悪魔

ほうれい線って一度できると消えないの?

天使

絶対に消えないわけじゃないけど、難しいかもしれないわね… ほうれい線は乾燥じゃなくて、たるみが原因であることも多いから

悪魔

え?乾燥が原因じゃないの?

天使

しわができる場所によっても違うの!くわしく説明していくわね

夕方、ファンデーションがほうれい線に溜まっていることに気づいて、ぎょっとしたことはありませんか?自分では気がつきにくい口元のたるみや乾燥は、ほうれい線をはじめとする、しわの原因になります。口元にたるみやしわができると、一気に老け顔になってしまいます。じわじわと進行していく口元のたるみやしわができる原因と対策について詳しく説明しましょう。

口元にしわができる原因とは?

ひとことで口元のしわといっても、細かいしわもあれば太くくっきりしたしわもあります。しわができる原因も異なるため、効果的な対策をとるにはまず、しわができている原因を探る必要があります。では、口元のしわができる原因についてみていきましょう。

乾燥によるしわ

肌は乾燥すると表面の角層を厚くして、それ以上水分が失われないように防御する性質があります。角層が厚くなると肌表面がごわつき、角質層にすきまが生じるように。これが乾燥じわの正体です。ちりめんじわのような細かいしわなら乾燥が原因だと考えて間違いないでしょう。

口の周りは皮脂腺が少ない部分。特に鼻の下、唇と鼻の間にできる縦ジワは乾燥によってできやすいので注意が必要です。

表情じわ

「笑ったときだけだけれど、くっきりとほうれい線ができる…」という人はいませんか?骨格や顔の脂肪のつきかたによって、若い人でも笑うときにほうれい線が浮かぶことがあります。

若いうちは、元の表情に戻せばシワは消えますが、年齢とともに肌の弾力が失われ、形状記憶されたしわが刻まれていくことに。長年にわたってできる表情じわは真皮層や皮下組織にまで及んで、やがて深いしわになってしまいます。

笑ったときにほうれい線ができるという方は乾燥やたるみを予防して、しわが定着しないようにしなければなりません。

筋肉の衰え

口の周りにはいろいろな筋肉があります。口の周りにある口輪筋(こうりんきん)や頬を持ち上げる大頬骨筋(だいきょうこつきん)小頬骨筋(しょうきょうこつきん)、口角を持ち上げるための口角挙筋(こうかくきょきん)などが衰えると、頬の脂肪が支えられなくなり、ドレープ状になってくっきりとしたシワになります。しわの部分にファンデーションがたまるのは筋肉の衰えによるたるみが原因であることが多いようです。

筋肉の衰えは加齢によって起こることがほとんど。ただし、若い人でも表情をあまり動かさない、無表情で過ごすことが多いという方は使わない筋肉が衰えてたるみが起こり、しわができることも。

姿勢の悪さ

ほうれい線は姿勢の悪さが原因となっていることもあります。猫背になると、背中が丸まって顎が前に出た姿勢になります。すると首の後ろの筋肉が縮んで首の前面にある肌が下方向へ引っ張られます。すると、同時に頬も下垂するため、ほうれい線ができやすくなるのです。

口元のしわを改善する方法とは

口元にできるしわは原因ごとに対処方法が違います。ひとつひとつ見ていきましょう。

乾燥による口元のしわを防ぐケア

肌の水分量や皮脂の量が低下すると、ターンオーバーが乱れて角層がごわつきはじめます。これを防ぐためにはしっかりと保湿することが大切。肌に浸透しやすい保湿成分を選んで口元をていねいに保湿することで、乾燥ジワを減らすことができます。オススメの保湿成分には以下のようなものがあります。

細胞間脂質
セラミド
天然保湿因子(NMF)
アミノ酸、尿素、乳酸など
皮脂
馬油やスクワランなどの皮脂に似た構造の成分

この3つは肌の角層にもともとある成分であるため、化粧品で補っても浸透させやすい成分です。

保湿成分の代表格であるコラーゲンやヒアルロン酸も肌にある成分ですが、こちらは肌の奥にある真皮層に存在する成分。化粧品の成分が真皮層まで浸透することはない上に、分子が大きいので肌の表面を覆って水分の蒸発を防ぐためには役立ってくれますが、肌のコラーゲンやヒアルロン酸を増やすことはできないのです。

