悪魔

30代や40代になったら肌の悩みもどんどん増えてきそうだよね

天使

そうね、シワやたるみも気になるけど、30代~40代にかけてはシミやくすみも一気に増えやすい時期なの

悪魔

年齢が上がったら美白ケアも変えた方がいいの?

天使

大正解!30代、40代は年齢の悩みに合わせたリッチな美白が必要よ

シミ、くすみに加えて、シワやたるみ、毛穴の開きなど、年齢を感じる肌の悩みが増えてくるのが、30代や40代。コラーゲンやヒアルロン酸といった美肌成分が減少したり、ターンオーバーが遅くなったりするため、美白ケアをしていてもなかなか効果を実感できなくなることも増えてきます。

若々しい肌を保ちながら、いつまでも肌の白さをキープするために、そして美白を効率よくすすめるためには、どのようなことに気をつければいいのでしょうか?ここでは、30代、40代の美白方法について考えてみましょう。

1.年齢肌の悩みが急増?!30代、40代の肌の特徴

年齢を重ねた肌にあらわれやすいのが、小じわ、ほうれい線、たるみ、クマ、そしてシミやそばかすなど。年齢とともに続々と肌トラブルが発生してしまうのは、次の2つの理由があります。

ハリや潤いを守る成分が減少する

肌のハリやうるおいを保っているのは、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドといった肌の中の成分です。これらは20歳頃をピークに減少していきますが、30代後半から40代にかけては特に急激に減少していくため、肌は乾燥しやすくなり、ハリが低下していきます。そうなると、小じわ、たるみといったトラブルが次々にあらわれてくるのです。

ターンオーバーの周期が遅くなる

20代前半には28日前後だった肌のターンオーバーの周期は、30代、40代になるとおよそ40~45日前後になります。ターンオーバーが遅くなるということは、それだけ肌に古い角質がとどまりやすいということ。当然、メラニンが肌に蓄積しやすい状態になり、シミやくすみが発生してしまうのです。また、ターンオーバーの低下によって、肌のトラブルがいつまでも改善されなかったり、美白化粧品を使っても効果が実感できなかったりすることも増えてきます。

女性ホルモンのバランスが変化する

女性ホルモンであるエストロゲンの分泌は、30代後半から低下していくと言われています。そのため、肌が乾燥しやすくなったりハリが低下したりして、シミ、しわ、たるみが出やすい状態に。また、反対に妊娠や出産によって女性ホルモンであるプロゲステロンの量が増えると、シミやそばかすが濃くなることがあります。

蓄積された紫外線のダメージが一気にあらわれる

20代の頃にはあらわれなかった紫外線のダメージは、30代~40代にかけて肌の表面に出てきます。今までに蓄積されてきたダメージが一気にシミやくすみとなって肌にあらわれるため、何もしていないのに急にシミが増えた!などと感じることがあります。

2.30代後半からは肝斑の悩みが増える

30代、40代の女性に多いシミの悩みが、肝斑。肝斑は、紫外線によって増加したメラニンによって発生する通常のシミとは違い、女性ホルモンのバランスが変化することで発生すると考えられています。

肝斑は、肌にポツンとできるシミのように形がハッキリとしたものではなく、目の周り、頬骨のあたりなどに左右対称にぼんやり広がるシミです。

  • 10代、20代の女性には少ない
  • 30代~50代にかけての女性に多く見られる
  • 妊娠中やビルの服用中に発生することがある
  • 閉経すると薄くなったり消えたりすることがある

といった特徴があることから、女性ホルモンの変動が原因と考えられています。ただし、紫外線を浴びることが肝斑が濃くなることもあるため、紫外線と無関係というわけではないようです。

肝斑を改善するためには、通常のシミ予防やシミ、ソバカス対策とは違い、医師が処方する薬や医薬品による治療が必要だとされています。通常のシミのケアに使われる市販薬やサプリを使うと、肝斑が悪化してしまうことがありますので、シミなのか肝斑なのかハッキリわからない場合は、医師の診察を受けることをおすすめします。

