖を見直す

膝を床についたり、足を組んだり、正座をする時間が長かったりすると、膝は摩擦や圧迫を受けやすくなります。また、膝をゴシゴシこすって洗う、スキニーパンツなどぴったりしたボトムスを好むと言った傾向も同じように刺激となり、メラニンによる黒ずみの原因となることも。日常的な癖、行動を見直して、膝の美白に役立てましょう。

手や足などは、美白を意識していてもついケアを忘れがち。しかし、人目につくことの多い部分だからこそ、顔と同じように美白ケアをして、白い肌をキープしたいですね。

段使うことの多い手、手の甲、そして黒ずみができやすい膝などは、日頃の丁寧なお手入れが美白のカギとなります。角質ケアや保湿を心がけ、美白を進めていけるようにしましょう。

悪魔

膝って確かにいつの間にか黒ずんでる…ちゃんと美白しなくちゃね

天使

時間はかかるかもしれないけど、丁寧な保湿と美白ケアが大切よ!あきらめないでね!

手足の美白方法まとめ

  • 手足の美白も紫外線対策と保湿ケアを中心に
  • 美白クリームで腕や足の保湿と美白を
  • 荒れやすい手には美白ハンドクリームでのケアやマッサージが効果的
  • 膝の黒ずみ対策はピーリングと保湿ケアを重点的に

手足は、顔と同じくらい人から見られる場所。それだけに、白い肌をキープするための美白ケアもしっかりと行いたいですね。日焼け止めとともに、アームカバー、UV加工のストッキングなどさまざまなアイテムを使って、まずはしっかり紫外線を防ぎましょう。そして、毎日の保湿も大切。美白成分配合のボディクリームなども活用して、保湿と美白を同時に進めましょう。

荒れやすい手や、黒ずみやすい膝などは、特に念入りなケアが必要です。角質ケアと十分な保湿をして、柔らかく白い肌を目指していきたいですね。

悪魔

手や足ってついつい保湿を忘れちゃうんだよね~

天使

保湿は美白の基本よ!毎日のケアを習慣にしてね

悪魔

手や足に使えるクリームはどんなものがおすすめなの?

天使

美白を目指すなら、保湿成分と美白成分が配合されているものがおすすめよ!