細胞間脂質、天然保湿因子、皮脂に似た成分で肌を保湿すれば、角層が潤って次第にターンオーバーが正常化されていきます。次第に肌のきめが整ってちりめんじわが目立たなくなっていくでしょう。鼻の下は特にお手入れを忘れがちなパーツ。ていねいに保湿するようにしましょう。

また、乾燥しやすい時期は部屋に加湿器を置くのも効果的です。

表情じわができるのを防ぐ方法

表情じわを完全に防ぐには無表情で過ごすしかありません。でも、無表情でいると今度は顔の筋肉の衰えを招いてたるみによるしわを誘発してしまいます。表情ジワを防ぐには顔の筋肉を鍛えるエクササイズを取り入れるといいでしょう。

もっとも簡単にできるエクササイズが舌回しです。口を軽く閉じた状態で舌を歯茎に沿わせぐるっと一周歯茎をなぞるようにします。左右それぞれ10回ぐらい繰り返し、朝晩1回ずつ行うと口周りの筋肉を引き締めることができます。口の中から舌でほうれい線を押し返すような動きをするのも効果的です。

筋肉のたるみを防いでしわを改善する方法

筋肉のたるみは徐々に進行していきます。しわができたタイミングはもちろん、フェイスラインが緩んできたかな?と感じたら、舌回しのエクササイズや頬を持ち上げる筋肉を鍛えるエクササイズを習慣にして、たるみを防ぎましょう。

軽く口を閉じた状態でアゴを上げます。アゴを上げた状態のまま、口角を上げて口を開けずに笑顔を作るような表情をします。この時、両手を重ね合わせて鎖骨のあたりに置き、軽く押さえるようにすること。このエクササイズは頬を持ち上げる筋肉を鍛えるだけではなく、フェイスラインをすっきりさせて、首のしわを軽減する効果も期待できます。

姿勢を正しく保つ

間接的な理由ですが、姿勢を正しく保つことはほうれい線をはじめとするしわの予防にもつながります。猫背を放置することは、肩こりや首の痛みを招くだけではなく、やがて全身の不調を引き起こすことにもなりかねません。しわ予防のためだけではなく、健康のためにも正しい姿勢を保つようにしましょう。

口元のしわは乾燥だけではなく、たるみや筋肉の衰えが原因となっていることがあります。

いくつかの原因が重なってしわができていることもあるので、自分に当てはまる項目をチェックして、それぞれに合った対策をとることが大切です!

悪魔

姿勢の悪さまで、ほうれい線の原因になるなんて… 私、危ないかも??

天使

そんなときは最低限のケアとしての保湿と姿勢の改善を心がけて!

しわを改善する成分を配合したコスメでケアする

保湿成分のほかに、厚生労働省がしわの改善に効果があるとして承認した、レチノールやニールワンといった成分の美容液をお手入れにプラスしてもいいでしょう。

しわの部分を手で伸ばして、成分をしわの奥まで届けるのがお手入れのポイント。価格は高めですが、新しいしわが刻まれるのを防いでくれる効果も期待できるので、将来の肌のための投資を思ってお手入れに取り入れるのもひとつの方法です。

口元にシワができる原因とは?たるみと関係あり? まとめ

  • 口元の細かいしわは乾燥が原因
  • 深いくっきりしたしわはたるみや表情ぐせが原因であることも
  • 乾燥、たるみいずれのしわも保湿ケアはマスト
  • しわやたるみをケアする成分を使った美容液もおすすめ

口元のしわは乾燥だけではなく、表情じわやたるみなどいくつかの原因が重なっていることも多いエイジングサインです。それだけに一度、しわになってしまうと改善させるのが難しいトラブルでもあります。しわができている!と気がついたら、すぐにお手入れをはじめてくださいね。

悪魔

ほうれい線ってオバサン顔の象徴だよね~気をつけないと…

天使

鼻の下のしわも要注意よ!梅干しジワっていって、おばあちゃんみたいに見えちゃうから

悪魔

えっ鼻の下!?そんなところの保湿なんて考えたことなかったよ~…

天使

いまから始めれば大丈夫!保湿はしわだけじゃなく、たるみ防止にもつながるから頑張ろうね!