悪魔

もっと手っ取り早く美白化粧品の効果をアップさせる方法ってないかな~

天使

そうねぇ……悪魔ちゃん、洗顔には気を配ってる?

悪魔

洗顔って美白と関係あるの?

天使

もちろん!美白のためには洗顔のコツを覚えることも大切よ!

洗顔は、美肌の基本。もちろん美白を進めていくにあたっても、とても重要なポイントです。洗顔を正しく行うことは、肌のターンオーバーを正常に保ったり、毛穴汚れを予防したりすることにつながり、シミやくすみの予防と改善にも役立っていきます。

ここでは、美白の土台をととのえ、しみやそばかす、くすみを防ぐための洗顔のコツをお伝えします。正しい洗顔方法をマスターすれば、その後に使う美白化粧品の効果もより実感しやすくなりますので、ぜひご参考にしてくださいね。

1.洗顔をきちんと行うことは美白にとっても大切!

洗顔は、美白にとってもとても重要なポイントです。シミやそばかす、肌くすみを防ぎ、白い肌を目指すにあたっては、肌が正常にターンオーバーを繰り返し、紫外線などの影響によって生成されるメラニンをきちんと排出することが大切だからです。

洗顔は、肌についた汚れや皮脂、ホコリなどを取り除いて清潔にし、肌を健やかな状態にすること、そして、その後に使用する化粧品の浸透を助けることを目的としています。

1日中外気に触れ、メイクをしていた肌は想像以上に汚れているもの。その汚れをクレンジング、洗顔できちんと落とすことにより、毛穴づまりや古い角質が残るのを防ぎ、肌のターンオーバーを正常に進めることができます。

また、清潔で健康な角質が表面を覆う肌は、化粧水や美容液が角質層へ浸透しやすく、その効果も高まると考えられます。

2.シミを消す洗顔?くすみが取れる洗顔?洗顔の美白効果とは

美白においてクレンジングや洗顔は、大切なポイント。しかし、洗顔、クレンジングは、あくまでも肌を清潔で健康な状態に保つためのもの。洗顔だけでシミ取りやくすみとりができるわけではないのです。

しかし、洗顔をきちんと行うことで

  • ターンオーバーを促して肌表面のメラニンの排出を助ける
  • 毛穴づまりを解消し、黒ずみ、炎症、メラニンの蓄積を防ぐ
  • 美白化粧品の浸透を促す

という効果が期待でき、それがシミやくすみの予防、美白へとつながっていきます。洗顔はシミ取り、くすみとりという積極的なものではなく、あくまで間接的な美白効果であることを覚えておきましょう。

より高い美白効果を実感したい場合は、ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、アルブチンなどの美白成分が配合された洗顔料や洗顔石鹸を使うことがすすめられます。さらには、ピーリング効果のある洗顔料を適切に使用して、メラニンを含む古い角質を取り除くことにより、美白をさらに進めることもできるでしょう。

洗顔だけでシミやくすみを改善するのは難しいことですが、美白の第一歩として洗顔に力を入れていきたいものですね。

3.洗顔で美白効果が実感できないケース

美白においても大切な役割がある洗顔ですが、洗顔をきちんとしていても美白効果が実感できないこともあります。

美白は、そもそも日焼けによるシミやそばかすを予防すること。美白成分の配合された洗顔料を使っていても、ピーリングなどを繰り返してくすみを改善していても、もともとの肌色より色を白くすることはできませんので、洗顔に過剰に期待をかけることは控えましょう。

また、そばかすに関しては洗顔だけで改善を目指すのは難しいと言えるでしょう。そばかすのできやすさには元々の体質、遺伝が関係しているとともに、年齢を重ねることで濃くなっていくこともあります。

正しい方法での洗顔を根気良く続けてターンオーバーを促すとともに、紫外線対策、美白化粧品、美白サプリの使用を心がけ、それでもそばかすの改善が見られない場合には、美容皮膚科などで専門の医師に相談するのが良い方法でしょう。

悪魔

直接シミやくすみがとれる洗顔じゃなくても、洗顔って美白を進めるためには大切なんだね これからちゃんと気を付けるよ~!

天使

ぜひそうしてあげてね、洗顔は美白・美肌の基本よ! それに、間違った方法で洗顔すると逆効果になることもあるの

4.やってはいけない間違った洗顔

シミやそばかすの原因となるメラニンは、紫外線だけではなく、肌への刺激によって発生することもあります。洗顔の際に肌に刺激を与えてしまうと、メラニンが増加し、かえってシミやそばかす、くすみを招くことに。次のような間違った方法での洗顔は美白にとっても逆効果ですので、注意しましょう。

1日3回以上洗顔する

洗顔を何度も繰り返していると、必要以上に皮脂が奪われて肌は乾燥気味に。乾燥は肌のバリア機能を弱めてしまい、紫外線などの刺激を受けやすくなります。また、ターンオーバーが乱れたり、皮脂の量が増えたりするため、古い角質や皮脂汚れによる黒ずみの原因にも。洗顔は朝と夜の2回にとどめましょう。