悪魔

なるほど、肝斑は30代や40代に出やすいシミなのね

天使

肝斑には肝斑のためのケアが必要よ 自己判断で美白化粧品や美白サプリを使わないように注意してね

3.30代~40代の美白は十分な保湿を心がけて

30代、40代の肌の大きな特徴は、乾燥が進みやすいことにあります。ヒアルロン酸やセラミドなど、肌のうるおいを守る成分が減少するため、保水力が低下したり、また皮脂の分泌量が少なくなるために、乾燥しやすくなったりするのです。

乾燥は美白においても大敵。乾燥した状態の肌は、次のようなさまざまなトラブルを招き、シミ、くすみ、黒ずみなどが目立つ肌となってしまうおそれもあります。

  • バリア機能が低下し、紫外線の影響を受けやすい
  • ターンオーバーの周期が乱れ、メラニンが排出されにくくなる
  • 透明感がなくなり、くすみが目立つ
  • たるみが進行しやすく、毛穴の開きや黒ずみが発生しやすい

そのため、美白と同時に十分な保湿ケアをすることが大切です。年々減少してしまうヒアルロン酸やセラミドが配合された化粧品を使ったり、美容液やシートマスクなどのアイテムを取り入れたりして、スペシャルケアにも力を入れてみましょう。

また、皮脂の分泌量もだんだん少なくなっていきますので、クリームなどの油分も積極的に補って保湿するようにしてくださいね。

20代よりももっと変化の激しい30代、40代の肌。シミやくすみなどの悩みが多くなるこの時期は、美白にもしっかり力を入れていきたいですね。そして、肌の乾燥が目立つ年代でもありますので、美白成分とともに保湿成分にもこだわって美白化粧品を選んでみましょう。

また、シミと区別がつきにくい肝斑は30代~40代にかけて発生することが多いトラブルです。その原因と対策をよく理解して、肝斑には肝斑に合わせたケアを心がけ、美白を進めていきましょう。

悪魔

30代と40代って随分違う気がするけど、同じ美白ケアでいいの?

天使

保湿に力を入れるのは同じだけど、注目したいポイントもあるのよ それぞれの美白のコツをあげてみるわね

4.30代がするべき美白とは?

肌の代謝が低下するとともに、今までに蓄積された紫外線のダメージがシミやくすみとなってあらわれ始めるのが、30代。また、この年代は仕事、出産、育児などで忙しく、肌のお手入れに手が回らないことも増えてきます。

しかし、美白をすすめるためには、あらわれ始めたシミやくすみをいかに改善するか、そしてこれ以上増やさないかがポイント。次のようなことに気をつけて美白を進めましょう。

シミ予防に紫外線をブロック

紫外線のダメージをこれ以上蓄積させないため、30代でも紫外線対策は徹底して行いましょう。できてしまったシミ、そばかす、肝斑などは、紫外線を浴びてさらに増えたり濃くなったりすることもあります。これ以上メラニンを作らせないためにも、日頃からしっかりとUVケアをしていきましょう。

メラニンを排出するケアも重点的に

ターンオーバーの周期が遅くなり、古い角質が溜まりやすくなるため、30代からは角質ケアにも力を入れたいところです。ピーリング効果のある洗顔料などを適切に使用して、メラニンを含む古い角質をしっかり除去すれば、美白化粧品の浸透もよくなります。

5.40代がするべき美白とは?

30代の頃よりもうるおいが低下し、たるみやシワなどの悩みも出てくる40代の肌。美白においても、新たな悩みとして発生しやすい黄ぐすみ、つまり糖化に対するケアが必要になってきます。乾燥対策、紫外線対策はもちろんのこと、肌のハリのキープと糖化ケアにも力を入れて美白していきたいですね。

ハリをキーブするコラーゲンを積極的に取り入れる

コラーゲンが減少したり、乾燥が進んだりして肌のたるみが目立つようになると、シワだけではなく、たるみによる肌の凹凸が影のようになり、肌をくすませてしまいます。40代からのくすみ予防には、美白とともにハリのキープが大切ですので、減少するコラーゲンを補える化粧品や、十分に保湿できる美白化粧品を使ってみましょう。

