悪魔

笑うと目元にできるシワ、何とかならないかな

天使

目元はシワができやすい部分だから、気になるよわね

悪魔

でも笑った時だけできるシワなら、何もしなくても消えるんじゃない?

天使

目元のシワはだんだん深くなることがあるから、油断大敵よ!

笑った時などは、誰でも目元にシワができるもの。しかし、今は表情を戻せばすぐに消えるそのシワも、だんだんと戻りにくくなり、次第に深く刻まれてしまうことがあるって、ご存知でしたか?

目元や目の下は、顔の中でもシワができやすい部分です。目元のシワの原因をつきとめて、少しでもシワを予防できるようにしていきましょう。ここでは、目元、目の下、目尻などにできるしわの原因について詳しく取り上げてみます。

1.目の周りにシワができやすい理由とは

鏡を見てシワができている、と多くの人が気がつくのは、たいてい目元です。目の周りにはシワができやすいと言われていますが、それはなぜなのでしょうか?

皮膚が薄い

目の周りの皮膚は、他の部分と比べてとても皮膚が薄く、デリケートです。そのため、紫外線、摩擦などの刺激によるダメージがあらわれやすいもの。そのダメージのひとつが、シワなのです。

皮脂分泌が少ない

目元は、汗や皮脂が分泌されにくいため、乾燥が進んでしまうことがよくあります。年齢を重ねると、肌のうるおいをキープする力が弱まることもあり、乾燥によるシワの大きな原因となります。

瞬きなどで常に負担がかかっている

人間は、起きている間常に瞬きをしています。また、パソコンやスマホを凝視したり、読書をしたりすることで目の周りに負担がかかることも多いもの。その負担が蓄積することで、シワができやすくなるのです。

2.目元の表情ジワが消えないのはなぜ?!

笑った時に目尻に寄る表情ジワは、多くの人に見られるもの。若いうちは、肌にうるおいやハリがあるため、表情を変えた時に出るシワはすぐに元に戻るのですが、年齢を重ねるにしたがって、そのシワが深く刻まれてしまうと、笑っていなくても目尻にシワができてしまうことがあります。

皮膚には、シワができても元に戻ろうとする力があります。それを支えているのは、ハリや弾力に関わるコラーゲンやエラスチンという成分。しかし、加齢や紫外線のダメージによってそれらが減少してしまうと、肌はシワをもとに戻すことができなくなるのです。

顔をくしゃっとさせて笑う癖のある方や、笑う時に顔に力を入れてしまう方は、目尻のシワもできやすくなりますので注意してみましょう。

悪魔

笑った時のシワって消えるものだと思ってたけど、残っちゃうこともあるんだね!

天使

年齢が上がれば上がるほど表情ジワも出やすいの!

3.乾燥しやすい目元はちりめんジワが目立つ

目の周りは皮膚が薄く、うるおいをキープしにくい上に皮脂分泌量が少ないため、とても乾燥しやすい部分です。

乾燥が原因でできてしまうシワは、一般的にちりめんジワと言われています。ちりめんジワは、その名の通り、小さく、細かくて浅いシワのこと。乾燥が原因で発生する目元のちりめんジワは、うるおいを与えることを意識すれば自然に目立たなくなり、消えることもあります。

しかし、乾燥をそのまま放置していたり、乾燥以外の摩擦や紫外線などの影響が重なったりすると、浅いちりめんジワも深くなり、そのまま元に戻らなくなるおそれがあります。また、小さくて薄いシワ同志がくっついて、大きな深いシワとなることもあるのです。

4.目元のしわはメイクとクレンジングの刺激が原因

アイメイクは、女性を美しく見せるために欠かせないもの。しかし、薄くデリケートで乾燥しやすい目元の皮膚はアイメイクの刺激にも弱いのです。

目の周りの皮膚を引っ張るようにしてアイラインを入れたり、アイシャドウをこするようにして塗ったりしていると、ダメージを受けやすい目の周りの皮膚にシワが発生する原因を作ることに。また、アイメイクを落とす時に、コットンでゴシゴシと拭き取ったり、クレンジング剤をつけて乱暴にこすったりすることでも、目元の皮膚は刺激を受け、しわができやすくなります。

しかし、メイク汚れが残っていることもまた、シワの原因。目の周りの薄い皮膚がメイク汚れによって乾燥しやすくなったりかぶれたりすることで、刺激が増してシワを招いてしまうのです。

目の周りの皮膚は、とても薄くてデリケート。それだけに、刺激には弱いものです。紫外線、乾燥、摩擦などのちょっとした刺激によって皮膚がダメージを受けると、それがすぐにシワの原因になることも。

年齢を重ねるごとに、肌は乾燥しやすくなり、目の周りもますます刺激に弱くなっていきます。シワができる原因を少しでも減らして、目元を守りましょう。

悪魔

メイクやクレンジングも刺激が強いとシワの原因になっちゃうのね

天使

毎日していることだから、特に気をつけないとね

5.目元のたるみとシワの関係

歳を重ねると、体だけではなく、顔の筋肉も衰えてきます。目の周りの筋肉、眼輪筋が衰えると、目元の皮膚がたるんで目尻や目の下のしわが発生します。

加齢によって筋肉が衰えてしまうのは、ある意味仕方のないことではありますが、だからといって、過剰にマッサージをしてしまうのも、目の周りにシワを生んでしまう原因に。目の周りの皮膚は薄いため、力を入れてマッサージすると傷ついてしまうこともあるのです。

また、自己流のマッサージは、目の周りの血液やリンパの流れにマイナスの影響を与えてしまうことも。良かれと思ってしているケアが、シワ予防には逆効果となってしまうことも考えられます。

6.生活習慣、癖などによってできるシワ

目の周りのシワは、生活習慣や普段の癖などとも密接に結びついています。たとえば、アレルギーなどで目をこする癖がある人は、常に目の周りの皮膚が刺激を受けてしまうため、シワが発生しやすくなります。目元に手をやったり、疲れた時にまぶたをもみほぐしたりする癖がある方も、シワができやすい傾向にあると言えるでしょう。

また、パソコンなどを使って長時間デスクワークを続けることも、目の周りの筋肉のコリを招きます。目の周りがこっていると、血行不良から肌の乾燥が進みやすくなり、小じわ、ちりめんジワができる原因につながります。

悪魔

目が疲れているとシワもできやすいの!?スマホで疲れ目になりがちなのに~

天使

困ったことに、シワって本当に色々な原因でできてしまうのよね…

目元や目尻のシワまとめ

  • 目の周りの皮膚は薄いためシワができやすい
  • シワの原因は乾燥、刺激、加齢によるたるみなど
  • メイクやクレンジングの刺激もシワの原因に
  • 生活習慣や目をこするなどの癖がシワを作ることも

目の周りは、特にデリケート。皮膚そのものが薄く、乾燥しやすいため、ちょっとしたことが原因でシワができやすくなります。乾燥や表情によってできるシワは、若いうちは元に戻ることがありますが、年齢とともに肌の修復力が弱まると、小さなシワが結合して深いシワとなることも。

さまざまな原因で発生する毛元のシワは、まずその原因を遠ざけるとともに、乾燥対策や刺激を与えないケアを心がけてシワを予防していきたいですね。

悪魔

一度できたシワが深くなることもあるなんて、ショックだなぁ

天使

そうなる前に、しっかりシワの予防と対策を覚えなくちゃね

悪魔

目元のシワってどうしたら取れるの?

天使

じゃあ次はシワを取る方法についても見ていきましょうか