ゴシゴシこすって洗ったり拭いたりする

肌をゴシゴシこすることが刺激となり、メラニンの生成が促されてしまうこともあります。肌の表面はとても薄いため、少しの摩擦でも刺激を受けたり傷ついたりしてしまいがち。それがメラニンを増やしたり、肌を乾燥させたりする原因となります。

時間をかけて洗う

洗顔料が肌に乗せられている時間が長いと、その分肌には負担がかかります。必要以上に時間をかけた洗顔は肌を乾燥させますので、できるだけ手早く汚れを落としましょう。

冷水や熱いお湯を使う

冷たすぎる水では皮脂などの汚れが落ちにくく、また熱いお湯では肌に必要な皮脂まで奪われてしまいます。汚れをきちんと落とし、うるおいを守って洗顔するためには、必ずぬるま湯を使いましょう。

シャワーですすぎをする

シャワーを肌に直接当てると、水圧による刺激で肌が傷ついてしまいます。すすぎは必ず手で行い、不要な刺激を与えないようにしましょう。

洗顔は美肌や美白の基本を支えるものでもあります。肌の汚れや古い角質を取り除き、ターンオーバーを促進することは、肌の表面に蓄積するメラニンの排出を促して、シミ、そばかす、くすみなどを予防する上でとても大切です。

そのためには、肌に刺激を与えない正しい洗顔の方法をマスターすることも大切です。洗顔のポイントをしっかりおさえて、美白を進めていきましょう。

悪魔

面倒でついついシャワーで流したり、すすぎも適当にしたりしちゃってた…反省

天使

それじゃあ、今日からできる正しい洗顔の方法をマスターしましょ!

5.美白効果を高めるための正しい洗顔のポイント

美白を効率良く進めるためには、正しい洗顔の方法をおさえることが大切です。以下のようなちょっとしたポイントに気を配ると、肌を健やかに保ち、毛穴のつまりやニキビ、くすみなどを防ぎ、ターンオーバーを促すことで美白効果アップにつながるかもしれません。

洗顔料をしっかり泡立てて洗う

洗顔の基本は、泡で洗うこと。泡が少ないと手と肌との摩擦が大きくなりますので、洗顔料はしっかりと泡立てましょう。泡立てるのが難しい石鹸などは、泡立てネットを使用すると簡単にたっぷりの泡が作れます。

力を入れず優しく洗う

汚れを落としたいからといって力を入れて洗うと、肌は刺激を受けてメラニンの生成を促す結果となってしまうことがあります。肌に刺激を与えないよう、指の腹などで優しく洗うようにしましょう。

すすぎはしっかりと念入りに

肌に洗顔料が残っていると、毛穴づまり、黒ずみ、ニキビなどの原因となります。特に洗顔料の泡が残りやすいのは、髪の生え際やフェイスライン、こめかみなど。こうした部分も念入りに洗い流しましょう。

洗顔は美肌や美白の基本を支えるものでもあります。肌の汚れや古い角質を取り除き、ターンオーバーを促進することは、肌の表面に蓄積するメラニンの排出を促して、シミ、そばかす、くすみなどを予防する上でとても大切です。

そのためには、肌に刺激を与えない正しい洗顔の方法をマスターすることも大切です。洗顔のポイントをしっかりおさえて、美白を進めていきましょう。

美白のための洗顔まとめ

  • 洗顔でターンオーバーを正常化すれば、メラニンの排出を促すことができる
  • 毛穴づまりや肌トラブルを防ぐことも美白につながる
  • 洗顔で肌を健やかにととのえると美白化粧品の効果もアップ
  • そばかすは洗顔だけでは改善するのが難しい
  • 肌に刺激を与えない正しい洗顔方法で美白を進めましょう

洗顔は、美肌や美白の基本です。毎日正しい方法で洗顔を行えば、肌のターンオーバーが正常化し、汚れやメラニンを含む古い角質がたまりにくくなります。正常なターンオーバーをくり返して肌表面のメラニンの蓄積を防ぎ、排出を促せば、シミやくすみの改善にもつながると言えます。また、肌が健康な状態になれば、その後に使う美白化粧品の効果もアップすることが期待できます。

美白のためには、正しい方法での洗顔がとても大切です。肌に刺激を与える洗顔の方法では、かえってメラニンの生成が増えてシミやくすみ、そばかすが悪化することもありますので、十分に注意しましょう。

悪魔

美白するためには、洗顔料やクレンジングも美白効果のあるものを使った方がいいの?

天使

そうね、シミやくすみが特に気になる時は美白効果の高いアイテムがおすすめよ

悪魔

でもどれを使ったらいいんだろう…?

天使

そんな悪魔ちゃんに、美白に役立つ洗顔料やクレンジングを教えてあげるわね