糖化に対応できる美白化粧品を選ぶ

糖化は、糖とタンパク質が結合して老化を促進させる物質・AGEsが生み出されることで起こります。糖化が起こるとコラーゲンが茶色く変色するため、肌が黄色っぽくくすんできます。40代からは黄ぐすみに対応できる美白化粧品を選ぶのもポイント。また、紫外線を浴びることや糖質の摂り過ぎによって糖化が進みやすくなりますので、紫外線対策は引き続きしっかり行うとともに、甘いもの、炭水化物の摂り過ぎには注意したいですね。

6.サプリで美白成分を取り入れる方法もおすすめ

30代から40代にかけて、肌だけではなく体の代謝も低下してきます。そのため、美白は肌の外側からだけでなく、体の中からも積極的に進めたいところ。美白に有効な成分が含まれるサプリや、日焼け止めサプリなども使用してみましょう。

美白に有効だと言われている成分には、L-システイン、ビタミンC、ビタミンE、エラグ酸、アスタキサンチンなどがあります。こうした成分が含まれるサプリを取り入れるのも、年齢肌の美白を進める助けになるでしょう。

もちろん、美白成分だけでなく、美肌に関する成分もサプリで補うことが有効です。肌の中から減少するコラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドといった成分も取り入れると、うるおいやハリのアップにつながり、美白効果も高まることが期待できます。

7.日焼け後のアフターケアにもサプリを活用

美白に効果的なサプリは、日焼け後のアフターケアにも役立ちます。日焼けをした後の肌は、しっかりと冷やしてから十分に保湿し、美白化粧品でケアすることが大切。それと同時に、食事やサプリからも美白に有効な栄養素を取り入れて、体の中からアフターケアをしていくことを心がけてみましょう。

日焼けした後に摂取したい栄養素は、メラニンの生成を防ぐビタミンC、肌の新陳代謝を促進するビタミンB群、抗酸化作用の高いビタミンE、リコピンなど。また、メラニンの生成を防ぎながら肌の生まれ変わりをサポートするプラセンタエキスなどもおすすめです。

年齢を重ねた肌は、紫外線のダメージも受けやすくなっています。もしも日焼けしてしまったら、体の外側と内側、両方からしっかりとケアをしましょう。

悪魔

肌も体もちゃんとケアして美白を進めないといけないのね~

天使

年齢が上がれば上がるほど手厚いケアが必要よ

30代、40代の美白方法まとめ

  • 30代、40代はコラーゲンやヒアルロン酸の減少、女性ホルモンの変化、代謝の低下でトラブルが起きやすい
  • 蓄積された紫外線のダメージがシミやくすみとなって一気にあらわれることも
  • 女性ホルモンの変化が原因で肝斑も発生しやすい
  • 乾燥が進みやすいため美白とともに十分な保湿を
  • 30代は角質ケア、40代は糖化ケアを重点的に
  • サプリで美白・美肌成分を取り入れるのもコツ

30代や40代は、肌内部のコラーゲンやヒアルロン酸が減少するとともに、女性ホルモンが変化したり、ターンオーバーの周期が遅くなったりするため、乾燥、シミ、くすみなどが出やすい時期。また、今までに蓄積した紫外線ダメージが一気にシミやくすみとなってあらわれるため、急激にシミが増えたと感じることもあります。

まずは、さまざまなトラブルを生みやすい乾燥を防ぐため、しっかりと保湿ケアを取り入れつつ、これ以上メラニンを増やさないことと、メラニンの排出を促すことにポイントをおいた美白ケアを進めましょう。古い角質を除去するケア、糖化による黄ぐすみを予防・改善するケアも大切です。

天使

30代や40代は肌の変化がハッキリしてくるから、ケアにも力を入れないとね

悪魔

年齢が上がった肌にぴったりの美白化粧品ってどんなものなの?

天使

色々あるんだけど、しいて言うならやっぱり保湿効果が高いものがおすすめよ